history日誌

へっぽこ歴史好き男子が、日本史、世界史を中心にいろいろ語ります。コミュ障かつメンタル強くないので、お手柔らかにお願いいたします。一応歴史検定二級持ってます(日本史)

タグ:発達障害



この動画見せてもらったが、良くないと思います。たった2問の質問だけでASD(アスペルガー症候群)と判断するのは非常に危険だと思います。ちなみに、僕は2問のうち、一問目は正解で二問目は間違えましたw。でも二問とも会ってからと言ってASDではないというわけじゃないし、またその逆でもない。この動画が良くないって言ったのは、僕が一問間違えた腹いせもあるwでも、もう一つ、この動画に潜む危機も感じるのですね。

香山リカの御著作『発達障害と言いたがる人たち』にも書かれておるのですが、実際発達障害の診断はプロの精神科医でも難しいのです。日本では発達障害の診断をしてくれる病院やクリニックは非常に少なく、あったとしてもそこでの診療は最低2時間もかかり、診療代も最低2万円はくだらないのです。高いですよね。発達障害の診断ってコストがかかるのでしょうね。

本格的に診断するとなると、何回も病院やクリニックに通うことになるといいます。しかも、そういうきちんと診てくれるところは予約が必要だとか。予約する人もいっぱいで、なかなか予約取れないとききます。さらに、小学校の時の通信簿をもってきてくれとか、身内も同伴してくれとか言われることも。

そんな状況で、なぜ素人の人間が、「あいつは発達障害だ」って判断することができるのでしょう。不思議というか、おかしくて涙が出るレベルです。

「発達障害」と言いたがる人たち (SB新書)
香山 リカ
SBクリエイティブ
2018-06-05



それくらい発達障害か判断するのが難しいのに、たった二問の質問だけで判断するのはいかがなものかと。というか、ネットにはこうしたセルフチェックのサイトや動画がメッチャあふれております。ほかにも、発達障害の特徴などがつづられたSNSもたくさんある。しかし、これらのサイトやSNSに書かれている内容はほとんど根拠のない話ばかり、たとえば。

「発達障害の人は歩き方がおかしい」
「発達障害の人は顔つきでわかる」
「発達障害の人は幼く見える」


面白いことに、こうした話はプロの精神科医が書いたのではないのですね。あったとしてもあきれるくらい少ないのです。プロの専門家は軽々しく「あいつは発達障害」だって言えないのです。


ところが、ネットにあふれているセルフチェックだの発達障害の人の特徴だのを書かれてものをみた人たちに偏見を持つのです。自分を発達障害だと思い込んでいる人は「やっぱ、俺(私)はそうなんだ」って落ち込むでしょう。逆にいわゆる健常者が、ミスを繰り返す人を見て、「やっぱり、あいつは発達障害だ」って偏見の目を持つ。新人さんで仕事が慣れていないだけかもしれないし、その人にとって適職ではない可能性だってあるのにね。


それなのに、そうした人がひとたびミスをするたびに先輩たちが「あいつは発達障害だ」と判断するのは早計だと思います。特に発達障害の社員を取りたくない、どうしたら発達障害の人を見抜いて面接で落とせるかなんてマジで思っている人事の人もいらっしゃると聞きます。そうした状況で、こうした誤解と偏見を与えるようなサイトや動画は百害あって一利なしです。

閑話休題、僕は細木数子は大嫌いでした。生前から胡散臭さを感じていたし、彼女の暴露本をみて、なんて悪い奴だって思いましたもん。そんな彼女がとってもいいことを言っていたのですね。

差別が悪いんじゃないの、偏見が悪いの。




本当にそうだと思います。人類の歴史の中で、人間の偏見がどれだけ悲劇を生んだことか。ナチスのユダヤ人虐殺もそうだし、中国の文化大革命、関東大震災における朝鮮人弾圧、それからヨーロッパの魔女狩りもそう。

YouTubeで「愛の貧乏大作戦」の動画が上がっているので、久々に見ております。本放送は1998年から2002年ごろまでテレ東系で放送されました。司会はみのもんたさんで、商売がうまくいかず借金だらけで困っているお店の店主を有名店に修行(主に飲食店)させるというもの。しかも、お店のリフォームは番組の制作費から出されるというから、なんともサービスが良い。

