History日誌

へっぽこ歴史好き男子が、日本史、世界史を中心にいろいろ語ります。コミュ障かつメンタル強くないので、お手柔らかにお願いいたします。一応歴史検定二級持ってます(日本史)

タグ:織田信長

織田信長と豊臣秀吉と徳川家康の功績は教科書でも語り尽くされているので、今日は3人の茶の湯にまつわる話をします。

まず、織田信長。信長は天下に名だたる茶道具を数多く集めておりました。その代表的なものが、「松花ショウカ。わび茶の創始者が所有していたことでも知られ、安土城完成の時に信長に送られたものです。

信長はそれらの茶器を家臣の褒美ほうびなどに使い、そうやって家臣の結束を高めたそうです。茶道具は戦国の世では大変貴重なもので、大変喜ばれるものでした。名茶器と呼ばれるものは一国一城、数万石、ときには十数万石の恩賞に価値するとさえも評されたか。

また、堺の商人と交渉する際、茶の湯を利用したと言います。信長は茶の湯を政治的に利用したのです。

しかし、信長は単に茶の湯を政治的に利用したわけではなく、自らも茶の湯を愛しておりました。例えば、九十九髪茄子茶入れ( 九十九髪茄子茶入 つくもがみなすのちゃい という茶器を好んでおりました。元々は足利家に伝わるものですが、松永久秀が信長に献上しました。信長はこの茶器を大変気にいり、機嫌の良い時は自慢じまんをしていたそうです。



豊臣秀吉が愛した茶器は信長とは異なります。秀吉が愛したのは朝鮮から伝わった井戸茶碗。日常の雑器として使われていました。それだけにデザインもシンプル。しかし、秀吉が好んだということで、大名たちはこぞって井戸茶碗を欲したと言います。秀吉が特に愛したのが筒井筒ツツイヅツ。元々は筒井順慶ツツイジュンケイが持っていたことから、この名前がつけられました。しかし、この秀吉が大切にしていたこの茶碗を小姓コショウがあやまって割ってしまうのです。それで秀吉は激怒。秀吉は小姓を手打てうちにしようとしたのですね。え?手打ってラーメンのことかって?違いますw激怒した秀吉が小姓に「今回のことは許してやるから、ラーメンを食え」って胡椒コショウのたっぷり入った手打ちラーメンをゴッチ。するわけないじゃないですかw

手打とは首をちょん切ること。怖いですね。いくら大切なものとはいえ、そんなことで命が取られるのですから。

たまたま、そこにいた細川幽斎ホソカワユウサイはとっさに歌を詠みあげます。細川は当時でも有名な文化人でした。

「筒井筒 五つにわれし 井戸茶碗 とがをば 我に負いしけらしな」


意味は「この罪は私が背負いましょう」という意味。これを聞いた秀吉は、この歌に関心し、怒りをしずめたと言います。一度は壊れた筒井筒ですが、修復をすることで新たな価価値が生まれました。茶道具に新たな価値をつけることで自らの権威を高めたのです。

秀吉といえば、北野の茶会など度々茶会をおこなっております。それから、黄金の茶室も有名です。茶室のなかが全部、キンキラキン。悪くいえば成金趣味とも解釈できますが、当時は今みたいに照明が発達していなかったため、茶室のキンピカがほのかな光を出し、むしろな幽玄ユウゲンな雰囲気を出しているという見方もできます。

家康は、信長や秀吉ほど茶道具に熱心ではなかったそうです。しかし、家康が大切にしていた茶器がありました。 新田肩衝 ニッタカタツキです。村田珠光ムラタジュコウから三好政長ミヨシマサナガに渡り、それかから信長、秀吉へと伝わった茶器です。大阪の陣で、大阪城が燃えたあと、家康が家臣に命じてこの茶器を探させたそうです。家康にとって、信長や秀吉が愛した茶器を手にすることは、まさに自分が天下人であるということの証でもあり、あやかりたかったのかもしれません。ちなみに新田肩衝は全体が黒ずんでいますが、これは大阪城炎上の際にげてしまったのですね。




2A2E5381-2811-450E-A8AB-4942359FB743

新田肩衝 ウィキペディアより

* この記事はNHK「英雄たちの選択」を参考にしました。

1 交通整備
戦国時代は敵が領内に入り込むことを警戒していました。敵に領地に入られることを防ぐため、道を狭く曲がりくねった悪路にしたり、川にもほとんど橋をかけなかったと言います。

