History日誌

へっぽこ歴史好き男子が、日本史、世界史を中心にいろいろ語ります。コミュ障かつメンタル強くないので、お手柔らかにお願いいたします。一応歴史検定二級持ってます(日本史)

カテゴリ: ヨーロッパの歴史

「ジェノサイド」という言葉。大量虐殺の意味ですが、この言葉は古くからある言葉ではありません。ギリシャ語の 「geno(ジェノ)」(種族)とラテン語 の「cide(サイド)」(殺戮)の合成語なんですね。この言葉を考えたのは、ユダヤ系ポーランド人の法律家ラファエル・レムキン。レムキンが「ジェノサイド」という言葉を思いついたのは1941年8月、ウィンストン・チャーチルのBBC放送演説における「われわれは名前の無い犯罪に直面している」という言葉によると言われております。その名前のない犯罪とはナチスドイツによるユダヤ人虐殺のこと。

戦後、ドイツのニュルンベルク裁判(1945年)で、この言葉が使われました。ナチス幹部が「人道に対する罪」で告発され、 「ジェノサイド」という言葉も起訴状に盛り込まれたのですね。

1948年12月9日、レムキンのたゆまぬ努力もあって、国際連合は、ジェノサイド犯罪の防止と処罰に関する条約を採択したのですね。 それも国連の満場一致で。この条約により「ジェノサイド」は国際犯罪と定められ、締約国は「防止と処罰を行う義務」を負うことになったのです。ジェノサイドが行われた国に、締結国はジェノサイドが行われた国や地域で、虐殺をおこなっている当事者に「そんなことはやめようぜ」って介入する義務があるのですね。こうした条約が結ばれたのは戦前のユダヤ人虐殺の苦い経験があったのですね。

実はユダヤ人がナチスによって虐殺されているという報道は戦前からされていたのです。にもかかわらず、ほとんどの国は黙認し、ナチスの蛮行を止められなかった苦い経験が。戦時中、ヤン・カルスキというユダヤ人収容所に潜入した人物がいたのですが、彼はわざわざアメリカの大統領ルーズベルトに会ったのに、ユダヤ人虐殺の話はロクに聞いてもらえず、ルーズベルトがいった言葉が「我々(連合国)は戦争に勝つ」だけ。つまり連合国にとって戦争に勝つことが大事で、ユダヤ人が殺されようが、なんだろうか関係ねえって態度だったのですね。

また、広島、長崎の原爆もジェノサイドですよね。アメリカのジャーナリストのジョン・ハーシーはこう書いております。

アメリカに対し、何者にも消し難い恨みを抱き続けていく。ある医師がいった。『ちょうど今、東京で裁判をやっています。原子爆弾の使用を決定した連中をあの裁判にかけて、みんな絞首刑にすべきではないか』って」



にもかかわらず、東京裁判では戦勝国の都合のみで、原爆を落としたアメリカには罪に問われることがなかったのは歴史が証明する通り。それどころか、戦争を終わらせるためには原爆投下が必要だったという理屈がアメリカでまかり通っているのですね。ひどい話です。

こうした戦時中のジェノサイドを防止しようと決めたのがジェノサイド防止条約なのですが、戦後になっても、中国とか台湾、カンボジア、イラクなど世界の各地でジェノサイドが行われました。そして、今日取り上げるのは1994年に起こったルワンダ虐殺。


ルワンダ逆殺の始まりは、アフリカ中央部にあるルワンダにおいて、1990年から1994年にかけ、フツ族中心の政府軍、ツチ族のルワンダ愛国戦線 との間で内戦があったのですね。いわゆる民族紛争ですね。ルワンダにおいて、フツ族は多数派、ツチ族は少数派だったのです。それが激しい対立になったのですね。そして1994年の4月7日から虐殺が始まったのですね。フツ族の民兵が中心になってツチ族及び穏健派のフツ族に対して虐殺をおこなったのです。

ツチ族とフツ族の対立の歴史は1990年代にいきなり始まった訳ではありません。ことの発端は植民地時代からさかのぼります。19世紀末からドイツがルワンダ一帯を支配し、第二次世界大戦後にはベルギーの支配下に置かれたました。。元々フツ族とツチ族は同一の由来があったのに、ベルギー植民地時代に完全に異なった人種として扱われていたのですね。そしてフツ族とツチ族の格差が広がり、双方の不満がどんどん高まっていったのです。

