history日誌

へっぽこ歴史好き男子が、日本史、世界史を中心にいろいろ語ります。コミュ障かつメンタル強くないので、お手柔らかにお願いいたします。一応歴史検定二級持ってます(日本史)

カテゴリ: 明治・大正

NHKの『ダークサイドミステリー』で「日ユ同祖論」が取り上げられ、NHkは基本的に「そんなものはない」という立場。それに関してネットでは反発する意見も見られました。日ユ同祖論というのは、日本人とユダヤ人はもともと同じ民族だったと。ユダヤの失われた10支族(*1)の一つが、日本にそのまま住み着き、それが日本人のルーツだと。個人的な意見ですが、「日ユ同祖論」はマユツバだと思っております。「日ユ同祖論」どころかイギリスにも「英ユ同祖論」なんてものがあるらしいですよ。実際、ユダヤ人は昔から放浪の民とよばれ、世界のあちこちに住み着いて、そこで暮らしております。それどころか、人類の歴史を紐解けば、世界人類すべての民族は共通の祖先をもっており、その人類発祥の地はアフリカだといわれているのです。「人類みな兄弟」って言葉がありますが、それは本当の話なんですね。そりゃ、日本の長い歴史の中でユダヤ人が日本に流れ着いて、そのまま住みつき、子孫を残した可能性は否定できませんが、日本人=ユダヤ人というのは違うような気がする。

DNAも異なるし、ユダヤ人の価値観と日本人の価値観が違う。ユダヤ人が信仰するユダヤ教は、富や財産の獲得をすることを肯定しております。ところが、日本人はどちらかというとお金の話をするのを嫌がる傾向があります。お金は大事だと頭でわかっていても、金銭は卑しいものという考え方は日本人に根強い。それにユダヤ教には選民思想がありますが、謙譲を美徳とする日本人の価値観とはちょっと違うような気もする。


「日ユ同祖論」を主張する人たちは、神社の鳥居はイスラエル人の民家の玄関口とそっくりだとか、お祭りの神輿は、失われたアークをかたどったものだとか、ヘブライ語と日本語は共通点がある(※2)とか。でも、僕はそんなのこじつけのような気もする。ヘブライ語だけでなく、インドのヒンディー語から生まれた日本語もあります。たとえば、旦那さんの旦那。これはサンスクリット語の「デーナー」からきているし、「馬鹿」という言葉もサンスクリット語の「モーハ」からきているといいます。そしてなんといっても漢字。さらに、ひらがなとカタカナだって漢字をくずしてできたものですし。要するに、ヘブライだけでなく、現在使われている日本語は意外といろいろな国の言語の影響を受けて生まれた言語なんだなって。


ただ、日本は海洋国家で、古くから世界の文化を取り入れてきたのは紛れもない事実。正倉院の宝物にもペルシアのガラス製品があるくらいですからね。奈良時代から世界の国々と交流があったことに驚きですね。中国や朝鮮だけでなく、シルクロードを経て、ペルシアやユダヤなど外国の文化なども取り入れていったのかなあって。室町時代末期から戦国時代にかけては、西洋人が来日し、鉄砲やキリスト教が日本に入っていったし、鎖国体制をとっていた江戸時代でさえ西洋の学問や医学などを取り入れたくらいですから。戦後も、バレンタインデーやクリスマス、果てはハロウィンまで取り入れて、今では日本の季節イベントしてすっかり定着していますね。







*1 預言者アブラハムの孫であるヤコブという人がいて、そのヤコブには12人の子供がいて、そのうち9人の子供たちは、紀元前8世紀に戦争によって北イスラエル王国が滅びた際、離散して行方知れずになったと。これを「失われた10支族」などともいう。9人の息子の子孫なのに10支族というのはおかしいじゃんって思うけれど、9人の息子のうちヨセフという人がいて、その氏族がさらに2つの氏族に分かれたため)

※2 日本語の「ありがとう」と似た言葉がヘブライ語にもあって、たとえば「アリ・ガト」(私にとって幸運です)という言葉があると。



福田村事件は、大正12年(1923)9月1日におきた関東大震災から五日後の9月6日に実際に起こった事件です。震災の直後、東京で朝鮮人が井戸に毒を投げ入れたという流言が流れたのです。ガセだったのですが、自警団たちは朝鮮人を虐待したといいます。そうした流言は千葉県の福田村(現在の野田市)にも飛び交い、香川県からの薬の行商団(配置薬販売業者)15名が朝鮮人と間違えられ、地元の自警団に虐待され、うち9人が殺された事件です。

