history日誌

へっぽこ歴史好き男子が、日本史、世界史を中心にいろいろ語ります。コミュ障かつメンタル強くないので、お手柔らかにお願いいたします。一応歴史検定二級持ってます(日本史)

タグ:おしん

テレビはいろいろ見てはいますが、放送会社の競争がはなはだ激しいので、今、どういう番組をみているかということにはこたえられません。


この発言は、記者会見で記者が「どういうふうなテレビ番組をご覧になりますでしょうか」と気軽な質問をしたときに出た言葉。そうですよね、具体的なテレビ番組名をあげたら、昭和天皇が見ている番組というプレミアムがつきますもんね。そりゃ天皇陛下だって言いづらいでしょ。

実際、昭和天皇はテレビをよくご覧になられたといいます。側近たちの話によるとニュースや「皇室アルバム」はもとより相撲、それからドラマもご覧になったといいます。とくに『おしん』が大好きだったそうです。『おしん』の主人公の田倉しんは、昭和天皇と同い年という設定になっております。


ええ、その当時、今「おしん」の映画(ドラマのまちがい?)を終始見て、その当時の女性の苦労というものを非常に察していましたが、当時のそういうことはあまりよく知らなかった。苦労をしていたということは知ってましたけれども、それは非常におおざっぱな感想しか私はその当時は承知してませんでした。その映画を見て非常にあの時の苦労を思い出しました。


貧乏、奉公そして戦争、当時の女性というか庶民の苦労というのは風のウワサでは聞いていたが、まさかこれほどひどいものだったなんて。そんな思いを『おしん』をみて昭和天皇は衝撃を受けられたかもしれません。自分が宮中で体験した現実と庶民が味わった現実があまりに違う。もちろん、昭和天皇は昭和10年にこのような言葉をおっしゃってました。

東京のような都会に住んでいるから、そんな呑気なことを言う。東北、北海道の人たちが、今この瞬間、天を仰いでどんなに心配しているか、なぜそのことを思ってみないか。



東北、北海道の人たちが冷害に苦しんでいることは昭和天皇も戦前からご存じでした。冷害のために農村の困窮も伝え聞いておりました。けれど、まさかこれほどとはって昭和天皇は『おしん』をみて思われたそうですよ。もし、昭和天皇が平成天皇のように被災地を訪れ、被災者の人に膝をつけて、被災者の話を聞いていたら、もっと実感できたかもしれない。

また、昭和天皇は『さかなちゃん』というドラマや『サザエさん』に『小公女セーラ』もご覧になられたといいます。『さかなちゃん』とは、生物学者でありタレントのさかなクンが主人公のどらまではないですよwこれは1976年に放送された昼のドラマ小説です。魚市場で働く男勝りの女性が主人公のドラマだったようです。

『サザエさん』のファンである昭和天皇は春の園遊会で作者の長谷川町子さんをよばれたのですね。それで、長谷川町子さん直々に昭和天皇は、こう言われたのです。

あのサザエさんね。漫画とかね、テレビで時々見てるから。なかなか面白いものをやってますね。水面喜んでいるようですから。しっかりやってください。


また、昭和天皇が『小公女セーラ』をご覧になられたという話をきいて、僕も昭和天皇に僭越ながら親近感が持てましたw僕もセーラみていましたから。セーラは金持ちのお嬢様だったのが父親の破産でミンチン女学院のメイドになってしまい、さらにミンチン院長やラビニアから過酷ともいえるイジメを受けるのですね。そんなつらい境遇に耐え抜くセーラに僕もいじめられっ子だった自分と重ねたっけ。昭和天皇陛下はセーラを見て何を思われたか、あいにく資料はないのですが、昭和天皇陛下の心を打ったことは間違いないと思います。








サザエさん 1巻
長谷川町子
朝日新聞出版
2020-01-07

戦前にサラリーマンという新しい雇用形態が広がりましたが、一方で、江戸時代から続いている丁稚奉公デッチホウコウといういう雇用形態も残っていました。幼少の頃から住み込みで下働きをすることです。

松下幸之助も丁稚奉公をした経験がありますし、財界のナポレオンと呼ばれた金子直吉カネコナオキチも鈴木商店に奉公し、そこで認められて番頭になって辣腕ラツワンを振るいました。そして金子は鈴木商店を三井や三菱に負けないくらいの企業に育て上げたのです。それと丁稚奉公といえば「おしん」でしょうか。