しかし、植民地支配末期の1959年頃から、フツ族の暴力を伴う反乱が各地で起こるようになり、とうとう1961年に革命が起きました。そして、1962年にルワンダ共和国として植民地支配からの独立を果たしました

そして、ベルギー植民地時代の末期の1959年頃から、フツ族の暴力を伴う反乱が各地で起こるようになり、とうとう1961年に革命が起き、1962年にルワンダ共和国として独立。独立したのはよいものの、ルワンダ国内の様々な矛盾が浮き彫りになったのですね。1980年代後半の経済状況悪化による若者の失業率増加、人口の増加による土地をめぐっての対立、食料の不足、1990年代初頭のハビャリマナ大統領(フツ族)によるツチ敵視の政策によってますます対立が深まったのですね。1994年4月6日にハビャリマナが突然暗殺されると、重石が取れてしまったのですね。実際、ハビャリマナは独裁政権をしき、ツチ族を敵視していたものの1993年には和平交渉するなど努力もしていたので。

そして大統領暗殺翌日の、1994年の4月7日から始まったジェノサイドは100日にも及び、その間に80万人も虐殺されたと言います。

実はルワンダ虐殺が起こる数ヶ月前から、国連はPKO部隊を派遣しました。しかし、派遣したものの、混乱は治らず、虐殺はひどくなるばかり。虐殺が起こる前から危険を察知していたにもかかわらず。ただ、彼らは手を拱いて傍観するしかなかったのです。これじゃ、PKOがいても無駄ということで、次第にPKO部隊の数も縮小していったのです。特にアメリカは、ルワンダの出来事はアメリカの国益とは無関係ということで、ルワンダの治安安定に消極的だったのです。PKO部隊長だったロメオ・ダレールはこう嘆きます。

私たちはジェノサイドを防ぐことができただろうか。端的に言えばイエスだ。何らかの対応をすべきだということについては、ほとんどの国家は同意していたが、どの国もこの問題に対してすべき国家は自国ではないという言い訳をしていた。本当のところ、このルワンダ人の物語は危機にさらされた人々の助けを求める声に耳を傾けることのできなかった人類の失敗の物語である



結局、1998年にルワンダ虐殺の当事者たちは裁判にかけられ、有罪判決も出ました。終身刑となって今も服役中のものもいます。その後、ルワンダは経済発展を遂げ、アフリカの軌跡とまで言われるようにになりました。虐殺が起こった4月7日はジェノサイドの日とされ、毎年、あの悲劇を繰り返さないようにと国民が誓うのです。

最後にダレールの言葉を再び引用します。

私は何度も問いかけてきた。私たちは同じ人間なのだろうか。あるいは人間としての価値には違いがあるのだろうか。間違いなく先進国で暮らす私たちは、自分達の命の方が地球上の他の人々の命よりも価値があると信じているような行動をとる。もし私たちが全ての人間が同じ人間であると信じているのならば、私たちはどのようにしてそrを証明しようとするのだろうか。私たちの行動によってしか証明しようがないのだ。


※この記事は「映像の世紀」を参考にして書きました。





かつて、イギリスの首相だったチャーチルがアメリカが世界における役割について、印象的な言葉を残しております。以下、引用します。

我々は生涯に二度も運命の長い腕が大洋を超えて伸び、アメリカを戦いの最前線に招き入れた。ヨーロッパの災いが発生すると、その破滅的な猛威はアメリカにも及び、決して逃れられないことが証明される。アメリカ国民は世界的責任から免れることはできない。

私たちはほとんど予測できない激動の時代に生きているが、アメリカが富と権力において前進するたびに、この過程が強化されることは、間違いないだろう


今日のウクライナ情勢における、アメリカの動きを見るたびに、チャーチルは半世紀以上も前に、こうなることを言っていたのだから、慧眼だなって。チャーチルがこのような言葉を述べた背景を順を追ってお話しします。

アメリカは、第一次世界大戦、第二次世界大戦と二度の戦争に関わりました。実は第二次世界大戦の時、アメリカ国内では厭戦気分が漂っていたのですね。第一次世界大戦にアメリカは参戦し、たくさんの犠牲者を出したのですね。戦争はゴメンだという意見が圧倒的に多かったのです。ちなみに、かのリンドバーグも戦争反対を唱えていたのですね。リンドバーグと言いましてもバンドの名前ではありませんよw、飛行機で世界一周をした有名なパイロットです。