大抵の店主は、修行をするものの、その後はうまくいかず店をたたんでしまうのですが、一部の店主は成功を収めている店もあるのですね。例えば茨城県にある「ペンギン」というハンバーグ店は凄くて、バスツアーも組まれるほどの人気店です。

僕がリアルタイムで見た時は学生でした。その時は「社会は厳しいんだな」って思ったのですが、今改めて見ていると、本当に見ていられないのですね。店主がかわいそうで。中には本当に、どうしようもない、フォローもできない人もいるのですが、正直、発達障害じゃないかって思われる店主もいたと思います。達人から、「お前、人の話を聞け!」とか「真剣にやれ!」って店主が怒られるシーンは番組でもおなじみなのですが、店主は、例外もいるが真面目にやっているのですね。発達障害は、人の話が聞けないのではなく、仕事に集中するあまりに話が聞けない、あるいは集中できないってケースが多いのです。いつの回か忘れましたが、店主は頑張っているんだけれど、達人の教えてもらっていることを頭ではわかっても、体がついていけない、その悔しさや辛さのあまり泣き出すシーンがありましたっけ。本人がいくら頑張っても、側から見ると、怠けているとか、やる気がないとしか見なされない。それが発達障害の人の辛さなのですよね。発達障害の人は見た目では、そうしたハンディがあることがわからないから、なおさら辛いと思う。

達人だけでなく、YouTubeに上がっている「愛の貧乏」の動画のコメント欄を見ても、店主はクズだとか、辛辣な意見ばかり。確かに、人間的に問題な人もいるが、大抵の店主は根は真面目なのだと僕は思う。ただ、向いてないだけだと思う。実際、発達障害の人は飲食業という職業は合っていないそうです。それに、やっている側からガーガー言われてパニクって、できる仕事も萎縮してできないってことも発達障害の人には非常に、あるあるなんですよね。健常者の方には、その辺の辛さってなかなか伝わりにくいのですが。


僕は人が怒られるシーンは好きじゃないので、リアルタイムで見た時も、あんまり良い感じがしなかったのですが、今改めて見るとなんかいやだなあって。まして現代はパワハラが問題になっている時代ですからね。

確かに、自営業だと、時間も自由だし、嫌な上司もいないから楽といえば楽なのですが、甘い考えでやっていたら潰れてしまいます。だからこそ真剣にやりなさいと達人たちが叱っているのは、理解できるのですね。実際、せっかく修行したのに、つぶれた店も多い。まして飲食業界は競争も激しく、大手や有名店でさえ潰れることだってあるから、生半可な気持ちでは店を維持できないと思う。

でも、本当に人格的に素晴らしいなって思う方もいらっしゃる一方で、商売のセンスや料理の腕はともかく人間的には❓って人もいましたっけ。テレビを見た人は、達人のことを「厳しいけれど、いい人だ」とか絶賛の嵐。でも、達人からしたら、大々的に自分の店を宣伝してもらえるのだから有難い話なんですよね。番組をやっていた当時でも、達人の店はますます栄え、店主たちは逆に置いてけぼりにされているって批判がありましたっけ。また、その達人のパワハラまがいな行動も実は番組側が仕込んだのではないかってウワサも聞いております。本来、達人は温厚な人で頭ごなしに怒鳴るような人ではないって話も聞いておりますし。


最近「愛の貧乏」の裏話みたいな動画もYouTubeに上がっておりますが、結構、画面には映らないところで、いろいろ裏があるんだなって。例えば、ある店主は達人に悪態をついていたのですが、その店主の家族が、実は店主は夜も寝ないで修行をしていたということを動画の中で話されていたのですね。テレビを見る限りでは店主がクズにしか見えないけれど、事実を知ると、店主が悪態をつきたくなるのもわからんでもない。

それと、この番組を改めて見ると、番組側の悪意を感じます。何年も板前経験のある優れた店主の作った料理も見るからに美味しそうなのに、ナレーションで「なんのひねりもない料理」と印象操作するあたりもヒデエなって。その店主が改めるとしたら接客態度くらいで、あとは店の立地だと思うのですが、そこまで言うかって思いましたもん。

この番組は、社会の厳しさを知る上で良い番組だといことで、学校の道徳の授業でも、生徒たちに見せていたという話も聞いたことがあります。が、裏を知れば知るほど、それも複雑。



このページのトップヘ