history日誌

へっぽこ歴史好き男子が、日本史、世界史を中心にいろいろ語ります。コミュ障かつメンタル強くないので、お手柔らかにお願いいたします。一応歴史検定二級持ってます(日本史)

タグ:忍者

忍者が活動するうえで必要なものは何だと思いますか?敵の情報を入手することです。もちろん、ただ情報を入手するだけでは意味がありません。その敵の情報を正確にクライアントに伝える必要があるのですね。伝えるといいましても、カメラなりレコーダーましてネットなどなかった時代。それじゃあ、耳にした情報や得た情報をメモして報告すれば済むことじゃんと思いますが、メモを取っている間に、敵に見つかってしまうこともある。

たとえば、くノ一という女性の忍者がいるのですが、彼女たちは大名の奥女中、商家であれば下女として忍び込むのですね。そうやってスパイ活動をするのですが、いちいちメモなんてしていたら、大名なり商家の旦那から何やっているんだって怪しまれますよね。

あるいはそうしたメモが関所なので発見されたらもとも子もありません。そこで手にした情報をしっかり記憶しておく必要が出てきます。そうして忍者たちは独自の記憶術を編み出したといわれております。しかし、記憶するといいましても、覚えるのは大変です。特に数字は大変ですね。

まず忍者は覚えなくてはいけないことを何かに置き換えて記憶する連想記憶術を使いました。覚えにくい数字は人間の身体や食べ物に置き換えたとか。たとえば1がいも、2が煮梅にうめ、3がさんしょう、4がシイタケという具合に。数字を覚えるのはいつの時代も大変ですが、こうした身近なものに置き換えて記憶をしたのですね。なるほど、これは現代でも語学や資格の勉強でも応用できますね。

さらに絶対忘れてはならないことは、不忘術ふぼうじゅつという秘術を用いました。これは大切なことを思いながら、自らの身体に傷をつけるという記憶術。たとえば、何か覚えたいことを覚えているときに、小刀で自分の指を傷つけてみるとか。

普通の記憶は脳の海馬という部分に記憶されるそうです。しかし恐怖をともなう記憶は大脳にある偏桃体へんとうたいと呼ばれる部分に記憶されるそうです。こくした偏桃体の働きによって恐怖の記憶というのはいつまでも離れないというのです。人間って基本的に忘れる生き物ですが、なぜか恐怖経験というのはいつまでも残っているものなのですね。いじめられた経験とかパワハラを受けた経験とか。いわばトラウマですね。忍者は自傷行為をやって、そのときついた傷をみて、「あ、あの時、あの殿様はこんなことを言っていたな」って記憶がよみがえってくると。これはかなり強引なやり方ですね。下手すりゃ恐怖体験だけが記憶に残り肝心なことを忘れてしまう危険性もあるし、実際にこのやり方でどれだけ覚えられたか疑問ですが、ともあれ忍者は自分のミッションを成し遂げるためには、自ら傷つけることもいとわなかったのですね。

Amygdala

(赤い部分が偏桃体)

参考文献
イラスト図解 忍者
日東書院本社
2012-11-30

忍者の服装と言えば、↓


DSC_0003[1]


ですよね。黒い装束、黒い頭巾に身を固めていると。しかし、忍者は年がら年中このような服装をしていたけじゃないんですね。忍者が年中、装束を着ているイメージを抱いてしまうのは、『忍者ハットリくん』の影響かなw昼間っから黒い装束なんてしていたら返って目立ちますもんねw自分は怪しいものだと言っているようなもの。黒装束はあくまで夜に屋敷や城に忍び寄るときに使うのですね。忍者も普段は町人や農民とまったく変わらぬ姿をしていたのですね。忍者は隠密の仕事がない時は、農民として農作業をしていたといいますから。

ともかく忍者は今でいうスパイや探偵みたいなもの。敵の情報を探るのが商売です。その敵の情報を探るために、変装もしたのです。いわゆる七方出しちほうでです。虚無僧こむそう、出家、山伏、商人、放下師ほうかし猿楽師さるがくし、常の形の七種類。

いろいろな姿に変えて、敵の情報を探ったのですね。その変装した姿は、敵はもとより、親兄弟にも見抜かれることが大事なのです。まず、虚無僧こむそう。虚無僧とは髪をのばしたお坊さんで、尺八を吹いて旅から旅を歩いておりました。深編笠ふかあみがさを頭からかぶって顔を隠していたので素顔をバレずに済んだのですね。

出家はお坊さんのこと、山伏とは山奥で厳しい修行をしている人のことで、超自然的な能力を持っていると信じらておりました。山伏は全国を旅していたので、山伏の姿をしていれば、怪しまれずに済みました。



放下師とは今でいう曲芸師みたいなものです。小唄を歌いながら、曲芸や手品をやったのですね。

猿楽師とは猿回しの事ではありません。猿楽は能楽の一種で、こっけいな踊りをしたり、ものまねをしたり。とくに戦国時代、大名たちは能を非常に好みました。娯楽があまりない時代でしたからね。それで、大名たちはこぞって猿楽師は能役者を招いたといいます。猿楽師に化けた忍者はたやすく敵地に入り込めたのです。能役者の観阿弥、世阿弥も実は忍者じゃないかって説もあるようですね。

こりゃ大変ですね。芸も素人はだしの学芸会レベルのものだったら、敵のスパイだってばれちゃうし。また、楽器の演奏だって簡単じゃありません。僕も昔、楽器をかじったことがありますから。下手だとすぐばれちゃうし、ちょっと演奏を聞いただけで技量を見抜ける人は戦国時代や江戸時代にもいたでしょう。そうした人に「あ、こいつ演奏うまいけれど、やはり素人だな」って見抜かれたらアウトですから。それなりの演奏の実力がないと無理でしょう。

お坊さんにばけるなら読経のスキルも必要だし、商人に化けるなら商品知識もなくてはなりません。商人のなかでも薬売りは忍者にとって打ってつけの変装だったのです。薬を介して庶民や武士の懐に近づき、情報を探ったのですね。誰だって病気はつらいです。そんな時に薬を売ってくれる商人が近づいてきたら、心を許すでしょう。それで優しくされたら、なおさらでしょう。そうした時に人は聞いてもいないことまでペラペラしゃべってしまう。

ちなみに甲賀の里は忍者の里でもありますが、薬の里でもあります。忍術から派生したといわれる製薬技術が「甲賀の薬売り」を生み、現在でも甲賀は薬の生産地として有名です。

ほかにも漢籍などの教養や、方言もマスターしなくてはいけない。大変ですね。あと、病人やけが人のふりをして、敵の懐にしのぶこともしたのですね。

最後に「常の形」とありますが、これは何でしょう?いわゆる普段着、つまり農民や侍、町人と全く変わらぬ姿をするということ。なんだ変装じゃないじゃんって思われますが、まあ普段着が一番怪しまれませんからね。ただ服装を変えただけでは怪しまれる可能性があるので、顔を変えるために眉をかきなおしたり、髪形を変えたり、歯に金属をかぶせたり、すると印象が変わるのだとか。

DSC_0012[1]
(忍者の七方出 お坊さんと虚無僧)

DSC_0011[1]

(忍者の七方出 芸人の姿)

※ おまけ
甲賀は薬の里と言いましたが、それくらい甲賀の忍者と薬は関係が深いのです。甲賀の薬の歴史を学べる「甲賀市くすり学習館」という施設もあるくらいです。

このページのトップヘ