History日誌

へっぽこ歴史好き男子が、日本史、世界史を中心にいろいろ語ります。コミュ障かつメンタル強くないので、お手柔らかにお願いいたします。一応歴史検定二級持ってます(日本史)

カテゴリ: 平成と令和

今日は地震兵器について。僕は自然科学の話は疎いのですが、頑張って語ります。僕は地震兵器の話を聞くたびに、「え❓そんなことあるの❓」って思うのですね。大体、地震というものは地下深いところで起こるもの。そんな深いところに人間がやってきて、兵器を仕掛けることができるのかって。また、地震はプレートの運動だと言われておりますが、プレートって言ってもすごく厚いのですよね。プレートもいろいろあって厚さとか大きさは違いがあるが、大体海洋プレートで約80km、大陸プレートで約150kmだそうです。すごいですね。そんな巨大なものを人間の力で動かことができるのかって。僕は疑問に思うのですが。もし、そのような兵器があるのなら、実物を見せてくれと言いたいですね、実物を見せてくれたら信じます。

でも地震兵器は度々ウワサになるのですね。東日本大震災の時もウワサになりました。人間って、ありえない話だと逆に「ひょっとすると、ひょっとして」って信じてしまう心理があるのですね。

2022年の3月16日に福島県沖で、マグニチュード7.4の大きな地震がありました。その際もSNSで「地震兵器だった」とウワサになったのです。前触れもなくいきなりドスンと大きな地震が来るのは地震兵器だと。いきなりドスンと大きな地震が来ることは、これまでの地震の歴史を振り返って見ても、とりわけ珍しい話ではありません。震源地が近いといきなりドスンという地震がきます。

ともかく地震兵器のウワサが広まったのです。地下深くに核爆発を起こし、地震を起こしていると。それで地震兵器のことで槍玉に上がったのは「ちきゅう」という地球深部探査船。「ちきゅう」がプレート地点に核兵器を設置し、爆発させて巨大地震を誘発させたというのです。が、それはあり得ない話なんですね、「ちきゅう」のドリルパイプの直径は14センチしかなく、核兵器を設置することは不可能です。また「ちきゅう」の最大掘削深度も7500m。震源の深さはピンキリですが、先の福島沖の震源の深さは57キロだそうです。とても届きませんね。阪神淡路大震災の時も東日本大震災の時も地震兵器というウワサが経ちましたが、阪神淡路の方は震源の深さ16キロ。東日本大震災の時も24キロ。24キロの深さに達すると、温度は数百度を超えるため、掘削はほぼ不可能だそうです。逆にドリルパイプが溶けそうですね。

というか、「ちきゅう」は地震発生のメカニズムや地球の歴史などを研究するために造られた船ですから、地震を起こして我々をパニックにさせるようなことはまずないでしょう。「ちきゅう」の乗組員さんや研究者さんたちは誇りを持って仕事をしているわけで。



地震兵器のことがウワサされるようになったのは、最近の話ではありません。古くは大正時代、関東大震災の時。「西洋で地震を起こす機械を発明」というデマを真に受けた人々が警察署に駆け込んだなんて話もあったくらい。また1944年12月7日に発生した昭和東南海地震もアメリカが起こした地震だと言われております。昭和東南海地震ではB-29から投下された宣伝ビラに毛筆で「地震の次は何をお見舞いしましょうか」と書かれていた、という証言もあったようです。が、そんなビラが本当にあったのかどうか疑わしいし、仮にそんなビラがあったとしても、日本の戦意を挫くためのアメリカが仕掛けたハッタリだと思います。「アメリカは地震を起こす兵器だって作れちゃんだぞ、さあ、降伏しろよ」みたいな。

ちなみに人工的に地震を起こすことは可能です。地震体験車❓いやいやw、代表的なのは土木工事やダイナマイト使用による揺れ。1984年には東京都、神奈川、東工大の三者が実験で人工的に地震を起こしたそうです。それで地震を起こしたら、想定では震度1程度にする予定だったのが地盤が弱くて震度4ないし5の地震になり、新幹線のダイヤが乱れてしまったほど。しかし、ダイナマイトで起こした地震のエネルギー量は最大規模でもマグニチュード3・2程度。これは熊本地震などマグニチュード7クラスの地震のわずか1000000分の1程度。それに人工的に地震を起こした地点から近いところだと揺れを感じますが、1キロ、2キロ震源から離れただけでも、微弱な揺れしか感じないのです。それ以上離れた地点では揺れを全く感じないでしょうね。人工地震では遠く離れた地点まで揺らすことができないのですね。ところが、これまで人工地震と噂された地震は全て震源から遠く離れた地点でも揺れました。東日本大震災なんて震源からうんと離れた東京ですら、電信柱が揺れるほどの大きな揺れでしたもの。あの時、自然の脅威をマジで感じましたよ、僕は。



