History日誌

へっぽこ歴史好き男子が、日本史、世界史を中心にいろいろ語ります。コミュ障かつメンタル強くないので、お手柔らかにお願いいたします。一応歴史検定二級持ってます(日本史)

タグ:紅葉伝説

長々と紅葉の伝説を書きましたが、紅葉伝説はあくまでも伝説。史実ではありません。紅葉が炎をはいたとか、降魔の短剣こうまのたんけんなんて、まるでドラクエの世界ですものw

しかし、元になった話はあると思われます。紅葉の伝説もそうですが、日本のオニ退治の話はだいたい朝廷ちょうていがつかわした武将がオニをやっつけるプロットになっております。

オニのモデルは、タタラの民と呼ばれる人たちだったり(※1)、あるいは山賊さんぞくだったり、朝廷の言うことを聞かない地方豪族ちほうごうぞくだったり。

もしかすると紅葉一派のモデルも朝廷と戦って敗れたり、あるいは都の勢力争いに敗れた貴族か、地元の豪族ごうぞくかもしれないのです。そうした一派の中には山賊さんぞくになって人々を襲うようになるものたちもいるのです。やっていることは悪いけれど、そうでもしないと一族が食っていけないからでしょう。

そうして山賊さんぞくの身となった者達は、オニの面を付けて旅人達をおどかしていた事もよくあったそうです。

話は変わりますが、信州の安曇野あずみの(※2)に八面大王はちめんだいおうというのがいました。八面大王は地方豪族ごうぞくで、朝廷がムチャなことを要求するので立ち上がった英雄だといわれております。ところが、朝廷に逆らったということで悪者にされてしまったのです。

当時の朝廷は東北地方に軍隊を送り、東北の地を支配しようとしていました。そして、信濃しなのの国つまり長野県は都(今の京都)と東北のちょうど中間地点にあります。東北に軍隊を送る際に、この、信濃しなのを平定し、ここを足がかりに東北に攻め込もうと朝廷は思ったのでしょう。

それで朝廷は、信濃しなのの地方豪族に自分たちに協力するように求めたのですが、中には言うことをきかない豪族ごうぞくもいたと思われます。そうした豪族ごうぞくを朝廷は力でねじふせたと。

しかし言うことを聞かないという、それだけの理由で豪族ごうぞくをやっつけたのもバツが悪いので、その地方豪族ごうぞくをオニの一族よばわりして、あたかも自分たちが悪いオニをやっつけた正義の軍隊だと思わせたのでしょう。イラク戦争のときのアメリカみたいなものでしょうか。あの時もイラクが大量破壊兵器を持っているという理由でアメリカは爆撃をしましたが、結局大量破壊兵器は出てこなかった。


紅葉のお墓は今も鬼無里の地に眠っております。紅葉のおはかのある寺には川端康成かわばたやすなりもおとずれたそうですね。



(松巌寺 の階段)


(紅葉が眠っているお寺 松巌寺 )



(紅葉のお墓)


(紅葉の家臣のお墓)

※1 鉄をつくるなどをして生活をしている人々
※2  今の長野県の穂高ほだかあたり


※ オマケ 

紅葉の伝説は、能の題材にも使われましたし、紅葉伝説がモチーフになった演劇もあります。


また、紅葉の悲劇をしのんで、歌もつくられました。西島三重子さんという人が歌った「鬼無里の道」です。悲しげな歌です。西島三重子さんのヒット曲は「池上線」ですが、あいにく「鬼無里の道」はそれほど知名度の高い曲ではないようです。でも、とてもいい歌だと思いました。

西島三重子 スーパーベスト・コレクション WQCQ-160
西島三重子
ワーナーミュージック・ジャパン
2008-09-26







※ 参考文献


鬼女紅葉伝説のことが書いてあったパンフレット(鬼無里ふるさと資料館でもらったもの)

鬼 (Truth In Fantasy)
鬼 (Truth In Fantasy)









1 信州の暮らし
 紅葉が信州の鬼無里きなさにたどり着いたのが天暦てんりゃく10年(956年)だといわれています。鬼無里での紅葉は、村人の病気やケガを治したり、都の話をしたり、読み書き算数や歌を教えたりしていました。そのため、村人たちは紅葉の事を慕いしたい収穫物しゅうかくぶつをささげたり、紅葉のためにお家をつくってあげたそうです。