当時、アメリカはイギリスのチャーチル首相から、ヨーロッパでナチスドイツが暴れ出し大変なことになっているから、助けて欲しいと矢のような催促をアメリカにしていたのです。しかし、ルーズベルト大統領は、本音ではイギリスを助けたいけれど、国内の厭戦気分を無視できなかったのです。1939年の世論調査ではイギリスの軍事支援を賛成する意見は、わずか16%足らずだったのです。それが1940年6月のナチスドイツのフランス侵攻、さらに同年7月にドイツがイギリス本国空爆、といったニュースを知り、アメリカ国民は衝撃を受けます。世論調査でもイギリスを助けるべきという意見が50%を超えたと言います。それでも、1940年にアメリカで徴兵制が導入されるや否や、国民の間で、それに反発する意見も大きかったのです。イギリスに物資や兵器を輸送するなどで支援するのは賛成だが、自分達が戦争に巻き込まれるのはゴメンだということでしょう。それが1941年12月の真珠湾攻撃で、アメリカ世論も戦争に参戦すべきが圧倒的になるのですが。結局、アメリカは二度の大戦に巻き込まれてしまったのですね。

二つの戦争が終わった後も、アメリカは、朝鮮戦争、ベトナム戦争、湾岸戦争、イラク戦争と色々な戦争に関わっております。今回のウクライラでも、武器貸与法を77年ぶりに復活させました。77年前もルーズベルト大統領が、この法律でもってヒトラーと戦う姿勢を示しました。アメリカのバイデン大統領も、ロシアのプーチンをヒトラーと同一視したってことでしょう。また、ウクライナに世界中から義勇兵が集まっておりますが、アメリカからは5000人も集まっているというから、驚きます。かなりの人数ですね。アメリカは世界の警察をやめたといった矢先のウクライナ戦争ですから。チャーチルの言葉が今も生きているんだなって。

*この記事は「映像の世紀」を参考にして書きました。

海賊というと数多おりますが、今日は何人かの海賊のプロフィールについて。



  1. フランシス・ロロシア(1639〜1667)

  2. 大変、残虐な人物としられ、ロロシアに会うくらいなら死んだほうがマシと言わしめたほど。ロロシア一行が陸に上がりお宝を求めて森を探索中、スペイン兵たちと出会します。ロロシア一行とスペイン兵たちは抗戦。スペイン兵を何人か捕虜にすると、ロロシアはなんと短刀を抜き、スペイン兵の捕虜の1人の胸を切り裂き、心臓を手づかみして取り出すと、「安全な道を教えろ。お前たちもこうするぞ」って脅かしたのですね。見せしめのため、別の捕虜の口に心臓を突っ込んで食わせたと言います。こええ、

  3. エドワード・ティーチ(1680年? - 1718年11月22日)

  4.  通称、黒ひげ。かなり有名な海賊です。黒ひげ危機一髪なんてオモチャがありますが、実在の黒ひげはもっとやばい人です。豊かにたくわえられた髭には、ところどころに導火線が編み込まれていました。黒ひげの決め台詞は「俺は地獄からきた。今からお前をそこへ連れてやろう」。黒ひげは、仲間を1人を突然殺したりと、怖い人でした。一方で合理主義者でもあり、黒人奴隷を仲間にしたりしておりました。

  5. ブラック・シーザ

  6.  黒ひげの側近で、元は黒人奴隷。黒ひげに出会う前は、白人の海賊と親しかったのですが、その友人と1人の女性をめぐって対立。結局、その友人をシーザは殺してしまうのですね。大変勇敢で、黒ひげの信頼も厚かったと言います。

  7. アン・ホニー

  8.  女性の海賊です。元々は裕福な家の出でしたが、恋愛気質で情熱的。1人の船乗りに惚れ込み、そのまま駆け落ち。さらに海賊の船長と恋仲になり、そのまま海賊になったのです。銃の名手であり、男たちを罵ったと言います。敵との白兵戦になった時、甲板で身を隠す男性の海賊たちに、意気地がない!戦えって怒鳴ったというから、すごいですね。

  9. ヘンリー・エイヴィリー(1659年? - 1696年?)

