History日誌

へっぽこ歴史好き男子が、日本史、世界史を中心にいろいろ語ります。コミュ障かつメンタル強くないので、お手柔らかにお願いいたします。一応歴史検定二級持ってます(日本史)

カテゴリ: 明治・大正

今年の7月に安倍晋三元総理が殺されてしまったのですね。あまりに衝撃的な事件でして、僕も非常に驚きました。政治家が殺される事件はいつの時代にもありましたが、令和の時代になって起こるとは夢にも思いませんでした。政治家が殺されるのは大正から昭和初期に頻発しておりました。現職の総理さえ殺されることもありました。その人の名は、原敬。原敬は1921年11月4日に東京駅で刺されてしまったのです。警察が警備していたにも関わらず、犯人に刺されてしまったのです。右肺から心臓にまで小刀が刺さってしまったのです。警察や駅の職員たちは、すぐに医者をよんだのですが、間に合わず原は息を引き取ったのです。原が最後に残した言葉は、

「東京駅には1日どのくらい人が乗り降りするのですか❓1日の収益はどれくらいですか」

これは東京駅の駅長に尋ねた言葉です。原の周りに駅長と駅の職員、それから少し原から離れたところに警察が警備していた。そんな状況の中で、原は殺されたのですね。

犯人の名は、中岡艮一。鉄道省山手線大塚駅の職員でした。中岡は「この国賊!!」と言って原を刺したのです。中岡は、前日の新聞で、原が京都に行くため急行列車に乗車予定だと知ったのですね。それで、原のことを待ち伏せしていたのです。原は国賊呼ばわりされるほど、酷い政治をしたのでしょうか❓

いえいえ、原は平民宰相と呼ばれ、思い切った政治改革を行った人物です。しかし、原は堅実なマキャベリトで、パフォーマンスに頼るような政治家ではありません。そのため、誤解されることも多く、庶民の怒りを買ってしまったのですね。パフォーマンスに頼らない実務型の政治家というのは、いつの時代もあまり正当に評価されないのですね。原も総理になった当初は平民宰相ともてはやされたのですが、その期待の大きさの反動から、庶民の怒りもデカかったのですね。そういう意味では原は気の毒だったと。

原敬は、1856年、岩手県の今の盛岡市に生まれました。原敬の家は、盛岡藩の家老を輩出する名家でしたが、戊辰戦争で、盛岡藩は幕府の味方をしたので、朝敵、賊軍扱いだったのですね。戦争後、原家も没落したのですね。家禄も維新後はそれまでの10分の1まで減らされるほど。原敬も勉学で身を立てようと、上京して英語塾に通ったり、中江兆民がやっていた仏学塾に通ったりして、語学を学んでいたのです。そして原は郵便報知新聞社に入社しました。入社当初は翻訳の仕事でしたが、次第に記事も書くようになったのですね。そして原は井上馨の知己を得て、外務省にヘッドハンティングされたのですね。成功するためには人脈って大事なんですね。

それから原は政治家になりたいと思うようになり、立憲政友会に入ったのですね。そして62歳で総理大臣になれたのですね。それまで薩長藩閥が日本の政治を仕切っていたのが、賊軍の出身で、平民上がりということで、就任当初の原敬は国民の絶大な支持を受けていたのですね。原は、株価を安定させたり、教育改革をしたり、衆議院選挙の制度を改正して、それまで十円の税金を払っている男子しか選挙権がなかったのを、三円に引き下げたり、軍縮をおこなったりと積極的な政治改革を行ったのです。

へえ、結構いいことしているじゃん、なんで国賊よばわリされ殺されたの❓と思いますよね。実は、原敬は税金を払わなくても男子なら誰でも選挙権が得られる普通選挙に反対していたのですね。普通選挙を求める人たちは当然、原に反発。これは原がケチだったり、民主主義に理解がなかったからではありません。実は原は普通選挙には理解を示していたのです。でも、原は国民のほとんどが政治というのを理解していない状況だ、普通選挙を今の時点でやったら、それこそ愚民政治になって危険だと思ったのですね。それこそ、パフォーマンスと口ばかりで何もしないような政治家が有利になってしまう。あるいは危険な思想を持った政治家が当選する恐れもある。実際の政治というのは、すぐに成果が出るもんじゃないし、地味な仕事の積み重ねなんですね。そのことを理解できる人は当時は少なかったのですね。