しかし、信長はそんな戦国時代の常識などお構いなし。信長はこんな命令をしたと言います。


  1. 入江や川には船を並べた上に橋をかけ、石を取り除いて悪路をならせ


  2. 本街道の道幅は3間2尺(約6・5m)とし街路樹として左右に松と柳を植えよ


  3. 周辺のものたちは道の掃除と街路樹の手入れをせよ


道幅がぐーっと広くなり、道も平たんでまっすぐに整備したから、通行人が通りやすくなりました。さらに道路の両側に松や柳を植えて、夏には通行人が木かげで休めるようにしたのですね。そこまで行き届いているのですね。

さらに信長は排水溝も作ったり、今でいうバイパスみたいなものも作っています。こうした信長による道の整備は、道を通る行商人や通行人には喜ばれたことでしょう。交通インフラの整備によって商品流通を活性化させたのですね。

ただ、これだけ道を整備し、とおりやすくするということは、逆にいえば敵からみたらありがたいことです。そうなると敵が攻めやすくなるのではないか、信長にとって自殺行為ではなかろうかって話になりますが、信長はそういう弱点を跳ね飛ばすほどの経済力、そして軍事力を持っていたのですね。

信長は莫大な経済力をもって軍事力を強化したのですが、信長の軍事強化もこれまでの常識を破るものでした。

2 兵農分離と城下町整備
まず信長が行ったのは「兵農分離」。戦国時代の兵士たちは基本的に農民です。普段は農民として田畑を耕していたのですが、戦争になると戦地に赴くのです。だから農繁期は戦に出ることができませんし、長期遠征などできません。信長は戦に専念できる兵士が欲しいと思ったのですね。いわゆる職業軍人が欲しいと。当時の家制度は長子相続で、長男が跡取りになります。それで信長は長男には農民として働いてもらい、次男や三男を召し抱え兵士となってもらおうと。そうして集められた兵士の集団を親衛隊。

さらに召し抱えた兵士たちを城下町に住まわせたのですね。そして、刀、やり、鉄砲という武器ごとに分けて集団訓練を受けさせたのですね。こうした共同訓練を受けさせ高い組織力と機動力を強化し、強くなっていったのです。また兵士たちを城下町に住まわせることで城を護衛することもできたのですね。

城下町といえば、信長は何度も居城を変えているのですね。清洲城→小牧山城→岐阜城→安土城と城を何度も変えているのですね。そして変えるたびに城下町も広くなっていくのですね。城下町を拡大することで、商人を集め、より多くの税収を集めることができるのです。特に信長が最後に構えた安土城は京にも近く、大坂を中心とした畿内経済圏、名古屋を中心にした中京経済圏の中間にあたり、さらに中山道や八風街道はっぷかいどうが安土を通っており交通の要所でもあったのです。


3 鉄砲と鉄甲船
そして、信長といえば鉄砲。鉄砲を用いて強敵たちと立ち向かったのです。もちろん、信長以外の大名たちも鉄砲に目をつけていました。しかし、多くの大名たちは鉄砲に手をつけなかったのです。なぜなら、当時の鉄砲は火縄銃だから。火縄銃は強力な反面、弾を込めるのに時間がかかるし、火縄銃自体も高価だったのです。火縄銃一丁買うのに現在のお金で50万円もかかると言いますから。なかなか普及しなかったのです。でも、信長は経済力が高かったから、他の大名よりも多く鉄砲を導入することができたのです。

特に武田騎馬軍団との戦いは壮絶なものでした。相手は戦国最強といわれている騎馬軍団。まともに戦ったら勝ち目がありません。それで信長が現在の価値で15億もの大金をはたいて、鉄砲3千挺も購入したのです。長篠の戦では、一発撃つごとに先頭を交代する(*1)という斬新な戦い方で武田軍を打ち破ったのは有名な話です。

しかし、いくら鉄砲があっても、火薬や弾丸がなくては、何の役にも立ちません。実は、鉄砲の弾丸と火薬も信長はあっさりと調達することができたのです。

弾丸には鉛が使われておりました。鉛は日本では珍しいものでした。信長軍の弾丸は海外、それも東南アジアのタイの鉱山でとれた鉛を使っていたといいます。

オランダやポルトガルなどのヨーロッパ諸国は当時大航海時代。こうしたヨーロッパ諸国がアジアにも進出してきたのです。

1572年、カブラルという宣教師が信長の館に訪れます。カブラルは信長にキリスト教の布教の許しをもらうと同時に、日本では取れない貴重な鉛の取引を進言しました。信長は布教を許す代わりに、宣教師たちのもつ交易ネットワークを信長が利用したのではないかと考えられております。戦乱が続き、国内で不足しがちだった軍事物資を信長は海外から調達をしたのです。