しかし、いくら村人が親切にしてくれても紅葉の気持ちは晴れません。「都へ帰りたいのに、帰れない」という紅葉の不満が高まるばかりです。住めば都とはいいますが、紅葉の場合は自分から喜び勇んで鬼無里に来たわけじゃありません。紅葉が京の都を恋しがる気持ちは日に日に高まる一方でした。鬼無里には二条、三条、四条など京都を連想させるような地名がありますが、これは京を恋した紅葉がつけたといわれております。

しかも愛する人と引きはなされた訳ですから。ましてや平安時代は今みたいにネットも新幹線もない時代ですからねえ・・・


2 紅葉の乱心
 都でのはなやかな生活から田舎いなか暮らしをするハメになった事のみじめさ、愛する人と引き離されたことの怒りいかり、「京の都へ帰りたい」という思いから、紅葉の心は次第に乱れていきます。

鬼武(※1)やおまん(※2)といった今でいうヤンキーを集めて、旅人からドロボーをするようになります。

京都に帰るための金を集めるために。

父親が病死するとますます紅葉の悪行はエスカレートして、夜な夜な変装しては、戸隠とがくしや十方の里にまで出かけ、手当たり次第に略奪行為りゃくだつこういを行いました。

一方で、紅葉自身にもうれしいことがありました。男子を出産したのです。この男の子は生き別れた源経基(みなもとのつねもと)と紅葉の間に生まれた子どもです。紅葉は、経基の一文字をとって「経若丸つねわかまる」となづけました。

3 平維茂が立ち向かう
 紅葉のウワサは遠く京の都にも知られるようになりました。「戸隠山の鬼女が京にせめて来るぞ!」と京の人々たちはこわがりました。

鬼女・紅葉退治のために信濃守しなののかみに任命されたのが平維茂たいらのこれもち平維茂は軍を率いて、京から紅葉のいる鬼無里へと向かいました。

その事を知った紅葉は強気でした。紅葉のお母さんは紅葉に「悪いことはやめなさい」といいましたが、聞かん坊の紅葉は母の言葉をスルー。それでは母はどうしたか。なんと、母は、刀を自分のノドに突き刺つきさして自害をしてしまいました・・・死んで娘の悪事をやめさせようとしたのかもしれません・・・

平維茂は大軍を引き連れて紅葉と戦いましたが、紅葉の1妖術ようじゅつに歯が立たず維茂これもちも逃げ帰る有様です。


維茂これもちは紅葉に打ち勝つためには、神様仏様の力にすがるしかないと思い、別所北向観音べっしょきたむきかんのん(現在の長野県上田市にある)に17日間お参りをして必勝祈願ひっしょうきがんをしたそうです。

北向観音きたむきかんのんのお参りをしてから17日目の夜、維茂これもちは夢の中で白いヒゲをはやした品のよい老僧ろうそうが表れました。老僧ろうそう維茂に降魔の短剣こうまのたんけんを授けたと言われています。

夢から覚めた維茂これもちは授かった剣をもって、「これこそ観音様のご加護にちがいない!」と喜び、リベンジをしたのです。

神仏の加護を得た維茂これもち軍が紅葉軍に攻め入りました。紅葉は「飛んで火に入る夏の虫」と妖術ようじゅつを維茂軍にかけました。ところが、紅葉の妖術がまったく利かない。それどころか、紅葉の体がふるえ目がくらみました。

維茂はすかさず降魔の短剣をおうぎにつけ弓につがえて放ちました。すると降魔の剣は肩に突き刺さりました。痛がる紅葉の顔つきはすさまじかったそうです。これで、紅葉もオシマイかと思いきや・・・

これで死なないのが紅葉の凄いところ。なんと紅葉は口から真っ赤な炎を吹いたのです。人間が火を吹くとは。「ストリートファイター供廚離瀬襯轡爐澆燭ぃ

紅葉軍と平維茂の軍がやりあっている内に、空に金色の光がさし紅葉を照らしたそうです。紅葉は、そのまばゆい光にひるみ、そこへ大将維茂がとどめの一刀、紅葉の首をはねたのです。首は空へ飛んで、その首はいづこへと消えうせました。時は安和あんな2年(969年)10月25日、紅葉は33才の生涯しょうがいを閉じました。


それにしても、経若丸はどうなったのでしょうね・・・資料には紅葉死後の経若丸の行く末は書いていなかったのですが・・・

DSC02061

(北向観音)