さらに原にとって不幸だったのは、株価の暴落から始まった不況、さらに南満州鉄道資金提供疑惑(原率いる政友会の政治家が関わった)、アヘン密輸疑惑(※1)という汚職や疑惑が国民の反感を買ったのですね。こうした疑惑はマスコミが大々的に報道。人々は「原はとんでもないやつだ!けしからん」って思ったのですね。そういうマスコミの加熱した論調に、中岡も共感したのかもしれない。さらに悪いことに1920年には官営八幡製鉄所で大規模なストライキが起き、原は警察や憲兵を使って、それを鎮圧し、250人もの職工が解雇されてしまったのですね。原は庶民に厳しく、身内に甘いという評価をされてしまったのですね。実際の原はマキャベリストで、慎重にかつ着実に政治を行っていくタイプ。こういう政治家は、政治家としては非常に優秀で、むしろ今の日本に必要なくらいなんですが、こういうタイプの政治家は概ね庶民から人気がないのですね。大した成果を上げなくても、見たくれとか、パフォーマンスばかりに頼る政治家の方が軍配が上がってしまう。

そうした原に対する世論の反発、マスコミの影響で平民宰相•原に対する憎しみが中岡の心の中でフツフツと湧いてきたのですね。

それでは中岡の生い立ちについて。中岡の実家は土佐藩士で、土佐藩は、明治維新では薩長土肥の一因として重要な役割を果たしました。まさに明治維新の勝ち組です。中岡も成績も優秀で、うまくいけば官僚になって政治家になれたかもしれない。ところが、父親が大病し、中岡の家は没落。それで原は家族を養うために印刷会社で働くのですね。そして父の死後、中岡は転職し、鉄道省山手線大塚駅で働くことになったのですね。鉄道の仕事は激務で、ほぼ24時間勤務。そのうち休みは3時間だけ。その3時間は仮眠時間。当時は労働三法とか36協定なんてない時代でしたからね。大変だったと思います。しかも給料は安くて95銭。今の価値に直せば15万円。労働時間の割に安すぎですね。これじゃあ不満も高まりますね。ましてや中岡は土佐藩の出。中岡の目から見た原は、「賊軍の出のクセに総理になるとはとんでもない、しかも大した政治をやっていないじゃないか」って感じだったのでしょうね。

中岡は単独犯とされておりましたが、中岡をそそのかした人物がいたのではないかってウワサも当時からありました。その黒幕の名前として噂にあがったのが、頭山満。彼は福岡で玄洋社という結社を作り、アジア主義を掲げました。日本が中心になって西洋列強と戦おうというもの。いわゆる大アジア主義です。その頭山と中岡は知己だったのですね。原内閣は、第一次世界大戦後の国際協調の動きに合わせ、軍縮をおこなったのですね。そのことに頭山たちは反感を持ったのですね。これから軍備を整え、列強と戦わなかきゃいけないのに、西洋列強のペースに乗っかるとは何事かって。

それで頭山は中岡を唆し、原を殺させたのだと。中岡は事件後、頭山を頼ったといいますし、中岡も裁判では検察側は死刑を求刑したのですが、なぜか無期懲役、さらに恩赦が出て11年三ヶ月に刑期が減ったのです。そして、あろうことか中岡は満州に渡り、陸軍司令部の職員にまで主任にまでなったと。考えられます❓安倍総理を殺した犯人が、減刑され、自衛隊に再び入って管理職になったようなものです。そんなおかしなことが戦前、戦時中はまかり通っていたのだから、そりゃ日本は無茶な戦争をするわけだって思いましたもん。中岡が陸軍の職員になれたのは玄洋社の働きかけもあったのかもしれない。玄洋社は政界や軍部に大して大きな影響力を持っていましたから。

