history日誌

へっぽこ歴史好き男子が、日本史、世界史を中心にいろいろ語ります。コミュ障かつメンタル強くないので、お手柔らかにお願いいたします。一応歴史検定二級持ってます(日本史)

タグ:関東大震災

1 ホラ吹きと呼ばれた今村明恒イマムラアキツネ
 以前に「歴史秘話ヒストリア」でという今村明恒イマムラアキツネ人物の事を取り上げていました。彼は、1923年(大正12)の関東大震災カントウダイシンサイの予測を何と18年も前から予測したというからオロドキです。もちろん、当てずっぽうに予測したのではなく、過去の統計トウケイに基づいて地震の予測をしたのです。。

今村は、1870年、鹿児島県鹿児島市に生まれました。1891年に東京帝国大学理科大学(現・東京大学)物理学科に進学、大学院では地震学講座に入り、そのまま講座助教授となります。1896年からは陸軍教授を兼任し、陸地測量部で数学を教えたそうです。

1896年(明治29)に起きた明治三陸地震メイジサンリクジシン発生を期に、今村は津波は海底の地殻変動チカクヘンドウを原因とする説を提唱テイショウしました。さらに今村は、震災予防調査会のまとめた過去の地震の記録から、関東地方では周期的に大地震が起こるものと予想し、1905年に、今後50年以内に東京での大地震が発生することを警告し、震災対策を迫る記事を雑誌に掲載ケイサイしました。

ところが、この記事はマスコミによってセンセーショナルに取り上げられて社会問題になってしまった。この記事を真に受けた人びとはパニくってしまったのです。彼の上司であった大森房吉オオモリフサキチらから「今村は世の中を混乱させている。今村の説はデタラメ」として攻撃。「ホラ吹きの今村」と中傷チュウショウされてしまったのです。

ヒドイヨねえ。上司なんだから、部下の事をカバいなさいヨwと言いたいところですが、大森もやはり責任を感じていたのでしょう。自分の部下が世の中を混乱コンランさせたことに対して。混乱コンラン収拾シュウシュウさせるには今村を悪者にするしか方法はなかったのです。

結局、今村はほら吹きと呼ばれ、辛い思いをしたのですね。この今村の回の「歴史秘話ヒストリア」を放送をしていた時、ツイッターをのぞいてみたら、「ヒストリア」を見ていた人たちが「マスコミが悪い」とツイートしていたっけwあと、「学会(学者達)は今も昔もよくないね」とツイートしていた人もいたっけ。

2 地震の神様になった今村明恒
 しかし、1923年に関東地震(関東大震災)が発生。今村の忠告が現実のものとなりました。これといった地震の対策をしなかった事もあり、被害は拡大。おびただしい数の犠牲者ギセイシャが出た。

今村はたちまち「地震の神様」とよばれ、人びとから尊敬をされるようになりました。自説の正しさを訴え続けた甲斐カイがあったというもの。でも、今村本人は複雑な気持ちだったと思います。結果的に地震から人びとを救う事が出来ず、多くの犠牲者ギセイシャを出すことになったのだから・・・

雑誌にも「地震の神様のコラム」が大人気となり、このコラムがらないとクレームが来るほど。公演の依頼も殺到サットウしました。

また、東京の復興フッコウにもいろいろと提言をしました。広い道路をつくったり、隅田川スミダガワ立派リッパな橋もかけたりした。1911年に今村式強震計イマムラシキキョウシンケイを開発しました。

3 次は南海に地震がくる
1923年に亡くなった大森教授の後を継いで地震学講座の教授に昇進。次の大地震は南海地震と考えた今村は、これを監視するために、1928年に南海地動研究所(現・東京大学地震研究所和歌山地震観測所)を設立。設立費用はなんと今村の自腹じばら。地震から人びとを救いたいという思いで、身銭ミゼニを切ったのだ。出来る事じゃありません。

また、津波被害を防ぐには小学校時代からの教育が重要と考えて『稲むらの火』の国定教科書にのせてほしいと訴えました。

しかし、満州事変以降、日本は戦争一色。今村の事を人びとは忘れ去られるようになりました。戦中も大きな地震が起き、莫大バクダイな被害があったが、その時の政府もマスコミもほとんど黙認モクニン。「地震の復興よりも、お国のために戦え」というのが政府の方針でしたから。

今村の予測どおり、戦後間もない1946年に南海地震が発生しました。そして多くの犠牲者を出してしまった。今村は「またしても人びとを地震から救い出すことが出来なかった」と自責の念にかられたそうです。しかし、昭和の南海地震のとき、今村の言葉を信じて助かった人が今村に感謝の手紙を送ったそうです。


※ 参考サイト等
ウィキペディア
歴史秘話ヒストリア

3月11日は東日本大地震が起きました。亡くなられた方にはおやみの言葉を申し上げます。テレビで見たのですが、自然の力は本当におそろしいと思われました。道路がこうもグニャグニャに曲がるのかと思いました。津波つなみもおそろしいと思いました。人間が自然に打ち勝つことはムリなのだろうなって改めて思いました。

2011年3月11日は東京でも大きなれがありました。余震よしんも何度か続きました。あの地震じしん以来、自分は本当に神経質になりました・・・風でマドがカタカタいっただけで「あ、また地震か?」なんて思うようになりまして・・・・

東北だけでなく、中国やニュージーランドなど世界各地で大きな地震が起きました。東京に住んでいる僕にとっても決して他人事ひとごとだとは思えませんでした。

大阪のJR環状線かんじょうせん大正駅たいしょうえきの近く、木津川きづがわにかかる大正橋に石碑せきひがたっています。その石碑には安政南海地震あんせいなんかいじしんの際の犠牲者ぎせいしゃをとむらうために建てられたものです。

その石碑には地震が来たときの教訓も書かれているそうです。安政南海地震の時は山の様なでっかい津波つなみおそい、大坂(※2)の町も被害ひがいを受けたそうです。

そこには「大地震が起こったときは、いつも津波がくると思って、絶対に船に乗ってはいけない」、「家がくずれて、火災も発生するだろう。お金や証文しょうもんなどはくらに保管し、戸じまりを厳重げんじゅうにし、火の用心が肝心かんじん」なども書かれているそうです。

自分達の住んでいる地域の歴史を学ぶのも地震対策になるんだなって思いました。

※2 大阪のことを昔は「大坂」と表した。


※ オマケ

これまで日本で起きた地震を1300年分り返るという動画を見つけました。日本はいかに地震が多いかがうかがえます。

なお、この動画を見ていると古い時代ほど地震が少ないように感じられますが、,それは古代は地震の記録がちゃんと残っていなかったためです。近代になるほど多くなるのは、きちんと記録をしているからであって、近代になって地震が増えたわけではないのです。





(今回の記事は2011年3月25日に書いたものを加筆修正しました)

※ 参考文献


<

このページのトップヘ