生き残った被害者の証言によると、休憩していた行商団のまわりを興奮状態の自警団200人ぐらいが囲んで「言葉がおかしい」「朝鮮人ではないか」などと次々と言葉を浴びせていたそうです。福田村村長らが「日本人ではないか」と言っても群衆は聞かず、なかなか収まらないので駐在所の巡査が本署に問い合わせに行ったそうです。

問い合わせをしている間に惨劇が起こり、現場にいた旧福田村住人の証言によれば「もう大混乱で誰が犯行に及んだかは分からない。メチャメチャな状態であっ」と。生き残った行商団員の手記によれば「棒やとび口を頭へぶち込んだ」「銃声が2発聞こえ」「バンザイの声が上がりました」とのこと。

駐在の巡査が本署の部長と共に戻ってかけつけたところ、すでに15名中、子ども3人を含めて9名の命が絶たれており、その遺体は利根川に流されてしまい遺骨も残っていない状況でした。なんとも悲惨な事件でした。この事件は今年、映画化されました。この事件が起きてから100年たちますが、風化させてはいけない事件です。人間の愚かさが浮き彫りになった事件と言えましょう。







バスケットボールは漢字で「篭球」といいます。サッカーは「蹴球」、テニスは「庭球」です。では、ベースボールは?。「塁球」と言いたいところですが、正解は「棒球」です。「棒球」って聞くとエッチな私は、あそこのことを思いだすのですねwぼっ起した、あそこでボールを打つのかってw悪い冗談はともかく、ベースボールは「棒球」。え?ベースボールは野球じゃないの?って声も聞こえてきそうですが、もちろん「野球」も正解です。

僕は学生のころ、正岡子規が「野球」の名付け親だと習いました。正岡子規は「升(のぼる)」と言います。自らの「のぼる」を漢字にあて「のボール」つまり「野球」としたと。実はそれ間違いです。ベースボールを野球と最初に訳したのは中馬庚という人です。

1893年に中馬は第一高等中学校卒業に際し「ベースボール部史」の執筆を依頼されましたが、当時は今の野球のことを「底球」という訳語を使っていました。しかしこれでは「庭球(テニス)」と混同するからというので、1894年の秋、「Ball in the field」という言葉から「野球」という訳語を作ったと。確かに「底」と「庭」では漢字が似ていますからややこしいですね。ちなみに、野球のポジション名の「投手」や「捕手」、「一塁」その他もろもろや、「三振」、「死球」も中馬が翻訳したのです。これ豆知識なw

でも、正岡子規が野球が好きだったことはどうやら本当の様で、「山吹の一枝」という野球小説を書いたり、野球にまつわる短歌も残しております。どんな短歌を残したかは後程。子規は小説や句の題材にしたのみならず、実際に野球をプレイしたといいます。さらに故郷の四国の松山で野球を広め、高浜虚子にも野球を指導したといいます。正岡子規というと病弱で運動が苦手なイメージがあっただけに僕は驚きましたね。実際、子規は子供のころは外で遊ぶのを嫌い、タコ上げもできない。家で本を読むのが好きで、友達から青びょうたんとからわれたほどでしたから。それが野球をやるようになるとは、人間わからないものですね。

Masaoka_Shiki1889

(ユニフォーム姿の正岡子規。結構サマになっている)