原の話に戻します。実は原は殺される前から、度々脅迫状が届いていたのですね。原は命の危険を感じて、遺言書を生前に書いていたのです。そこには「葬儀は生まれ故郷の盛岡で質素に行うこと」と書かれておりました。変わり果てた原は盛岡に運ばれましたが、その時、3万人もの人々が沿道に詰めかけ原の死を惜しんだといいます。葬儀は実に質素に行われました。原の妻の浅も健気に夫を見送ったとか。実は、腹が殺された当日、妻の浅は原敬に「今日は寒いから厚手のオーバーを着ませんか」って勧めたのですね。それを原敬は、大丈夫って拒んだのですね。もし原敬が妻のいうことを聞いて厚手のオーバーを着ていたら、そこまで深傷を負わず助かっていた可能性がありました。

原敬の死後、政友会はバラバラになり、政党政治は弱体化。それに伴い軍部が力をつけてきて、5•15事件、2•26事件と政府の要人が殺される事件が次々起こり、日本は危険な道をたどってしまうのです。

※この記事は「にっぽん!歴史鑑定」を参考にして書きました。








※1 原がアヘンの密売をやっていたのではなく、拓殖局(満州など植民地経営に携わった役所)の長官の指図というウワサが立つ。その長官が原の側近だったので、原は避難されたのですね。

以前に、戦前は格差社会だったというお話をしましたが、あの時お話ししたのは、大正の終わりから、昭和の初期のお話。今日は明治のおはなしをします。明治維新以降、明治新政府は、近代化をどんどん推し進めました。西洋の様々な文化が日本に入って来て、ガス燈や、鉄道、太陽暦、西洋の様々な法律、それから洋服に洋食といろいろなものが入ってきました。近代化が急ピッチで進んで、日本は一等国を目指す一方で、そうした日本の急激な変化についてけない人々も出てきます。何事にも光の面と影の面があります。今日はその辺のお話ができればなと。

新政府は元々財政難でした。江戸幕府を倒したのは良いけれど、その財政基盤がまだ出来上がっていない状況のまま、国の舵取りをすることになったのですから。様々な改革を行いましたが、改革にはお金がかかります。それで政府は紙幣を大量に発行したのです。そのためインフレになってしまったのです。僕も子供の頃、思いましたね、お金がないというのなら作れば良いじゃんって。しかし、僕も見た目だけは大人になってw、それはインフレを起こしてお金の価値が下がってしまうから良くないのですね。かつてのドイツもすごいインフレになって庶民は困ってしまったのですね。パン一斤を買うのに何百枚の札束を用意しなくてはならなくなる。そのインフレによる窮乏がヒトラーの台頭を許してしまうのですね。

おっと、話が少し脱線しましたねw。さらに悪いことに西南戦争が起こってしまったから、その戦費のためにさらに政府は紙幣を大量発行、ますますインフレになります。そんな状況の中で、松方正義が大蔵大臣になります。彼は緊縮財政を行い、国営の工場を民間に払い下げなどを行いました。いわゆる松方財政です。しかし、彼の急ピッチな財政改革はデフレを起こしたのです。それに加えて、冷害で作物が育ちにくくなりました。地方の農民たちは、小作人になって地主に雇われたり、仕事を求め都会に出て来たりしました。農民じゃなくても人々の暮らしもデフレの影響で苦しくなります。そんな状況でも、時代の波に乗ったり、はたまた政府のお偉いさんに取りいって成功する者たちも出てくるわけです。例えば、岩崎弥太郎とか。いわゆる格差社会になるのです。

貧しい人たちは貧民窟とよばれるスラム街に住むようになります。東京にもあちこち貧民窟がありましたが、とりわけ、下谷万年町(台東区東上野)、芝新網町(港区浜松町)、四谷鮫河橋(新宿区若葉)が東京の三大貧民窟と呼ばれました。貧民窟が新聞で初めて取り上げられるのが明治十九年(1886)。