元々は海賊を取り締まる側にいました。ある夜、船長が寝ている間に、船を乗っ取り、自ら船長になります。そして乗組員たちと共にそのまま海賊になってしまいます。要するに取り締まるより自分が海賊になった方が儲かるから。船と乗組員を乗っ取り、略奪のかぎりを繰り返します。そうしていつの間にか400人以上の部下と6隻の船を持つ大海賊のボスになりました。ある日エイヴィリーは奪った財宝を6隻の船にバラバラに積むと誰かがちょろまかすから、ボスである俺の船に全部詰め込めとエイヴィリーは言ったのです。すると、隙を見てエイヴィリーは5隻の船を置き去りにして、逃げたのですね。財宝を独り占めしたのですね。ひどい話です。本国に帰ったエイヴィリーはそうして独り占めした財宝を商人に売り渡そうとしたのですが、その商人は、「あなたがどんな経緯でその財宝を手に入れたか知っているよ、私が役人にチクったら、あなたは死刑だよ」って言ってしまい、ただ当然で財宝を買い叩いてしまうのです。こうしてエイヴィリーは一文なし。37歳で死亡。自分の棺を買うお金もないほど落ちぶれたとか。


※この記事は「ダークサイドミステリー」を参考にして書きました。

海賊といえば「パイレーツ・オブ・カリビアン」や「ONE PIECE」を連想される方もいらっしゃるかもしれません。ディズニーランドにも「カリブの海賊」というアトラクションがありますね。僕も子供の頃に2回行ったことがあります。水上ライドに乗り、序盤で急流滑りにあって、そこからカリブの海賊たちが暴れている様子をじっくり楽しめるアトラクションですね。あれから25年以上訪れていないのですが、最近の「カリブの海賊」にはジャック・スパロウが登場するようですね。機会があれば、また訪れてみたいものです。

映画やアニメ等に出てくる海賊というと、素行は荒いけれど義理人情に厚いイメージとか、ジャック・スパロウのイメージを抱く方もいらっしゃるかもしれません。しかし、それはあくまでも創作の中の話。リアルの海賊はそうでもなく、もっと残酷なんですね。

例えば、捕虜になった人を的にして海賊たちが射撃の練習をしたり、ひどい話になると、捕虜の頭を縄で縛り、棒を差し込み、ねじるとうい拷問をすることもあるのですね。海賊は生きることが全て。残忍であれば、残忍であるほど、良いみたいな雰囲気だったようです。

海賊と言いましても、海賊は古今東西いつの時代、どこにでも存在し、8世紀にはヴァイキングと呼ばれる海賊が北欧を中心に暴れまわり、日本でも村上水軍とか河野水軍とかが有名です。でも海賊と言ったらカリブの海賊のイメージが浮かびますね。カリブの海賊は17世紀に全盛期を迎えます。


カリブの海賊が生まれた背景は、1492年のコロンブスによる新大陸発見にさかのぼります。それ以降、カリブ海はスペインが支配していたのです。そして、カリブ海の島々でサトウキビ栽培が始まったのですね。サトウキビから砂糖をとって大儲けをしていたのですね。いわゆるプランテーションの始まりです。プランテーションとは、熱帯、亜熱帯地域の広大な農地に大量の資本を投入し、国際的に取引価値の高い単一作物、例えばコーヒーとかサトウキビとかを大量に栽培する(モノカルチャー)大規模農園またはその手法のことです。

大規模農園でサトウキビを栽培するということは人手が入ります。しかしきつい仕事のため、なかなか人手が集まりません。それで、インディオの奴隷労働や白人年季奉公人、のちの時代にあると黒人奴隷などを労働力としていたのですね。インディオや黒人はともかく、白人年季奉公人とは聞きなれない言葉ですね。年季奉公人は植民地の地主に雇われた白人奴隷のこと。本国で多額の借金を抱えた貧民、失業者、はたまた犯罪者がカリブ海に送り込まれ、安い賃金でこき使われていたのですね。あまりに過酷な労働環境だったため、逃げ出す年季奉公人も少なくなかったのですね。そうした年季奉公人が生きるために始めたのが、海賊なのです。

例えば、ヘンリー・モーガンという海賊は年季奉公人から海賊になり、さらには貴族になったというすごい人物がいました。モーガンは海賊になってから、略奪したお金を散財せずに、節約し、貯金しました。そうして財をためて、ジャマイカで農園を買ったのです。さらにジャマイカ総督の一族の娘と結婚をし、やがてイギリス本国で認められ、ナイトの位を国王から授かったのですね。海賊からナイトになったのだから、すごいというか世も末というか。モーガンは私掠免許までもらったのです。これは敵国の船であれば略奪や殺人をしても罪に問われないという国家公認の免許で、なんとも恐ろしいものです。当時のイギリスはスペインと対立していたので、スペインに勝つためには綺麗事を言ってられぬということでしょう。ヨーロッパ諸国は足りない軍事力を補うために、海賊の力を借りていたのです。民間の船や海賊に私掠免許を乱発していたと言います。特にスペインとイギリスは対立が酷く、イギリスは海賊たちをある意味利用していたのですね。一方の海賊たちも国からお墨付きを頂いたのだから、やりたい放題で略奪を行ったのですね。