火薬は硝石を使っていました。これも海外からの輸入品です。信長は堺を抑えていたから、こうした貿易を通して海外の物資をいち早く手に入れることができたのです。


そして、信長の軍事力の集大成と言えるものが鉄甲船。元亀元年ゲンキガンネン(1570)に石山合戦が始まりました。石山本願寺の顕如が信長に立ち上がったのです。顕如は毛利輝元に支援を求めます。毛利は毛利水軍700そうを大坂に差し向けます。信長は毛利水軍と戦いますが、あえなく敗退。毛利軍は海の戦いに強いですから。それで信長は伊勢志摩水軍に命じて燃えないような強力な船を作れと命じます。そうしてできた船が鉄甲船。全長約23mの巨大な船だったそうです。この鉄甲船を作るのに莫大な費用がかかったから、これも信長の経済力のなせる技。そして鉄甲船をもって毛利水軍を打ち破ったのです。





*1 この戦法には諸説あり。

EBA5A8D0-A17D-472B-AF31-A06D118EEA2E

(永楽通宝。Wikipediaより)

1 役職よりもお金
 織田信長は、戦争中、自軍の旗に「永楽通宝」の絵を描かせました。永楽通宝は当時流通していた貨幣です。それは「銭の力で天下を取る」という意思表明。信長は武力よりも経済力で天下を取ろうとしたのです。

永楽通宝は日本で作られた貨幣ではありません。中国からの渡来銭トライセンで、日本では室町時代から江戸時代初期まで使われておりました。永楽通宝の名前は明の三代皇帝永楽帝から名付けられました。

今日から3回にわたってお金、つまり戦国時代の経済にまつわるお話をします。かといって戦国武将の経済政策を全部取り上げたら大変なので織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の三人をピックアップします。彼らの活躍の背景には豊かな経済力がありました。戦国時代を生き抜くためには、やはりお金が必要だったのです。


織田信長は、今川義元、斎藤義龍サイトウヨシタツといった強敵を打ち破り破竹の勢いでした。そして永禄11年(1568)に信長にとって転機が訪れます。足利義昭が、信長に支援を要請したのです。足利義昭を擁して上洛ジョウラクしました。6万の兵をもって京を制圧。そして義昭は晴れて15代将軍になれました。大いに喜んだ義昭は信長に褒美を取らせることに。

はじめは義昭は信長に管領かんれい(※1)になるよう勧めます。この当時の信長は例えるなら新興企業の社長。それを内閣に入閣して、大臣になれといっているようなもの。これは信長にとって大変な出世。しかし、信長は「身に余ること」と辞退。すると、今度は副将軍になれと義昭は言います。これは副総理になれと言っているようなもの。それも信長は拒否。義昭は首を傾げ、「何が欲しいのじゃ?」と尋ねます。すると、信長は、

「堺、大津、草津(*2)に代官を置かせていただきたい」


代官を置くとは直轄地チョッカツチにするということ。義昭は「そんなことでいいのか」とあっさり信長の要求を認めます。信長は意外と無欲だなって思ったことでしょう。実は、これこそ信長にとって重要なことだったのです。信長にとって大事なことは天下を取ることです。天下を取るには経済力が必要だということを信長は見抜みぬいてていたのです。

そのためには商業な街を手中に収めることが大事。大津や草津は琵琶湖ビワコ水運の港町で商業も盛んですし、堺は当時の日本最大の貿易港で、流通も盛んでした。日明貿易や南蛮貿易で外国からの船もたくさんやってきます。海外の珍しい商品が市場に出回るようになりました。

フランシスコ・ザビエルは「日本のほとんどの富がここに集まっている」と評すること。

役職をもらって室町幕府に取り込まれるよりも、港町からの莫大ばくだいな税収や貿易で得た利益などを軍資金にして天下を取ろうと思ったのでしょう。いつの時代もお金を握った人間は強いですからね。

2 楽市楽座
革新的かくしんてきな経済政策をとりました。たとえば、永禄11年に出された「楽市楽座」。これで商業の自由を認めたのです。それまで商人は定められた市でしか商売ができなかったのです。しかも市の多くは寺社の境内けいだいや門前に開かれることが多く、商人は寺社に地子銭ジシセンという場所代を払わなくてはならないです。それが自由に商売ができるようになったのです。

また、それまで「座」と呼ばれる商品の独占販売権をもつ同業者組合があって商人は、どこかの座に所属していないの商売ができなかったのです。しかも座を保護している公家や寺社に冥加金ミョウガキンという売上税も払わなくてはいけないのです。それを、信長があらゆる業者が座に所属せずとも自由に商売ができるようにしました。しかも以前よりも安く設定した売上税のみを自社ではなく信長側に支払うように命じました。

最も楽市楽座を初めてやったのは信長ではなく、六角義賢ロッカクヨシタカが最初です。それも信長より20年も早く。言い方は悪いけれど信長は六角氏の政策をパクったのですね。ただ、パクったのではなく時代に合わせて進化させました。とはいえ、信長の楽市楽座で商業は活性化したのは事実。