子規が野球と出会ったのは、明治17年(1884)9月に大学予備門の予科(のちに一高と改称)に入学したころです。当時、子規は16歳だったそうです。病弱だった子規も野球と出会い丈夫になったといいます。なんでも、子規の握力は明治18年(17歳)ごろは左右ともに握力28グラムだったといいます。ところが明治23年3月(22歳)のころになると右44キログラム、左39キロと大幅にアップしているのですね。これは子規が野球をやるようになったからです。子規はのちに結核にかかってしまいますが、結核にかからなかったら、もっと長生きしていたかもしれないし、好きな野球を思う存分楽しめたかもしれない。
実際、子規は死ぬ間際まで野球をやりたいと言っていたのです。子規はほかのスポーツには目も向けなかったのに、なぜか野球だけ夢中になったのです。
で、子規の野球の腕前ですが、、なかなかうまかったようです。さすがにプロ並みとは言えないものの。子規がいた当時はそもそもプロ野球などあるわけがなく、野球が日本にまだ広まって間もないころでしたから、子規も野球のスターだったのですね。 ポジションはピッチャーをやったり、キャッチャーをやったといいますから。どちらのポジションもヘタでは務まりません。高浜虚子の著作に子規のバッティングについての描写があって「其バッティングは却々なかなかたしかで、其人(正岡子規)も終には単衣の肌を脱いでシャツ一枚になり、鋭いボールを飛ばすようになった」と。
また、明治十六年、虎ノ門の工部大学にベースボール倶楽部が組織されたのですが、子規はそこで名投手として名高かったといいます。
正岡子規は2002年に野球殿堂入りしましたが、その時、僕は、なんでって思いました。が、正岡子規の評伝を読み、彼がただの野球愛好家ではなく、日本にベースボールが伝わり出した頃に、ベースボールを広めた功績を讃えたものだったのですね。




最後に子規が残した野球に関する短歌をいくつか。

「久方のアメリカ人のはじめにしベースボールは見れど飽かぬかも」
「打ち揚ぐるボールは高く雲に入りて又も落ち来る人の手の中に」
「打ちはづす球キャッチャーの手に在りてベースを人の行きがてにする」


IMG_0567

(正岡子規記念球場 東京・上野にある)

IMG_0568

(正岡子規の肖像と説明版)


参考文献




IMG_0548

(関東大震災のときに止まった時計)

IMG_0549

(関東大震災の火災で焼けてしまった、お菓子)

1 関東大震災100年、大震災でも焼け残った神田和泉町、佐久間町
 今年は関東大震災発生からちょうど100年を迎えます。1923年(大正12)9月1日に関東地方に大地震。おびただしい被害が出ました。関東地方ではだいたい100年おきに大きな地震がくるといわれています。もしかしたら、今年か来年あたり関東地方に大きな地震がくるのではないかって僕も大変心配しております。昨日もなんか地震があったみたいだし。昨日は東日本大震災(2011)のあった日、おとといは東京大空襲のあった日。ということで、今日は防災にまつわるお話をしようかと思っております。

関東大震災では東京のあちこちが火災にあい、多くに犠牲が出たのですが、神田区(今の千代田区)神田和泉町、佐久間町周辺の地域だけは、地元住民の必死の消火活動のかいあって被害がなかったのです。神田泉町、佐久間町は今のアキバこと秋葉原周辺で、秋葉原駅の東側にあたる区域で、三井記念病院が立っているあたりですね。住民たちは神田川の水をバケツリレーで運び、消火活動にいそしみ、火が消えてからも住民たちは炊き出しなど助け合いをしたのです。東京のほとんどが被害にあいながらも、佐久間町・和泉町周辺が無事で、皇太子(のちの昭和天皇)も視察したほど奇跡の町と称されるほどでした。



2 延焼を受けにくい環境だった
まず、地理的な面で神田泉町、佐久間町周辺は恵まれておりました。まず区域内には内務省衛生試験所や、三井慈善病院といった耐火構造の建物があったこと、和泉町や佐久間町の北側に郵便局などレンガ造りの建築物がいくつもあったようです。それらの建物は燃えてしまいましたが、防火壁の役割を果たし、和泉町や佐久間町を守ったのですね。南側に神田川と電車道があったのも幸いでした。川があれば火も移ってきませんし、消火活動もたやすい。それと電車道なら燃えるものもありません。西側には秋葉原貨物駅もあり、駅周辺に木造建築物がなかったことも幸いだったのです。

IMG_0578

(和泉町、佐久間町の地図。公益財団法人 東京都慰霊協会のパンフレットより)

また、火の手は四方から迫りましたが、それぞれ時間差があったため、火災に対応する方向をしぼることができたのです。一気に火の手があがれば、にげることができませんが、火の手に時間差があれば、消火活動をする余裕も生まれるし、逃げ道を確保することもできます。


IMG_0579


まず、↑の絵を参考にしながら、御説明をさせていただきます。まず9月1日の18時ごろ、神田泉町、佐久間町の南方( 砲ら火の手が迫ってきました。南側には電車道と神田川があったので、延焼がまぬがれたのと、それに加え、火の勢いも比較的よわかったことも幸いだったのです。

