能登半島で大きな地震がありました。なくなった方々のご冥福をお祈りすると共に、復興をお祈りします。今日は安政南海地震(あんせいなんかいじしん)のお話。江戸時代後期に起きた南海地震のこと。僕は関西ってあまり地震のイメージはなかったけれど、歴史を振り返ってみると結構多いんですよ。特に和歌山県や四国あたり。

発生日は1854年12月24日。

発生時刻は16時。震央は日本の旗 日本 南海道沖。

地震の規模 ML8.4 - MW8.5

震度6: -7:


この地震では津波の被害がすごかったそうです。四国や和歌山だけでなく、大坂(大阪)も津波の被害を受けたとか。また、この地震の翌年に江戸(現在の東京)および関東地方で大震災が起きていたそうです。日本の地震の歴史を振り返ってみると、だいたい南海大地震と関東地方の大震災は連動して起こっているそうです。



 「稲むらの火」というお話があるこれは戦中の教科書に載り、最近の国語の教科書にも掲載されている有名なエピソードなんだって。

このエピソードの主人公が濱口梧陵という商人で、舞台が紀州広村(和歌山県広川町)。お話の内容は安政南海地震のときに濱口梧陵が人助けをした事。広村は海に面した村だったから、(地震で発生した)津波が押し寄せてくる。グズグズしていたら津波に飲み込まれてしまう。そこで濱口が、稲むら(ススキや稲束を積み重ねたもの)に火をつけて、真っ暗だった辺りを稲むらの火で明るくして、地震に怯える村民達を津波の届かない安全なところへ誘導したって話。

江戸時代は懐中電灯も外灯もありません。それに今みたいに津波警報もなかった。だから、濱口がいなかったら、広村の村民達は津波に飲まれていたかもしれない・・・

この地震のあと、濱口梧陵は、今度大きな地震がきてもいいように、私財を投げ打って津波を防ぐ堤防をつくったそうです。濱口は村人達に「我々の手で堤防を建設し、津波を恐れる必要の無い村にしましょう。働いてくれた全ての人たちに給金を支払います」と言ったそうです。それで、村人達は老いも若きも堤防造りに協力したそうな。


(稲むらの火の動画)


大阪のJR環状線の大正駅の近く、木津川にかかる大正橋に石碑がたっております。その石碑には安政南海地震の際の犠牲者を弔うために建てられたもの。その石碑には地震が来たときの教訓も書かれているそうな。

そこには「大地震が起こったときは、いつも津波がくると思って、絶対に船に乗ってはいけない」とか「家が崩れて、火災も発生するだろう。お金や証文類は蔵に保管し、戸締りを厳重にし、火の用心が肝心」なども書かれているそうです。