ただ、人工的に大きな地震を起こすのは全く不可能ではないのです。冷戦時代に核軍縮で核爆弾を始末する時、余った核弾頭をたくさん集めて一気に爆発させる実験をおこなったそうです。それで最大のマグニチュードが7クラス。結構大きいですね。ただその時は何十メガトンというものすごい量の核爆弾を集めて爆発させた結果。一発や二発程度の核爆弾ではマグニチュード7くらいの大きな地震はおこせません。実際、そんな規模の量の核爆弾を一度に集めるのは非常に大変なんですね。現実的な話ではありません。

選挙が近くなり、選挙カーをあちこち見かけるようになりました。日頃から熱心に駅前で演説をしている議員さんも、普段は演説やらない議員さんも、どちらも頑張っています。僕が見たところ、普段演説をやらない人ほど一生懸命頑張っている感じがするw、そりゃ「“あの人は選挙の時だけお願いします“だから」なんて思われたくないから。いい方は悪いが、選挙は議員さんの就活みたいなものですからね。

さて、世襲議員はとりわけ悪く言われます。苦労を知らないからだとか、無能だとか、ひ弱だとか、庶民の気持ちがわからないとか。戦後まもない頃の議員さんは生粋の叩き上げが多く、そうした人たちが日本を立て直したと言っても過言ではありません。昔の議員さんは本当に迫力というか威厳がありました。田中角栄元総理にせよ、岸信介元総理にせよ、後藤田正晴さんにせよ、すごかった。国会議員どころか市議クラスですら、威厳というか、古武士のような風格が感じられる人が多かった。また苦労をしているせいか人の気持ちがわかる面もあった。実は僕の親戚にも市議さんがいたのですが、気さくでいい感じの人でした。でも、人生の甘いも酸いも知っている苦労人で人の気持ちがわかる人でした。

野中広務さんも、ネットとかでメッチャ叩かれているが、よくも悪くも迫力を感じる人でした。また苦労人だけあって、弱者にも目を向けている面もあった。野中さんの著作もよませてもらいました。彼はネットでは売国奴と叩かれているけれど、日本のことを彼なりに一生懸命考えていたんだなって思いましたよ。議員を引退してから、野中さんは、地元を散歩することを日課としていたそうです。そして公園のホームレスと会話していたのだそうです。ある日、あるホームレスに説教をした後、ホームレスにポケットマネーを渡したと言います。「その日から公園にきていない。やっと故郷に帰ったんだろう」と、自分のことのように喜んだとか。

さて、世襲議員についてですが、これは一概に悪いとは僕は思いません。元自民党の大物議員だった古賀誠さんは「親に勝る政治家もいる」と言ったほど。歴史上、藤原不比等、武田信玄、織田信長、北条氏康etc、江戸時代の徳川家光はもちろん、徳川吉宗だって世襲と言えば世襲。さらに大正や昭和に活躍した牧野伸顕は大久保利通の子。牧野の娘の夫が吉田茂。吉田茂も世襲議員みたいなものですね。世襲が悪いわけじゃないです。

ただ、古賀誠さんは世襲議員を一概に悪いとは思わないが、近年の世襲議員は「故郷をもっていない」とおっしゃっております。「世襲議員というのは、大体、都会の生まれ(とりわけ東京生まれ)が多く、郷土の土とか、郷土の風を知らない、おじいちゃんや父ちゃんの地盤があって、本人はそこの土と水で育っていない」と古賀さんおっしゃるのです。例えば、公共事業って何かと叩かれるけれど、あれも地方を活性化させる一環なのですね。河川を整備しなければ、増水や氾濫で災害に遭う。道路もなければ救急車も間に合わない。まさに命に関わる問題ですよね。僕も日本の各地をちょくちょく旅行に行くけれど、荒れ果てた田畑や地方のシャッター街とか見るたびに、地元の政治家は何やっているんだって思いますもの。

