history日誌

へっぽこ歴史好き男子が、日本史、世界史を中心にいろいろ語ります。コミュ障かつメンタル強くないので、お手柔らかにお願いいたします。一応歴史検定二級持ってます(日本史)

タグ:2・26事件

<
朕、自ら近衛師団を率ひ、此が鎮定に当たらん


この言葉は2・26事件が起きた直後に昭和天皇が仰せられた言葉。青年将校たちの暴挙に昭和天皇も怒り心頭だったのです。東京の中心部で軍がクーデターを起こし、高橋是清や渡辺錠太郎らが殺されたのですから。よく、青年将校らは東北における飢餓に怒り、義憤による行動だったといわれておりますが、東北が大変なことになったからと言って人を殺してよいかと言えば、それは違います。安倍晋三さんが殺されたとき、一部の人間が犯人を美化しましたが、とんでもない話。今日も今日で、岸田首相が演説している最中に爆発事故が起こったというから、本当に物騒な話です。それに、青年将校らは時の岡田内閣を倒し、軍部による独裁政権を作ろうと企てていたといいます。これには昭和天皇も怒るわけですね。

速やかに暴徒を鎮圧せよ。秩序回復するまで職務に励精れいせいすべし。


朕が最も信頼せる老臣をことごとく倒すは、真綿にて、朕が首を締むるに等しき行為なり


と発言されるくらい怒りは相当でしょうね。しかも、陸軍は青年将校たちの行動を「軍規違反だ!」って怒るどころか、同調的でなかなか鎮圧に動こうとしなかったのですね。そりゃ陸軍は本音では青年将校たちの行動を称賛しているでしょうね。特に高橋是清は軍縮をすすめた人物ですから。このクーデターで軍に逆らうやつはこうなるのだぞと見せしめにもなるし、うまくいけば軍事独裁政権もつくれると。特に本庄繁侍従武官長は、青年将校たちに同情的でした。そうした陸軍の本心を知るか、知らぬかわかりませんが、まごまごしている陸軍の態度に昭和天皇はイラついていたことは確かでしょう。

一方の青年将校たちは天皇のことを大変敬っており、また自分たちの行動を天皇は認めてくれると信じていたのです。まさか、自分たちの行動を理解してくれないどころか、むしろ怒っているなんて思いもよらなかったはず。

あの頃映画 「226」 [DVD]
萩原健一
SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D)
2011-12-21




2・26事件があった当時の東北は大変な貧困にあえいでいたのです。凶作にもあえぎ、娘を遊郭に売る家も多かったのです。そんな社会の矛盾に怒りを感じて立ち上がったのが2・26事件の青年将校たちだと僕は思っていました。けれど、いろいろと資料を調べてみますと青年将校の全員が全員そういった正義感にかられたわけではないのですが、その点につきましては、おいおいお話しします。今日は2・26事件そのものではなくて、2・26事件のあった時代背景について語ります。
続きを読む



昭和11年に起きた2・26事件で、渡辺錠太郎(わたなべじょうたろう)や高橋是清(たかはしこれきよ)らが青年将校に殺されました。それも自分の自宅で殺されました・・・渡辺錠太郎には9さいむすめさん(渡辺和子さん)がいましたが、彼女が見ている目の前で父が無残むざんに殺されてしまいます・・・

事件の被害者である渡辺 錠太郎の屋敷やしき東京都杉並区とうきょうとすぎなみく荻窪おぎくぼ(正確には上荻かみおぎ)



渡辺の屋敷を歴史的文化財れきしてきぶんかざいとして残そうという動きもあったそうですが、屋敷は平成20年にこわされました。また、上荻に訪れても「ここは渡辺錠太郎の屋敷跡やしきあとですよ」と書かれた標識ひょうしきさえありません。

でも、僕はそれでよかったと思う。小金井公園こがねいこうえんにある高橋是清邸たかはしこれきよていのような見世物みせものになったら、渡辺錠太郎もかばれないでしょう。

渡辺邸のあった上荻のまちは、60年以上前にクーデターがあったとは思えないような平和な住宅街になっています。

渡辺和子女史の動画
 渡辺和子さんが出演されている動画をどうぞ。彼女は父が目の前で殺されるという悲しみを乗りえ、シスターになられた方です。








このページのトップヘ