※1 鬼武とは平将門の家来だったと言われている。平将門の乱(935〜940年)で将門が討ち死にして、家来たちは路頭に迷い、中には山賊になった者もいたのかもしれない。
※2 おまんとは怪力をもった女性で足も速かったといわれている。










 

今日から3回に分けて、信州の鬼無里きなさに伝わる鬼女・紅葉きじょ・くれはの伝説をお話します。鬼女・紅葉の伝説は平安時代中ごろのお話です。藤原道長ふじわらのみちなが紫式部むらさきしきぶらが活躍かつやくするちょっと前でしょうか。


今回のお話の主人公である紅葉くれは(幼少期は呉葉くれはという名前だった)は、基本的には優しいけれど、怒ると鬼のようにコワい女性だったそうです。うちのかみさんみたいだなんて言わないでくださいねw


紅葉くれはの人生は一言で言えば、ジェットコースターのような人生で、気の毒といえば気の毒な人です。それではお話を続けましょう。

福島県の会津に笹丸ささまるという男がいました。笹丸は奥さんと暮らしていましたが、子どもがいませんでした。そこで、笹丸夫妻は第六天魔王だいろくてんまおうに「子供を授けてください!!」ってお願いしたのです。笹丸夫婦のいのりが通じたのか、女の子がうまれました。それは承平7年(937年)のことです。笹丸夫婦はその子を呉葉くれはと名づけました。

呉葉くれはは生まれつき頭がよく、しかも美人だったそうです。成長するに従って、教養もどんどん身に付けていきました。また呉葉くれは妖術ようじゅつの心得もありました。代表的なのは「一人両身の術」。自分と姿も性格もそっくりな分身をつくりだす妖術です。

そんな呉葉くれはに恋をした若者もいました。けれど、呉葉くれはは「一人両身の術」で自分の分身を作り、その分身を若者におし付けてしまったのです。そして、呉葉くれは一家は会津から京の都へ引っこしました。若者はニセモノだとも知らずに、呉葉の分身を可愛がっていたそうです。知らずが身のためですね。

京に引っこしてきた呉葉くれは一家は、名前を変えました。父や母はもちろん、呉葉くれはは紅葉(くれは)と改めました。せっかく、京で暮らすことになったのだから、心機一転で名前も変えようと思ったのかもしれません。紅葉一家京都・四条通りに化粧品けしょうひん髪飾りかみかざりを売る店を開き、親子水入らずで暮らしておりました。そんな紅葉一家に思わぬチャンスがやってきます。

天暦7年(953年)の6月の末に、夕涼みゆうすずみにきた源経基みなもとのつねもとの奥さんが、紅葉をみるなり、紅葉を腰元こしもととしてスカウトします。

腰元となった紅葉は、美人で頭もよいからどんどん出世しました。そして、宮中を取り仕切れるようなオエライさんに出世したのです源経基みなもとのつねもとに愛されて、紅葉は源経基みなもとのつねもと側室そくしつ(※1)になりました。、紅葉のお腹には赤ちゃんができました。まさに紅葉は幸せの絶頂でありました。

しかし、紅葉はだんだん周りの人からけむたがられるようになります。

「側室のくせに、子をつくるなんて」とか「あの、成り上がり女め。私だって経基様が好きなのに」みたいな、カゲ口をたたかれたり、ネチネチとイヤミを言われました。紅葉は頭もよく美人だったから。ましてや源経基みなもとのつねもとに愛されて、子どもをつくったなんて、やっかまれます。人の嫉妬はおそろしいですからね・・・

ある日御台所みだいどころ(※2)が病気になってしまいました。家来達はの病気が良くなるように、祈願きがん,に明け暮れました。やがて、「御台所が病気になったのは紅葉が御台所にのろいをかけたのだ」とウワサされるようになりました。この時代は医学が発達していない時代でしたから、病気の原因を神仏の祟りだとか、誰かの呪いだと思われていたのですね。

だんだんウワサがエスカレートして、「紅葉を殺してしまえ」と言う人間まで出てきました。結局、紅葉は愛する源経基のもとを去り、信州の鬼無里に飛ばされてしまいます・・・

※1 正妻がいる状況で後継者を作るために迎えた女性のこと。織田信長とか徳川家康とか昔のエライ男性は、正妻のほかに、何人か側室がいることが多かった。
※2 正妻のこと。





このページのトップヘ