実際、世襲議員の評判は地元では良くないんですよ。タクシーの運ちゃんとか地元の人に、その世襲議員の名前を出したら急に不機嫌になったっけ。「地元に帰るのは選挙くらいで何もしない」とか「親父は立派だが、子供はダメだね」って。世襲議員が全て悪いとは言えないが、古賀さんの指摘は間違っていないかもしれない。李登輝元総統も同じこと言ってたなあ。「日本の政治家は東京しか見ていない」って。つまり、東京の生まれのためにどうしても東京を視点にして日本を見るところがあると。東京がどんどん発展する一方で他の都市や地方が疲弊していく。そんな状況が続いているのです。


※1『安倍三代』(青木理著 P174)

*参考文献及び参考サイト

安倍三代 (朝日文庫)
青木 理
朝日新聞出版
2019-04-05



https://diamond.jp/articles/-/249108?page=4

よくネットで後藤田正晴さんが、生前に安倍晋三元首相を批判し、「安倍晋三だけは総理にしちゃいかん」といったと拡散されておりますが、結論から言えば、

そんなことは一切言っていません。ガセネタです。

後藤田さんが批判したのは菅直人元首相。後藤田さんは生前、「菅だけは絶対に総理にしてはいかん」「あれは運動家だから統治ということはわからない。あれを総理にしたら日本は滅びるで」とおっしゃっていたそうです。つまり、ネットでは菅直人さんのところを安倍晋三さんに変えられて、後藤田さんが「安倍だけは総理にするな」と言っていると広まってしまったのですね。



後藤田さんが安倍元総理のことをどう思っていたのか知りませんが、安倍元総理の祖父である岸信介のことは、その能力を高く評価しておりました。ただ、戦争に対する反省がないという点は残念だったと。また、後藤田さんは、「岸さんの立場になれば言い分はあるだろうな」としながらも、個人的には元戦犯容疑者が日本の首班になることに対しては疑問があったとのこと。

安倍晋三元総理を批判したのは、後藤田正晴さんではなく、父親の安倍晋太郎さんだとネットで言われております。安倍晋太郎はかつて晋三さんに「お前には政治家として最も大事な情がない」と言ったとか。まるで実の息子を政治家としてではなく、人間的にも嫌うような言い方ですね。ただ、こちらも本当かどうかはわからないです。安倍晋太郎は放任主義で、無理をして政治家になる必要はないし、好きなことをやった方がいいという考え方だったそうです。ある時安倍さんが政治家になりたいと言い出して、それで安倍晋太郎さんが安倍晋三さんに「政治家になりたいなら秘書官になれ」といったとか。





*参考文献
安倍三代 (朝日文庫)
青木 理
朝日新聞出版
2019-04-05



「安倍晋三」大研究
望月衣塑子&特別取材班
ベストセラーズ
2019-05-26



1 静かになった電車 騒がしくなった街
 近年、暴行事件が芸能界でもスポーツ界でも話題になりますね。昭和や平成の初期なら特に問題にならなかったことが、今問題になっているのですね。会社でもパワハラやセクハラが問題視されていますが、それまでの昭和のやり方が現代社会に合わなくなっているのでしょう。昭和は良くも悪くも、ゆるい時代でした。それがいい面でもあり、悪い面でもあったのですが。

ここ20年で変わったといえば、通勤電車。20年くらい前は、電車の中で怒鳴り声をたびたび聞いたり、喧嘩ケンカの光景もよく見かけました。前にどこかのリーマンがカバンで相手を思いっきりひっぱだいている光景を見かけ僕もびっくりしましたっけ。ケンカの原因は、新聞があたったと言うのは序の口で、ひどい時は目があっただけで喧嘩なんてこともありました。ひどい時は一週間に一回はケンカの光景を見かける有様。ケンカが原因で電車が止まることもしばしばでした。今はコロナ禍なのでしょうが以前ほど喧嘩を見かけません。

とはいえ、そういうケンカがなくなったわけじゃないのです。この間、バスに乗っていたら、外から怒鳴り声が聞こえたのですね。窓から覗いていたら、道で60代後半くらいのおじさんが、すれ違い様に怒鳴り合っているのですね。おそらく、「邪魔だ、どけ!」って感じでしょう。あと、駅でも60歳くらいのおじさんが高校生に怒鳴っていました。何が原因か全く不明。その光景を、ベンチに座っていた80歳くらいの女性2人が「最近、お年寄りが怒りっぽくなりましたね」って呆れてました。若い人よりいまは中高年の方がお元気みたいです。

