history日誌

へっぽこ歴史好き男子が、日本史、世界史を中心にいろいろ語ります。コミュ障かつメンタル強くないので、お手柔らかにお願いいたします。一応歴史検定二級持ってます(日本史)

タグ:あきる野市

http://blog.livedoor.jp/seimei1128-rekishi/archives/1935267.html
(五日市憲法 その1)


http://ehatov1896-rekishi.doorblog.jp/archives/2248461.html
(五日市憲法 その2

http://blog.livedoor.jp/seimei1128-rekishi/archives/1936039.html
(五日市憲法 その3)


今日で、五日市憲法のお話はおしまいです。千葉卓三郎(ちばたくさぶろう)や深沢権八(ふかざわごんぱち)が中心になってつくられた五日市憲法が、どのような内容だったかについてまとめておきます。

天皇陛下てんのうへいかこそエライ」という感じだったようです。

欧米諸国おうべいしょこくの人権や政治システムに深い感銘かんめいを受けている千葉たちですが、それでも五日市憲法は「主権は天皇にある」と書かれています。千葉ら民権家たちは、「悪いのは薩長藩閥さっちょうはんばつであり、天皇陛下は悪くないんだ!と思っていたからでしょうか?

五日市憲法には国帝こくてい(天皇)は、刑事裁判けいじさいばんをやり直す権利がある」とか、「天皇は、軍隊に対する統帥権とうすいけんと、外国に対する外交権をもつ」と書かれています。

天皇は三権分立から独立していて、国会の決議に対する拒否権きょひけん、裁判にも口出しをすることも、軍隊を動かすことも、外交も自由だということでしょう。国会で決めた事も、天皇陛下が「イヤだ」といえば、その案件はボツにしていいと。


五日市憲法には国会は二院制にすべきとも書かれています。今の日本も二院制ですが、五日市憲法の場合はとちがいます。

五日市憲法では民選議員と元老院の二つから成り立つと書かれています。民選議員では選挙で選ばれる議員さんですが、元老院は天皇が議員を選び定員40名、しかも定年なしです。また、先ほど天皇は国会の決議を「イヤだ」という権利があると書きましたが、国会も天皇や総理大臣が人権を侵害しんがいするようなひどいことを言ったら、「え、それはちがうんじゃないの?」って助言をしたり、修正を加えたりする権利も五日市憲法に盛りこまれています。たとえば、天皇や総理大臣が生類哀れみの令しょうるいあわれみのれいを復活させようとしたら、国会はノーということもできると。

五日市憲法草案に書かれた国会のあり方は、明治憲法とさほど変わらないのですが、少なくとも人権については進歩的です。


「人間は生まれながらにして自由で平等であり、これは後から人間(権力)が法をつくって差別・抑圧よくあつしようとしても侵す事は出来ない」というのが、五日市憲法の基本的なスタンスだそうです。

また、「大日本帝国憲法」では「国民」という言葉は使われておらず、「臣民しんみん」(※1)と書かれていますが、五日市憲法では「国民」という言葉が用いられております。


国会などの政治機構に対する考え方はウヨ的だが、人権に対する考え方は左というのが五日市憲法草案の特徴とくちょうのようですね。だから、五日市憲法草案は、「進んだ人権保障、おくれた統治機構」と批判される事もあるようです。

しかし、20〜30代の若者が国家のあり方を心配し、自分なりに憲法を考えて、行動を起こそうとした姿勢はすごいなと思いました。

※1 天皇につかえる者


※ オマケ


五日市を舞台ぶたいにした映画もあるみたいですね。



(『五日市物語』の予告編

五日市物語 [DVD]
遠藤久美子
ビクターエンタテインメント
2012-06-08




※ 参考文献

「郷土あれこれ」(あきる野市の教育委員会が発行しているパンフレッド)

http://ehatov1896-rekishi.doorblog.jp/archives/2248461.html
↑ 前回の内容

今日は、五日市憲法いつかいちけんぽう作成に大きく関わった深沢権八(ふかざわごんぱち)のお話を。

深沢権八はとっても頭がよく、15さいで深沢村(※1)の村長になった人です。15歳で村長とはすごいですね〜。


深沢権八の父親も深沢村の実力者で、前回の記事にも登場した千葉卓三郎(ちばたくさぶろう)のパトロンでした。深沢権八は、千葉卓三郎とともに五日市憲法作成にかかわりました。また、深沢権八は千葉に大変なシンパシーをいだいていました。

