ルイ・ヴィトンのかばんが浮力があって、水に浮くって話を知ったのは「金田一少年の事件簿」。その話が本当かどうか、結論から言えば何とも言えません。

僕もユーチューブで、実際にルイ・ヴィトンのトランクが水に浮くかどうか実験する動画を探したのですが、全然見つかりません。ルイ・ヴィトンのトランクが高くて100万円近くするといいますし、あとでお話ししますが、現在販売されているトランクは水に浮かないそうです。


あくまで「金田一」に出てくる知識ですが、140年以上前、旅行の移動手段といえば、汽車か船がメインで、飛行機なんてなかった。それで、水難事件にそなえて、ルイ・ヴィトン社は、旅行トランクが水に浮くように設計したといいます。仮に船が転覆しても助かるように。昔は転覆事故が多かったといいますからね。ネットで調べると、タイタニック号の沈没の際、ルイ・ヴィトン製のトランクを持っていた乗客は助かったといいます。沈没から数十年後たって、沈んでいたヴィトンのトランクを引き上げたところ、引き上げ後に海に浮かんだ数々のトランクの中で、ヴィトン製のものだけが浸水がなかったため、トランクの中のものが一切濡れなかったとと。しかし、それはあくまでウワサ。下手すりゃ後世の作り話かもしれない。

ウワサとはいえ、ルイ・ヴィトンのトランクは水に浮くって話がマジかどうか別にして、ルイ・ヴィトンのトランクを欲しがる人がふえたのですね。実際、ルイ・ヴィトンのトランクは水に強く、傷がつきにくく、メンテナンスも手間がかからないという長所もあるのは事実なんですね。たいせつに扱えば大変長持ちするそうです。そして、21世紀初頭、顧客からの要望の多かった鞄の軽量化を名目に生地の製法を変更し、現在製造するトランクは浮かなくなったといわれております。だから、ルイ・ヴィトンのトランクが本当に水に浮いたかどうかは、なんともいえないのです。