2 乱闘が無くなった
 変わったといえば野球の世界も変わりましたね。昔は乱闘ラントウがよくあったけれど、最近はほとんど見かけません。今じゃ自チームだけでなく、敵のチームの選手とも仲がよくsnsで交流をするような時代ですからね。そんな和気あいあいとした雰囲気ふんいきじゃ、そりゃあ中田翔選手は浮いちゃいますね。時代の流れですね。

でも、昔は中田選手みたいな人、そんなに珍しいタイプではなかった。今より血の気が多い選手が多く、武勇伝も数多くあり良くも悪くも面白い時代でした。

星野仙一さんなんて典型でした。選手の顔が変わるくらい殴ったとか。今なら大騒ぎになりますね。あと、乱闘といえば、星野さん。一期目の中日監督時代(1987〜1991)の動画を見て、驚きましたよ。星野さんがマジでこわいのw星野さんが怖いのは前から知っていたけれど、まさかこれほどとは。画面でも伝わってきますもの。星野さんがイライラしていて、椅子イスをトントン叩いている。それで選手はおろか、コーチさえ「触らぬ神にタタリなし」みたいな感じで星野さんに近づかず、目線すら合わせない。普通、誰かしらコーチが監督のとなりにいるものなのですが。

唯一、落合博満さんだけが星野さんのとなりに座るのです。とは言っても落合さんは星野さんと一切会話をしない。これは、落合さんが星野さんをしたってっているとうより、選手たちが不要に怒られないように自らがたてになっていたのですね。星野さんは、怒っても大丈夫そうなタフな人しか叱らなかったと言いますが、僕が中日の選手だったら、あのピリピリした雰囲気だけでめまいがします。

3 荒くれ者を抑えるには
逆にいえば、そのくらいやらないとチームがまとまらなかったのかもしれない。中日は昔から野武士集団と言われ、荒くれ者が多かったのですね。

例えば、一塁から走塁をしようチョロチョロとしているチームメイトに目がけバットを投げつける選手も、かつて中日にいました。要するに、自分のバッティングに集中できないから走塁でチョロチョロするなと。今だったらSNSで叩かれますね。

80年代の中日にもベンチに乱闘要員がひかえていて、乱闘になると真っ先に飛び出すの。今、そんな人いませんよね。というか今時のおとなしい監督さんじゃ舐められてしまいますね。

荒くれ者を抑えるには、同じくらいの荒くれ者を重しにすると良いと言います。星野さんだからこそ、まとめられたのでしょう。

もっとも昔は中日に限らず荒くれ者が多かったし、監督は星野さんに限らず厳しい監督が多く鉄拳制裁テッケンセイサイが当たり前の時代だったのですが。

その星野さんが楽天に来た時にはすっかり好々爺コウコウヤになっていて、「今の選手はあんまり怒ると落ち込む。時代に合わせないとな」なんておっしゃっていた時は我が耳を疑いましたね。もちろん、楽天時代の星野さんはモノに当たっていたと言いますし、厳しい監督だったことは確かなのですが。それでも、中日時代(初期)と比べるとコーチも星野さんと会話していたし、中日時代よりずっと近寄りやすい雰囲気。人間って変わるものだなって。驚きました。というか、選手の質が変わったのも多々あるのでは。

4 よくもわるくも昔は元気だった
 実は僕はボランティアをやっていて、結構色々な年齢の人とご一緒するのですが、60歳くらいの男性が自分が高校の時、よその高校まで集団でなぐり込みに行ったという武勇伝ブユウデンを語られていました。

武勇伝といえば、僕の母校もそんな話がありました。僕の時代にも不良はいたけれど、よその学校まで集団で殴り込みに行ったなんて話はありませんでした。でも、僕の10歳くらい先輩の代だと、他校との喧嘩は当たり前だったと言います。さらに、後輩は朝早くに学校に来て、最寄駅モヨリエキから校門までずらっと並んで、先輩たちを「押忍オス!」って出迎えたなんて話もあったとか。まさにリアル男塾。そんな時代があったんだって、びっくりしましたよ。

それから僕より10歳後輩たちの情報もネットで知ったのですが、すっかりおとなしくなって、へたすりゃ引きこもりの一歩手前の生徒も珍しくないと。僕の時代にもそんな子はクラスに1人か2人くらいだったのに。同じ学校なのに、こんなに生徒の質も変わるのだなって。世代の違いってあるのだなって。