ところで、私掠船というのも国家公認の海賊といえば聞こえが良いですが、末端の乗組員にとってはひどいものでした。私掠船が略奪した金銀財宝の10%を政府に差し出さなくてはなりません。残りの90%を船主、船長、乗組員で分かち合うのですが、その分前は船主と船長が30%ずつ、残りの30パーセントが則組員のものです。乗組員の分前が30%ということは、極端な話、乗組員が3人であれば、一人当たり10%ずつ分けることができるのです。ところが30人もいると分前は1人あたり1%だけ。乗組員が30人もいれば、船長と乗組員の格差がうんと広がるのです。30人以上になると、もっと乗組員の分前が減ってしまうのです

そんな私掠船も一旦下火になります。1692年にスペインとイギリスが和平を結んだのです。すると、それまで発行してきた私掠免許も取り消しになり、イギリスもスペインも海賊を取り締まるようになったのです。そうかと思ったら、今度は1702年にイギリスとスペインの継承戦争が始まり、再びイギリスは私掠免許を乱発。またしても海賊の活動が活性化したのですね。それが1713年にイギリスとスペインの継承戦争が終結。またしても私掠免許が無効。私掠船の取り締まりも強化。多くの私掠船の乗組員たちも生活に困ってしまうのですね。さらに悪いことに強欲な船主たちが私掠船の船乗りたちの略奪品の分前をもっとよこせとさらに要求。末端の船乗りたちは益々生活に困ってしまいます。

国に振り回される海賊たち。そんな海賊の中でも、俺たちの自治区を作り出そうという海賊も出てきます。その辺のお話はまた次回。

※この記事は「ダークサイドミステリー」を参考にして書きました。





フリチョフ・ナンセン。彼は世界で最初の難民高等弁務官。彼は元々は海洋学者で北極圏の探検もしたのです。そんな彼の運命を変えた事件が起こります。第一次世界大戦、それからロシア革命です。戦争と革命で、難民が急増したのです。ロシア革命では、ロシアの難民は100万人以上だといわれています。さらにロシア西部のボルナ川でも干魃カンバツによる大飢饉が発生。そこに記録的な大寒波が襲い、150万もの飢餓難民が生まれたのです。人々は土を食べるほど飢えていたのです。

この問題に取り組んだのは当時発足したばかりの国際連盟。国際連盟において難民救済の指揮を取ったのが難民高等弁務官。その役に就任したのがフリチョフ・ナンセン。しかし、海洋研究者と難民救済は畑違い。ナンセンは悩みますが、引き受けたのです。まずナンセンは現地を訪れ、貧しい人のために炊き出しを始めたのです。そしてソ連へ5000万ドルの援助を国際連盟に提案しました。しかし、ソ連が国際連盟に加盟していない、社会主義国家にお金が流れることへの懸念から、ナンセンの提案は却下されます。それでナンセンはビデオカメラを持参し、ロシアの難民の現状を映像に移し、その映像を世界に向けて公開。その映像は日本でも公開されたと言います。この映像の効果は絶大で、4000万ドルもの寄付が集まったと言います。さらにナンセン・パスポートというものを提案します。これは難民のためのパスポートです。難民は身分証明書がなかったので、他の国に入国することすら許されなかったのです。それがナンセン・パスポートのおかげで世界30ヵ国に入国することができたのです。

そうした働きが認められ、ナンセンはノーベル平和賞を受賞。しかし、その賞金を手にすることなく、全額難民のために寄付。授賞式の時もナンセンは笑顔なし。むしろ、「なぜ、今まで難民たちに手をしのべなかったのか」と憤ったとか。ナンセンはノーベル平和賞受賞から8年後に亡くなります。

戦後、難民の問題で活躍された緒方貞子さんもナンセンの功績を参考にされたといいます。

最後にフリチョフ・ナンセンの言葉を

「私は諸君に人々が餓死するのを見るということが何を意味するのか考えてもらいたい。ただ眺めているばかりで、手ひとつあげることもできないというのは、私には不甲斐ないのです。あくまでも戦って、道を開いて進まねばならぬ。失敗でも敗北でも何もしないよりはマシだ。成し遂げなければならないことを達成するための道は常にあるのだ」

このページのトップヘ