1 ものまね王座でおなじみだった。
NHK朝ドラで「ブギウギ」やっていますね。笠置シヅ子のモデルのヒロインが活躍するドラマですね。僕もちょくちょく見ていますよ。このドラマに茨田りつ子という女性が出てきます。モデルは淡谷のり子。淡谷のり子といえば戦前から活躍した大歌手です。茨田りつ子を演じたのが菊地凛子。彼女のしゃべり方が、淡谷先生にそっくり。おそらく菊地凛子は、ユーチューブか何かで、ものまね王座の動画をみて研究したのかなっておもいましたよw

でも、僕は正直、「ものまね王座決定戦」の審査員のイメージが強いというか強すぎるw毎回、厳しいコメントを発するが、真面目にやると優しい。お笑い路線をとっていたタレントには厳しく、特に清水アキラには厳しかった。そうかといえば、同じお笑い路線の田代まさしや稲川淳二、コロッケには優しく、もちろん叱ることもあるが、たいていゲラゲラ笑っていた。清水アキラのそれと、どこに違いがあるのか良くわからんがw、淡谷はまず下ネタはNGであることは間違い無いと思う。

でも、清水アキラが真面目にやっていた時は素直に褒めていた。テープ芸を初めて披露したときは10点をつけて「いつもそうなさい」だって。しかし、テープ芸って真面目なの?よくわからんwともあれ淡谷先生は清水アキラが嫌いなのではなく、真面目にやったら上手いのに、やらないから怒るのだと思う。清水アキラも淡谷のことは尊敬しており、花束を贈ったり、淡谷が亡くなったときはいの一番で駆けつけたとか。

あっと若い子は知らないだろうけれど、ヒップアップというお笑いトリオがいて淡谷のモノマネ毎回やってました。淡谷のまねで曲は田原俊彦の「あッ」とか荻野目洋子の「ダンシング・ヒーロー」だとか色々バリエーションはあるけれど、代表曲なのは小泉今日子の「なんてたってアイドル」。サビの「♪なんてたってアイドル」を繰り返すだけwそれがなんとも面白いし、また御本人の前でよくできるなって、その勇気が素晴らしいというか笑える。
w当然、淡谷は、オカンムリ。

そんな淡谷が審査員降りたのは1994年ごろ。ものまね番組がきらいになったから?いえ、むしろ逆です。淡谷は審査員を降りてからも、一視聴者として、ものまね番組を亡くなる前まで楽しみにしていたですね。出なくなったのは、1993年に、恩師の服部良一と、戦前からの戦友ともいうべき藤山一郎が亡くなったことが大きいと思う。二人の死は淡谷にとってショックだったのでは。それから体調を崩され、1994年以降、ものまねどころかテレビにも出なくなったっけ。

2 波乱に満ちた人生だった
子供の頃は、怖いおばあちゃんだなって思っていたけれど、大人になって改めて、淡谷の動画をユーチューブで見ると、愛が伝わってくる。淡谷がふざけると怒るその理由は、やはり、彼女の壮絶な人生とリンクしてるのですね。淡谷のり子も若い頃は、食物にも困って裸婦のモデルになったくらい。そんな状況でも努力を惜しまず、歌のレッスンも怠らなかった。

戦時中は官憲からにらまれていたのです。時節柄、彼女の歌はふさわしくないと。特に「別れのブルース」は敵国アメリカに毒された曲だと見なされていたのですね。度々、淡谷のり子は取り調べを受けたのです。で、時節柄、勇ましいうたや、愛国心を駆り立てる歌を歌えと。それでも淡谷のり子はあくまで歌は人を楽しませるものだと突っぱねたのです。

歌だけでなく衣装にもこだわりがあって彼女は戦時中も派手な服装をしていたのです。それまた軍部からにらまれ、モンペをはけと言われても、彼女は「ドレスはわたしの戦闘服」といって譲らなかったそうです。


また、淡谷のり子は特攻隊の慰問で歌を歌ったのです。これから死に行く若い青年たち、少年たちの前で淡谷のり子は歌を歌い上げたのです。本来、歌は人を楽しませるもの。それが戦争で死に行く若者のために歌う。後に「徹子の部屋」にご出演された淡谷のり子はこう語られた。


「特攻隊で平均年齢16歳ですって。命令来れば飛びますって、飛んだら帰ってきませんって言うのよ。そうしたら歌ってる間に命令が来ました。スッと立ち上がってニコニコ笑って敬礼していく。泣けて泣けて、次、歌えなくなった。悲しくて。16歳よ?それで飛んでいきましたね。だから私は怒るんです」

歌っている最中に出撃命令が出て、若者たちは、すっと立ち上がり、笑顔で「行ってきます」といって、その場を去ったといいます。淡谷のり子はその時の若者たちの顔が忘れられないと。

そんな彼女の生き様が「ブギウギ」でも出てきます。僕も「ブギウギ」みてて、思いましたもん、淡谷は歌を歌えることのありがたさ、歌手が歌を歌うことの重さを知り尽くしているからこそ、「真面目に歌え」って厳しく言うんだなって。

3 淡谷のり子のこぼれ話
 以下、淡谷のり子についてのこぼれ話を。


  • 演歌が大嫌い。演歌歌手その人が嫌いというよりメロディーが暗い、歌詞が暗いから嫌い

  • 森昌子のことはかわいがっていて、音楽学校に行くことを勧めていた

  • 淡谷のり子は「先生」とよく言われるが、先生という言葉は嫌い。むしろ「のりちゃん」って呼んでもらいたいくらい

  • 美空ひばりが大嫌い。ひばりが幼いころ、お風呂に入れてあげたのに、後年、その恩を忘れたから

  • お気に入りの曲は五輪真弓の『恋人よ』。自らもカヴァーしていた。クラシック仕込みの貫禄たっぷりのうたいっぷりで、繊細な五輪真弓とは一味違う。















※ この記事では、敬称は省略しました。僕もかつては自分のブログでご存命の著名人に「さん」づけしていたけれど、著名人と近い関係じゃないし、「さん」をつけるとかえって失礼になるって話も聞いたので。