9月2日の0時の深夜。西側(◆砲ら火が迫ってきました。しかし、秋葉原貨物駅があり、その構内にあった豊富な水を利用することができたので、消火活動ができたのです。

9時2日の朝6時ごろに、今度は東側()から火の手があがってきましたが、三井慈善病院や衛生試験所などの耐火建築物が防火壁の役割を果たした上に、火災が和泉町、佐久間町周辺に接近した時点では風向きもかわって、東側の延焼は免れました。

9月2日の15時になって、今度は北側(ぁ砲ら火が接近しました。北側には郵便局とかレンガの建築物がいくつもありました。結局、郵便局などの建物は焼けてしまいましたが、燃え残った壁が防火壁としての効果を持っていたのです。

また、神田の和泉町1番地にはポンプを取り扱う帝国喞筒会社ていこくそくとうかいしゃがあり、3,4台の消防用のガソリンポンプが残っており、これを使って消火活動ができたのも、これまた幸いだったのです。ほかにも三井慈善病院にもガソリンポンプが配備されており、この消防用ガソリンポンプを使うこともできたのも、これまた幸いでした。東京は地震の影響で水道管が壊れ、消火活動がままならぬ状況でした。だから消火活動に水を使えない状況だったので、多くのところでは被害が大きかくなったのですが、神田和泉町や佐久間町はガソリンポンプがあったことが幸いだったのです。

3 消火活動を優先した人々
 9月1日の午後6時ごろには、神田和泉町、佐久間町に住んでいる、おじいちゃん、おばあちゃん、子供や女性の多くを上野方面に避難させたといいます。上野と言えば上野公園がありますね。上野公園はとても広くて避難場所としても最高です。上野公園には和泉町、佐久間町だけでなく、浅草や本所など周辺の人たちもたくさん避難したといいます。上野公園には50万人もの避難者がいて、難をのがれたといいます。

残った男たちは協力し合い、燃えやすい素材を用いている建物を火災が広がる前に壊したり、神田川の水をバケツリレーで運んだといいます。また、神田和泉町、佐久間町が被災していないということで、この地域に避難した人たちもいたのです。こうした他所から来たひとも消火活動に参加したというから驚きです。他所から荷物を持って避難してきた人々には、まず飛び火の恐れがあるものを神田川に捨てさせたといいます。中にはタンスとか家財道具をもって逃げたひともいましたが、生き延びるためには、そうしたものも捨てるしかない。それから避難した人たちにも消火活動の協力を、佐久間町、和泉町の人たちは頼んだといいます。地の理と、住民たちの必死な努力も実って、神田和泉町や佐久間町は火災を免れたといいます。

※ この記事は『焼け残った神田和泉町・佐久間町の真実』(公益財団法人、東京都慰霊協会のだしたパンフレットを参考にして書きました)



2・26事件を「昭和の忠臣蔵」に仕立て上げようと称える声は少なくありません。ある保守系議員(地方議員)のブログでも2・26事件の青年将校のことを美談にしたてあげ、国を憂えた英雄の様に言っております。これ、評論家がほめたたえるのならまだしも、公職の人がいうと意味合いが違ってくる。地方議員でも政治家がいうと、「軍人が政治家を襲うような社会」を目指しているとか、そういう意味合いになってきます。自衛隊がもしテロをおこし、要人たちを殺すような時代が来たら、それこそ、まともな政治活動が行われないし、あなた方も命を狙われることになるのですが、それでも良いかって思いたくなります。

僕もかつては青年将校が貧しい東北の現状を嘆き、そのために純粋な気持ちで立ち上がったのだと思い込んでおりました。しかし、いろいろな文献を調べているうちに現実は決起した将校たちはそれぞれ、いろんな思惑があって、立ち上がったのだと。もちろん、義憤から決起した者もおりますが、人間関係だったり、あるいは、軍人の待遇に関する不満だったり、あるいはよくわからないが上官がついてこいというからついて来たと。このように、この事件の背景は非常に複雑で、首謀者の間でもそれぞれ思惑があったのです。ただ、青年将校たちが、当時の政党政治の在り方に不満を持っており、軍部による独裁政権を打ち立てようという点では一致していたのですね。これには昭和天皇も怒るわけですね。 美談どころか、下手したら軍部のやったことは、ドラえもんの映画「のび太の小宇宙戦争」に出てくるギルモア将軍に近いと思う。こんなこと言ったら保守系の人に怒られそうだけど。ギルモアは大統領のパピに反乱を起こし、臨時政府を作るや独裁政治を行い、ピシアという秘密警察を使って国民を監視してたんです。