喧嘩もそうですが、学生運動や労働争議もすごかったですね。学生運動の動画も見せてもらったのですが、本当に日本かよって思いましたもの。学生が火炎瓶カエンビンを持って暴れているのですよ。青春時代に学生運動やら喧嘩やらやっていた人からしたら、今の若い子を見るとて歯痒はがゆくて仕方がないだろうなって。逆に今の若い子からしたら、そういう大人がけむたいだろうなって。

ジェネレーションギャップを埋めるのはなかなか難しいようで。





沖縄オキナワサミットが開催されたのが2000年。早いものですね。あれから20年以上もたつのか。沖縄サミットも昨日の出来事かと思っていたけれど、歴史の教科書にのるような話になったのですね。実は、開催地が沖縄にすんなり決まったわけではなかったのです。2000年のサミット会場は札幌サッポロ千葉、横浜、福岡などが名乗りをあげ、沖縄は一番不利だったのです。それが逆転したのは、沖縄サミットを決めた小渕恵三元総理の英断だったのです。それは1999年4月のことでした。ある新聞は「久々に政治をみた」と評価しました。小渕元総理も沖縄サミットが決まった際「沖縄の長い歴史の痛み」と言及されたとか。

沖縄サミットの際、テーマソングを小室哲哉さんにつくってほしいとお願いしたのが、小渕元総理でした。また、小渕元総理は「ぜひ安室奈美恵さんに歌ってもらいたい」という注文も同時に入れたといいます。安室さんは沖縄のご出身。この上ない人選だと思われます。


閑話休題、安室奈美恵さんといえば、浜崎あゆみさんや宇多田ヒカルさんと並び90年代を代表する歌姫です。「Don't wanna cry」とか「CAN YOU CELEBRATE」とか。また、彼女は歌だけでなくファッションセンスも抜群で、彼女の影響を受けた少女たちは「アムラー」とよばれました。


その後、楽曲は完成したが小渕元総理が急に亡くなられたことを受け、明るかった曲調をこの楽曲の曲調に変え、作り直したといいます。どうりで、この曲はどこか悲し気な感じがすると思いましたね。この曲は沖縄サミットを祝う曲でもありますが、小渕元総理への追悼ツイトウの意味も込められているのかなと思いました。そして、この曲は沖縄サミット本番でも歌われました。

あと、沖縄サミットといえば2000円札も発行されました。守礼門の絵がプリントされているやつですね。2000円札を作ろうと考えたもの小渕元総理です。でも、最近2000円札ってみませんね。僕も前に持っていましたが。ちなみに2000円札は今も使えるそうです。でも、今の若い子は2000円札わかるかなあ?たとえば客がコンビニに行って2000円札を若い店員さんに渡したら、若い店員さんが目を白黒させて、偽札じゃないのという目で客をみるなんて光景もこの先あるかもしれない???

小渕元総理が亡くなったので、沖縄サミットには後継の森喜朗元総理が出席されました。アメリカからはクリントン元大統領が、イギリスからはブレア元首相が出席しました。ロシアからはプーチン大統領が出席しました。各国の首脳たちが変わっていく中で、いまだに権力を握り続けているプーチンは恐ろしいなと改めて思います。

サミットに出席した首脳たちは以下の通り。


日本         森喜朗(議長・日本国内閣総理大臣)
フランス       ジャック・シラク(フランス共和国大統領)
アメリカ合衆国    ビル・クリントン(アメリカ合衆国大統領)
イギリス       トニー・ブレア(イギリス首相)
ドイツ        ゲアハルト・シュレーダー(ドイツ連邦首相)
イタリア       ジュリアーノ・アマート(イタリア首相)
カナダ        ジャン・クレティエン(カナダ首相)
ロシア        ウラジーミル・プーチン(ロシア連邦大統領)
欧州連合      ロマーノ・プローディ(欧州委員会委員長)


沖縄は基地の問題とか色々抱えておりましたが、サミットの主な議題は「IT革命」でした。今では当たり前の「IT」ですが、2000年当時はまだ「IT」もまだまだ普及したばかりだったのですね。だから「IT」を「いっと」と読み間違えちゃいますよねw


それから、各国首脳に贈答用として琉球リカちゃんの別注モデルサミットリカちゃんがそれぞれに贈られたといいます。たいていは伝統玩具が贈られるようですね。日本であれば駒だとか、羽子板だとか、凧だとかそんなところでしょうか。しかし、そうではなく、リカちゃん人形のような商用玩具が贈られるのは異例の事だったといいます。




※ この記事はウィキペディアを参考にして書きました。

このページのトップヘ