(よろしければアンケートお願いします)

もう冬ですね。一年の早さを感じます。冬といえば雪。東京ではまだ雪は降っていないけれど、すでに雪が降っているところもあるようで。雪って強くなったり、積もったりしたら嫌だけれど、チラチラと雪が降る光景はロマンチックです。そのため雪は昔から歌の題材にも扱われました。雪をテーマにした歌はたくさんありますが、僕はレミオロメンの『粉雪』だな。ボーカルの藤巻良太さんの歌声にほれぼれします。Aメロの静かにも優しく歌い声からサビのパワフルな歌声。歌の主人公が雪の中を自分の気持ちを大声で叫ぶ光景が浮かびます。生で藤巻さんの『粉雪』聴きたいな。



あと、雪の歌といえば新沼謙治さんの『津軽恋女』も名曲。新沼謙治さんの美声もそうだけれど、曲が実にいいんですよね。歌詞にでてくる、「津軽には七つの雪が降るとか」というくだり。ほんとうに津軽地方に七種類の雪が降るのでしょうか。実はこれは雪の積もり方を言っているのであって、ほんとうに七種類の雪がふるわけじゃないそうです。しかも七つの雪も『津軽恋女』がオリジナルではなく、太宰治の小説『津軽』の冒頭に七つの雪がでてくるのですね。
さらに、その7つの雪も太宰治のオリジナルではなく、「東奥年鑑」に記述されているのですね。七つの雪は、戦前に東北地方の気象台・測候所が積雪の状況を協議して決めたといいます。



こなゆき 湿気ノ少ナイ軽イ雪デ息ヲ吹キカケルト粒子ガ容易ニ飛散スル
つぶゆき 粒状ノ雪(霰ヲ含ム)ノ積モツタモノ
わたゆき 根雪初頭及ビ最盛期ノ表層ニ最モ普通ニ見ラレル綿状ノ積雪デ余リ硬
(以下略)
『東奥年鑑』(昭和16)より


それが太宰治の小説、それから『津軽恋女』へと使われているのです。



という具合。


※ 参考サイト
https://www.data.jma.go.jp/aomori/pub-relations/pdf/yuki/yuki2022_03b.pdf