IMG_0548

(関東大震災のときに止まった時計)

IMG_0549

(関東大震災の火災で焼けてしまった、お菓子)

1 関東大震災100年、大震災でも焼け残った神田和泉町、佐久間町
 今年は関東大震災発生からちょうど100年を迎えます。1923年(大正12)9月1日に関東地方に大地震。おびただしい被害が出ました。関東地方ではだいたい100年おきに大きな地震がくるといわれています。もしかしたら、今年か来年あたり関東地方に大きな地震がくるのではないかって僕も大変心配しております。昨日もなんか地震があったみたいだし。昨日は東日本大震災(2011)のあった日、おとといは東京大空襲のあった日。ということで、今日は防災にまつわるお話をしようかと思っております。

関東大震災では東京のあちこちが火災にあい、多くに犠牲が出たのですが、神田区(今の千代田区)神田和泉町、佐久間町周辺の地域だけは、地元住民の必死の消火活動のかいあって被害がなかったのです。神田泉町、佐久間町は今のアキバこと秋葉原周辺で、秋葉原駅の東側にあたる区域で、三井記念病院が立っているあたりですね。


和泉町、佐久間町住民の努力は、今後の大地震や災害に直面したときの教訓として生かせるかもしれません。

2 延焼を受けにくい環境だった
まず、地理的な面で神田泉町、佐久間町周辺は恵まれておりました。まず区域内には内務省衛生試験所や、三井慈善病院といった耐火構造の建物があったこと、和泉町や佐久間町の北側に郵便局などレンガ造りの建築物がいくつもあったようです。それらの建物は燃えてしまいましたが、防火壁の役割を果たし、和泉町や佐久間町を守ったのですね。南側に神田川と電車道があったのも幸いでした。川があれば火も移ってきませんし、電車道なら燃えるものもありません。西側には秋葉原貨物駅もあり、駅周辺に木造建築物がなかったことも幸いだったのです。

IMG_0578

(和泉町、佐久間町の地図。公益財団法人 東京都慰霊協会のパンフレットより)

また、火の手は四方から迫りましたが、それぞれ時間差があったため、火災に対応する方向をしぼることができたのです。一気に火の手があがれば、にげることができませんが、火の手に時間差があれば、消火活動をする余裕も生まれるし、逃げ道を確保することもできます。


IMG_0579


まず、↑の絵を参考にしながら、御説明をさせていただきます。まず9月1日の18時ごろ、神田泉町、佐久間町の南方( 砲ら火の手が迫ってきました。南側には電車道と神田川があったので、延焼がまぬがれたのと、それに加え、火の勢いも比較的よわかったことも幸いだったのです。

9月2日の0時の深夜。西側(◆砲ら火が迫ってきました。しかし、秋葉原貨物駅があり、その構内にあった豊富な水を利用することができたので、消火活動ができたのです。

9時2日の朝6時ごろに、今度は東側()から火の手があがってきましたが、三井慈善病院や衛生試験所などの耐火建築物が防火壁の役割を果たした上に、火災が和泉町、佐久間町周辺に接近した時点では風向きもかわって、東側の延焼は免れました。

9月2日の15時になって、今度は北側(ぁ砲ら火が接近しました。北側には郵便局とかレンガの建築物がいくつもありました。結局、郵便局などの建物は焼けてしまいましたが、燃え残った壁が防火壁としての効果を持っていたのです。

また、神田の和泉町1番地にはポンプを取り扱う帝国喞筒会社ていこくそくとうかいしゃがあり、3,4台の消防用のガソリンポンプが残っており、これを使って消火活動ができたのも、これまた幸いだったのです。ほかにも三井慈善病院にもガソリンポンプが配備されており、この消防用ガソリンポンプを使うこともできたのも、これまた幸いでした。東京は地震の影響で水道管が壊れ、消火活動がままならぬ状況でした。だから消火活動に水を使えない状況だったので、多くのところでは被害が大きかくなったのですが、神田和泉町や佐久間町はガソリンポンプがあったことが幸いだったのです。

3 消火活動を優先した人々
 9月1日の午後6時ごろには、神田和泉町、佐久間町に住んでいる、おじいちゃん、おばあちゃん、子供や女性の多くを上野方面に避難させたといいます。上野と言えば上野公園がありますね。上野公園はとても広くて避難場所としても最高です。上野公園には和泉町、佐久間町だけでなく、浅草や本所など周辺の人たちもたくさん避難したといいます。上野公園には50万人もの避難者がいて、難をのがれたといいます。

残った男たちは協力し合い、燃えやすい素材を用いている建物を火災が広がる前に壊したり、バケツリレーを行ったりしたといいます。また、神田和泉町、佐久間町が被災していないということで、この地域に避難した人たちもいたのです。こうした他所から来たひとも消火活動に参加したというから驚きです。他所から荷物を持って避難してきた人々には、まず飛び火の恐れがあるものを神田川に捨てさせたといいます。中にはタンスとか家財道具をもって逃げたひともいましたが、生き延びるためには、そうしたものも捨てるしかない。それから避難した人たちにも消火活動の協力を、佐久間町、和泉町の人たちは頼んだといいます。こうした住民たちの必死な努力も実って、神田和泉町や佐久間町は火災を免れたといいます。

※ この記事は『焼け残った神田和泉町・佐久間町の真実』(公益財団法人、東京都慰霊協会のだしたパンフレットを参考にして書きました)