千葉卓三郎が31歳の若さで亡くなった後も、深沢権八は民権運動を続け、明治17年8月25日には板垣退助(いたがきたいすけ)を東京の青梅おうめまねいて自由党の懇親会こんだんかいを開きました。その懇親会には200名ほど集まったそうです。明治18年1月に国会開設期限短縮建白書こっかいかいせつきげんたんしゅくけんぱくしょ元老院げんろういんに提出、さらには明治23年には29歳の若さで神奈川県会議員になります。深沢権八はやり手だったみたいですね。

しかし、深沢権八は議員になってまもなく、29歳の若さで亡くなってしまいます・・・

また、権八には”かね”という妻と、二人の娘がいました。

深沢権八はノートを書きとめていました。そこには本や新聞、雑誌の切りぬきや自分の考えが書かれていました。彼のノートからは、日本も欧米おうべいの様に人権を守るべきだという主張が読み取れるそうです。リベラリストだったようですね。

その一方で、国家主義者とまではいきませんが、日本が諸外国に負けないような強い国になってほしいとも願っていたようです。

たとえば、「明治20年に蚕糸(さんし)の産額(さんがく)が大きくびた」と自分のノートに赤い字で書かれているそうです。

蚕糸といえば、深沢家は専用の蚕室さんしつ(※2)があり、養蚕で結構もうけていたのです。それにもかかわらず、権八にとってうれしかったのは、自分の家が養蚕でもうかったことよりも、日本の主要産業である蚕糸が伸びたことだったようです。

ところで、深沢権八は、新聞のある記事に注目し、その記事を自分のノートにせていました。それは、京都府庁で大量の人員整理にあい、クビになった元職員が再就職の紹介しょうかいを知事にたのんだが、知事は「ダメだよ」といって断った事件です。

さらに記事に載っている知事のコメントを権八はノートに書き写していました。それは



ムシ餓死ガシスルモ依頼心イライシンヲ起コシ人二頼テ事ヲサント思ナカレ、コノ一言ヲ記憶キオクセバ紹介ショウカイヲ待タズシテ立身リッシンスルベシ」。 


これは宇宙語ではありませんwむずかしい言い回しですが日本語です。ようするに「人にたよるな!自分で何とかしろ!」ということです。

しかし、自分で何とかしろとは言っても、当時は松方デフレの真っ只中まっただなか不況ふきょうで、人々は苦しんでいる状況でした。リストラされた元職員達も、はじをしのんで、知事に「ここで働かせてください」と頼んだのでしょう。生活のため、家族のため。

さて、深沢権八は、この知事の言葉についてどの様に思ったのでしょうか。自分のノートに書き写したくらいですから、権八にとって何か思う事があったと思われます。

DSC_2131

深沢屋敷ふかざわやしきの入口)


DSC_2132

(五日市憲法が出てきたといわれる深沢屋敷の蔵)


DSC02137

(深沢屋敷の説明文)



DSC_2133

(かつての深沢家の母屋。この母屋は小金井市の某会社に買い取られ、建物ごと移築したという)

DSC02142

深沢屋敷ふかざわやしきのおとなりにあるお寺)

DSC02144

(同じく、深沢屋敷のおとなりにあるお寺)


次回は、五日市憲法の内容について語りたいと思います。(↓)

http://blog.livedoor.jp/seimei1128-rekishi/archives/1936787.html




※1 現在の東京都あきる野市深沢あたり
※2  蚕(かいこ)を飼う部屋。

今日から、4回にわたって五日市憲法いつかいちけんぽうのお話をします。
五日市憲法とは、東京の五日市(※1)の民権家みんけんかたちがつくった憲法草案けんぽうそうあん(憲法の下書き、原案)のことです。今日は憲法のお話を続けましょう。




続きを読む

このページのトップヘ