人間関係というのは、まず軍人同士の派閥抗争でした。当時、陸軍は統制派・皇道派の対立しており、この事件を通して皇道派の勢力をひろげようという動きもあったのです。荒木貞夫大将とその盟友真崎甚三郎大将を中心とするのが皇道派、永田鉄山少将を中心とするのが統制派。

皇道派は天皇を中心とする日本文化を重んじ、物質より精神を重視、無論、反共産党主義であり、ソビエト連邦を攻撃する必要性を主張していました(北進論)。

一方の統制派は、当時のドイツ参謀本部の思想、ならびに第一次世界大戦からの影響が濃く、中央集権化した経済・軍事計画(総力戦理論)、技術の近代化・機械化を重視、中国への拡大を支持していたのです。(南進論)。

荒木大将の陸軍大臣在任中は、皇道派が陸軍の主流派となり、多くの重要な参謀ポストを占めたのですが、彼らは荒木の辞任後に統制派の将校たちに交替されたのです。

さらに陸軍将校は、教育歴が陸軍士官学校(陸士)止まりの者と、陸軍大学校(陸大)へ進んだ者たちの間で人事上のコースが分けられていました。陸大出身者は将校団の中のエリートのグループを作り、陸軍省、参謀本部、教育総監部の中央機関を中心に勤務します。一方で、陸大を出ていない将校たちは慣例上、参謀への昇進の道を断たれており、主に実施部隊の隊付将校として勤務した。エリートコースから外れたこれらの隊付将校の多くが、いわゆる青年将校。


そうした複雑な背景のなかで、「統制派」の永田鉄山が殺されてしまうのですね。「皇道派」の相沢三郎によって。これで両派閥の対立は激化。

それから意外に多かったのが、軍部の待遇に対する不満です。ワシントン会議で軍縮が決められて軍部も危機感を感じたのです。下手するとリストラされるかもしれんと。もっとも軍縮推進派だったのが高橋是清。だから高橋是清恨まれたんだろうな。それに軍隊の給料もサラリーマンより安い上に、軍隊は穀潰しみたいな目で見られていたんです。よく保守派の先生方は戦後の平和憲法のせいで日本人は軍隊を嫌うようになったと言いますが、この時代、すでに嫌われていたんです。戦争中は英雄でも戦争が終わればただの人。日露戦争の時お国のため必死で戦ったのに、この扱いはなんだって。そういう不満が当時の軍部にあったんです。


この2・26事件の決起に加わった下級兵士たちは何も知らされておらず、上から「その前にどうしても内地でやっておかねばならない仕事がある」と奥歯にものがはさまったような言い方を繰り返され、何だろうと思って参加したといいます。
<
朕、自ら近衛師団を率ひ、此が鎮定に当たらん
この言葉は2・26事件が起きた直後に昭和天皇が仰せられた言葉。青年将校たちの暴挙に昭和天皇も怒り心頭だったのです。東京の中心部で軍がクーデターを起こし、高橋是清や渡辺錠太郎らが殺されたのですから。
速やかに暴徒を鎮圧せよ。秩序回復するまで職務に励精れいせいすべし。
朕が最も信頼せる老臣をことごとく倒すは、真綿にて、朕が首を締むるに等しき行為なり
と発言されるくらい怒りは相当でしょうね。しかも、陸軍は青年将校たちの行動を「軍規違反だ!」って怒るどころか、同調的でなかなか鎮圧に動こうとしなかったのですね。そりゃ陸軍は本音では青年将校たちの行動を称賛しているでしょうね。そうした陸軍の態度に昭和天皇はイラついていたことは確かでしょう。 一方の青年将校たちは天皇のことを大変敬っており、また自分たちの行動を天皇は認めてくれると信じていたのです。まさか、自分たちの行動を理解してくれないどころか、むしろ怒っているなんて思いもよらなかったはず。

このページのトップヘ