なぜ、子供を丁稚奉公に出すのかというと、現金収入もそうですが、口減らしという面も大きいのですね。昔は、子供の数が多く、一家で子供が五人いたなんて珍しくなかったのです。家が裕福なら問題がありませんが、家が貧しいと大変なんです。子供の養育費が重くのしかかります。それで子供の養育費を少しでも浮かそうと、子供を幼いうちから商家に奉公に出したのです。対象になったのは、12歳ないし14歳くらい。明治時代には7、8歳で奉公にだされるケースもあったのです。

丁稚奉公の労働契約は、一種の身売りのようなもので、まず実家が2、300円の前払いの報酬を受け取り、子供は2〜3年はほとんど無報酬で働くのです。この年季が明けると、1年間はお礼奉公と言って無報酬で働き、その後やっと報酬をもらえるようになります。労働条件はかなり悪いですね。しかし、丁稚の中には、親方に気にいられて、のれん分けしてもらったりすることもあります。

仕事は結構ハードでした。まだ外が暗い3、4時には起床。掃除や洗濯、子守りなどの雑用を一通りこなした後、仕事の手伝いもしたのですね。

丁稚たちの楽しみは、年に2回の里帰りでした。旧暦の1月16日と7月16日の年2回だけ、里帰りが許されたのです。いわゆる薮入ヤブイり主人は奉公人たちにお仕着せの着物やはき物を与え、小遣コヅカいいを与え、さらに手土産テミヤゲを持たせて実家へと送り出したと言います。実家に帰れば両親が待っており、奉公人は親子水入らずで休日を楽しんだと言います。ただ、遠くから出てきたものや成人したものには実家へ帰ることができないものも多く、彼らは芝居見物シバイケンブツや買い物などをして休日を楽しんだと言います。しかし、年に2回しか休めないとは、本当にきついなって。これなら、月に2、3日は休める製糸工場の女工さんの方がマシだなって。


「おしん」においては、主人公のおしんは2つのところで奉公したのですね。一つ目は中川材木店というお店。そこの女中頭のツネという女性にいじめられてしまうのですね。ツネにいじめられながらも、おしんは仕事を覚えていくのですが、ツネにお金を取ったか、取らなかったかで疑われ、それでおしんは中川材木店を飛び出してしまうのですね。そして二つ目の奉公先の加賀屋では、ものすごくよくしてもらって、特に大奥様のくにに気に入られ、帳簿の付け方とか、読み書き、お茶や生花まで教えてもらったのですね。「おしん」では中川材木店の方がブラック、加賀屋の方がホワイトだと描かれております。

しかし、現実はブラックな奉公先の方が多く、「おしん」の加賀屋のような奉公先は非常に珍しかったのではないかと。江戸時代だったらご飯が食べれれば幸せみたいな感じでしたから、理不尽なことがあっても我慢ガマンできたのですね。それが、社会がそれなりに豊かになり、社会主義、共産主義が日本に入ってくると、影響を受けた奉公人や丁稚も出てくるのですね。また、奉公は嫌な親方や先輩とも、ほぼ毎日顔合わせで、プライベートどころか寝食まで共にしなくてはならないからストレスたまりますよね。寝食どころか、夢の中まで上司が出てきたら嫌ですよね。


実際、岩波書店でもストライキが起こりました。岩波書店といえば広辞苑コウジエンでも有名ですが、この時代からすでにあったのですね。1928年(昭和3)3月12日、岩波書店の少年店員80名と、その岩波書店の向かい側にあった巌松堂ガンショウドウという書店の少年店員42名がストライキを起こしたのですね。巌松堂の丁稚の少年が店で年長の従業員に殴られたことが発端です。

要求の内容は、「時間外手当の支給」だとか「寄宿舎の改善」だとか「8時間労働制の導入」、「月三日の休日を」といった労働条件の改善だけでなく、「殴った社員をクビにしろ」というものと、「“どん“と呼ぶのはやめろ」というものもありました。

ストライキから5日後の3月17日、両書店は少年店員側の要求を受け入れたのです。

江戸時代から続いた丁稚奉公は、GHQらによって労働法規が整備され、義務教育も15歳まで延長したこともあり、戦後には消滅しました。丁稚の制度は消えましたが、丁稚や番頭という言葉は残りました。古くから続く商店の店主や職人の間では、今でも「丁稚」という言葉が使われています。


* 参考文献




このページのトップヘ