その記事には「人間の住む家とは思えぬ」と書かれておりました。

住居は4畳一間で、そんな狭いスペースに5、6人も住んでいる。そこに住んでいる住民はアカまみれ、男か女かわからない、まるでケモノのようだと。おそらく髪もボウボウに伸びていて、男性はヒゲがボウボウ。服もボロボロ。お風呂にもロクに入れないから、アカまみれ。体臭もひどい。服を買うお金、おしゃれをするお金もないほど貧しいってことでしょう。しかもフトンもレンタルだったというから、そのレンタル料金もバカになりません。

ろくな仕事もなく、あっても「もうろう」というお仕事か、内職くらい。これは人力車の車夫の仕事ですが、今日の観光地で見かけるような、かっこいい車夫のお兄さんのイメージとは大きく異なります。「もうろう」とは車夫の組合に入れないようなモグリの車夫で、給料も激安。一日7・7キロ走っても16銭しかもらえなかったのです。車夫のユニフォームは腹掛けに股引き法被と決まっておりましたが、それも、お金出してレンタルしなきゃいけない。要するに自前。普通の車夫業者のようにユニフォームをくれないのです。

そして幼い子供は奉公に出されてしまうのです。


また、新聞には「こんな世に何の望みがあって命を惜しんでいるのだろうか、むしろ、この世を捨てた方が楽なんじゃないか」とも書かれておりました。

こうした事態を受け、明治天皇は緊急の御前会議を招集。松方正義総理や元老の伊藤博文など、お偉いあんたちが駆けつけます。この時、日本は莫大な賠償金を請求されたり、下手すりゃ戦争になると想定しました。政府は謹慎の意味を込め、おこなわれている、お祭りや大相撲5月場所も取りやめ、吉原遊郭でも客引きも禁止、銀行まで貸し出し見合わせを命じました。

そして明治天皇はすぐさま決断しました。なんと明治天皇自らが京都にいるニコライ皇太子を見舞い、謝罪をしたのです。本来、天皇の行幸には入念な準備が必要で、手続きに時間や手間がかかるのですが、それを無視した異例の行幸だったのです。皇室のしきたりを無視してまでも、ニコライに詫びたのです。それだけでなく、負傷したニコライ皇太子の元に陸海軍や宮中の医師を派遣したり、ニコライの父親のアレクサンドル3世にまでお見舞いの電報を打ったほど。さらに接待役の有栖川威仁親王にもロシアに行ってもらおうとも明治天皇は考えたと言います。


そして、ニコライに引き続き、日本にとどまり、日本の旅を続けてくれと頼んだと言います。しかし、ロシア側は、警備にあたる警察が皇太子を襲う危険な国に、このまま居てもらいたくないと思ったのです。神戸港に停泊中のロシア軍艦に乗って帰国するように命じられます。天皇はニコライ皇太子をお召し列車に乗せ、神戸まで送り届けたと言います。

そして、ニコライがロシアに帰る明治24年(18891)5月19日に、明治天皇は神戸にいるニコライ皇太子と食事をしたいと言い出したのです。場所はロシア軍艦の中。当然、側近たちから「毒でも守られるのではないか」とか「敵の船なんかに乗ったら、そのまま拉致されるのではないか」と反対されます。しかし、明治天皇はそれを拒否。「ロシアは、そこまで野蛮な国ではないから大丈夫」と。そして食事会では、和やかなムードだったようです。そして、明治天皇はニコライに遺憾の意をあらためて述べたと言います。ニコライは「記事は極めて浅く、陛下が憂慮されるには当たりません」と笑ったそうです。そして、明治天皇は無事下船。そのままニコライは帰国。

*この記事は「にっぽん!歴史鑑定」を参考にして書きました。

津田は裁判にかけられます。大津事件の翌日の5月12日。総理大臣の松方正義は、津田を早急に死刑に処し、ロシアの感情を鎮めようとしたのです。しかしこの事件が起こる9年前に施行された刑法292条には「あらかじめ計画して殺人した者は死刑だが、未遂に終わった場合は、死刑より軽い刑」だと決められて居たのです。津田は計画的ではなく、衝動的である上に、未遂に終わったから、重くても無期懲役だろうって。