3 関所の撤廃
 さらに信長は通行税を取り上げる関所の撤廃。これにより商品を自由に流通できるようになりました。関所というと江戸時代を思い出しますが、江戸時代の関所と違い、戦国時代の関所は税関や高速道路のインターチェンジみたいなもの。公家や寺社が自領の荘園しょうえん内を通る道に勝手に関所を設けていたのです。それで通行税を取っていたのです。これは公家や寺社の収入源だったのです。ひどいところでは一里(4辧砲隆屬40ヶ所も関所があったと言います。こりゃ通行人はたまりません。行商人は通行税でとられた分を商品に上乗せしたものだから商品の値段も高くなってしまいます。これでは商売になりません。関所を取っ払ってくれたのだから、通行人や行商人にとっては信長は神様のような存在でしょう。

しかし、それまで市や座、関所の通行税で儲けていた公家や寺社が不満を持つのですね。収入がなくなったのだから。特に寺社の反発は相当大きかったと思います。のちに信長が延暦寺を焼きうちにしたのは、ある意味寺社に対する見せしめでもあるのかも。

また、公家や寺社は荘園を持っていて莫大な税収人があったから武家に対抗できる大きな権力を持っていたのです。それで信長は、楽市楽座や関所撤廃で公家や寺社の経済力をいで武家に対抗できる力を弱めようとしたのですね。信長のこうした政策は経済発展だけでなく、公家や寺社といった勢力の弱体化も進めていたのですね。


※1管領とは将軍を補佐して幕政を統括する役職。
※2 草津と言いましても群馬の草津ではありません。戦の疲れを温泉で癒そうと信長が思ったから草津が欲しかったではありませんw滋賀県の草津です。

DSC_1376

(阿弥陀寺((あみだでら))の入口)

DSC_1378

(阿弥陀寺)

DSC_1377


(阿弥陀寺のいわれが書かれた立て札)



DSC_1379
DSC_1380

(いづれも信長の墓)

今日は本能寺の変にまつわる話を。以前の「歴史秘話ヒストリア」で織田信長(おだのぶなが)の事をやっていました。見ていておどろいたのが、信長が本能寺の変で自害したとき、信長の死体が消えたと言うことです。どうも本能寺から信長の遺体(いたい)をかくした人物がいたようです。

それが京都の阿弥陀寺の清玉上人(せいぎょくじょうにん)。清玉上人は織田家とはゆかりのある人物だそうです。

織田家が支配していた尾張(おわり)の国で清玉上人の母親は産気づいて倒れたのです。

それを助けたのが織田家の人間。しかし、清玉上人の母親は清玉上人を産んですぐに亡くなりました。それをかわいそうに思った織田家の人たちはまだ子どもの清玉上人を大切に育てました。そうして織田家の保護を受けて清玉上人はなんと19才の若さで阿弥陀寺(あみだでら)の住職じゅうしょくになることができました。

清玉上人は織田家に大変な恩義を感じていました。だから、信長の死体が明智光秀(あけちみつひで)の手にわたる前に、信長の死体を運び、阿弥陀寺にてひそかに葬儀そうぎを行ったといわれています。

しばらくして阿弥陀寺に豊臣秀吉(とよとみひでよし)が現れます。秀吉は清玉上人に「この阿弥陀寺にて信長の葬儀をやりたい」と提案しました。しかし、清玉上人は「信長公の葬儀は自分達がささやかながらやりました。改めて信長公の葬儀を行う必要はありません」と秀吉の申し出をつっぱねたのです。


それはダメだと思ったのが清玉上人。仕方なく秀吉は大徳寺にて大々的に信長の葬儀を行いました。

清玉上人は本能寺の変から3年後に亡くなりました。「待ってました」といわんばかりに秀吉は清玉上人の阿弥陀寺を移転させ、しかも阿弥陀寺の敷地しきちを縮小させられました。まさに嫌がらせです。

そのため、阿弥陀寺にお参りする人も減ってしまい寺は困りました。その阿弥陀寺に助けたのがか森家。森家は、信長の小姓こしょうの森蘭丸(もりらんまる)の親族です。森家の援助(えんじょ)のおかげで阿弥陀寺はなんとか維持いじできました。阿弥陀寺には信長のお墓と森蘭丸および親族のお墓があるそうです。

※ 関連記事

<
天海の正体は明智・・・???


※ 阿弥陀寺のアクセス





京都府京都市上京区寺町通今出川上る二丁目鶴山町14

京都駅から地下鉄で出町柳駅下車or市営京都バスで京都河原町今出川下車。徒歩15分〜20分くらい






※ 今回の記事は「歴史秘話ヒストリア」を参考にして書きました

このページのトップヘ