そこで松方は皇族に対する罪、刑法116条をニコライにも適用し、津田を処刑にしようと主張。「天皇とか皇后とか、皇太子など皇族に危害を与えたものは処刑」と定められていたのです。ニコライは日本の皇族ではないが、刑法116条には「日本の」と明記されていないし、ニコライは外国の皇太子なのだし、拡大解釈できるだろうと松方は考えました。

しかし、それを大審院長の児島惟謙は反発。津田を一般人に危害を加えた罪で裁くべきと主張。草案の段階では刑法116条を適用できるのは、あくまで日本の天皇や皇太子に危害を与えたときだけだと。だから、ニコライは適用外だと。それに松方は反発、津田は死刑だと。しかし、児島は一切、松方の言い分を拒否。それで松方は司法大臣の山田顕義らに担当裁判員を説得させ、七人中四人を政府の意向に従わせたと言います。すると児島は政府側に回った二人の裁判員に対し、考え直すように説得。児島は内閣の圧力に屈せず、正しい判決をすべきと。そして二人の裁判員は児島の熱意と公正さに心打たれ、児島側についたと。そして津田は無期懲役を言い渡されたと言います。こうした児島の姿勢は三権分立の意識を広く知らしめたのです。ロシアのアレクサンドルもこの判決に文句をいうどころか、日本が決めたことだから、我々がどうこういう立場ではないと認めていたのですね。

*この記事は「にっぽん!歴史鑑定」を参考にして書きました。

津田の犯行の動機は、ニコライの無礼な態度もそうですが、ロシアそのものに津田が反感を持っていたのです。

まず、津田は、ニコライが、明治天皇に拝謁せず、日本各地を回っていたことを怒っていたのです。天皇陛下への挨拶もなしに、神国日本をうろちょろするとは何事だ、みたいな。

ロシアと不平等条約を結ばされているのに、ロシアの皇太子を国賓として迎え入れるのはおかしいとも津田が考えていたのです。今でいえば、北朝鮮の金正恩の子供を国賓としてもてなすような感覚でしょうか。それが津田にとって気に入らなかったのです。その不平等条約とは明治8年(1875)に結ばれた、樺太・千島交換条約。この条約によると、日本が持っていた樺太の領有権を放棄し、ロシアに渡す。その代わりロシアの領土だった千島列島を日本にあげようというもの。しかし、樺太の方が面積も広く、資源も豊富だったので、大変不平等な条約で、日本国民の多くは不満を持っていたのです。

さらに津田は、ロシアが攻めてくるってマジで思っていたのです。ニコライの来日の目的も偵察のためだと思い込んでいたのですね。実際に、新聞記事にニコライの来日は偵察が目的と書かれていたのですね。もちろん、ニコライ来日の目的がほんとに偵察かどうかなんて、ちゃんとした裏づけもありません。憶測記事も良いところ。しかし、新聞に書いてあることだからと、津田は信じてしまったのです。

新聞記事を信じたと言えば、こんな記事も津田はマジで信じたのです。「西南戦争で死んだはずの西郷隆盛が実は生きていて、ニコライ皇太子と共に日本に帰国するかもしれない?」って。さらに新聞には、「もし西郷隆盛が生きていたら、西南戦争での勲章を取り上げると天皇が言った」と。これなんか、「もし」の話で、確証のもてない話。今でいう、SNSの書き込みに近いような記事です。しかし、津田はそれを信じたのです。いわゆる、ネットDE真実ならぬ新聞DE真実。


ネトウヨみたいな人だったのかな、津田は。それと悪いことに津田は精神の疾患もあったとも言われております。津田の襲撃は計画的なものではなく衝動的なものでした。

深傷を負ったニコライも、治療を受け、汽車にのって京都に帰ったといいます。しかし、この事件は日本の政府高官を慌てさせます。日本ピンチです。ニコライはどうなるのか?そして津田はどうなるのか?それは次回取り上げます。

*この記事は「にっぽん!歴史鑑定」を参考にして書きました。

このページのトップヘ