寒い日がつづいておりますね。コロナもはやってきているようですし、皆様もお体を大切になさってください。

きょうは大奥の奥女中について。大奥の奥女中たちは最盛期は3千人もいたというから驚きです。その大奥の奥女中たちは将軍や将軍の奥さんの御台所に仕えておりました。その奥女中たちは、いくつものランクにわかれ、それはまさにピラミッド型の巨大な組織だったのです。その大奥にはいくつもの役職がありました。きょうはその役職の話をします。その役職は大きく分けて御目見おめみえ以上と御目見以下に分かれております。御目見とは将軍や御台所に直接会うことができる身分です。御目見以下だと将軍や御台所に会うこともできないのです。さらに細かく21もの役職にわかれます。きょうは御目見以上の役職を取り上げます。

  1. 上臈御年寄じょうろうおとしより
    大奥の最高職だが権力はない。いわば名ばかり管理職。将軍や御台所の話し相手。だいたい実家が公家


  2. 小上臈こじょうろう
    上臈の見習い。こちらも権限があまりない。やはり実家が公家


  3. 御年寄おとしより
    役職の名前から言っておばあちゃんのイメージがあるが、若くても御年寄になれる。奥女中の最高権力者。大奥のすべてを取りしきる。老中に相当。有名な江島や瀧山も御年寄。実家が旗本が多い。

  4. 御客会釈おきゃくあしあらい
    御三家、御三卿(*1)、諸大名などからの女使の接待役

  5. 中年寄ちゅうどしより
    御台所つきの御年寄の代理役。御台所の献立を指示し、毒見役を務める。

  6. 御中臈おちゅうろう
    将軍や御台所の身辺の世話をする。将軍は主に「将軍付き御中瓠廚涼罎ら側室を選んだ。御中臈は側室候補。将軍の側室になれた御中臈は、お手つき御中瓩箸い錣譴拭

  7. 御小姓おこしょう
    御台所の小間使い。7歳から16歳の少女が多く、タバコや手水の世話をする。

  8. 御錠口
    「上の御錠口(*2)」を管理。中奥との取次ぎをおこなう。

  9. 御表使おんおもてづかい
    大奥の外交係。「下の御錠口」を管理し、御年寄の支持を受け大奥の買い物をというかつ。御年寄に次ぐ権力者

  10. 御右筆ごゆうひつ
    日記や書類、書状などの執筆や管理役

  11. 御次おつぎ 
    道具や献上品の運搬、対面所などの掃除、召人のあっせんを担当。

  12. 御切手書おきってがき
    「七つ口」(*3)から出入りする人々の改め役

  13. 呉服ごふくの間
     将軍や御台所の衣服をつくる裁縫係

  14. 御坊主おぼうず
    将軍つきの雑用係。将軍の命を受けて中奥へ出入りが許された唯一の奥女中

  15. 御広座敷おひろざしき
    御表使の下働き。御三卿や諸大名の女子が登城した際は食事の世話をした。


以上が御目見以上の役職です。御目見で一番トップが上臈御年寄、一番下位が御広座敷です。特に上臈御年寄、小上臈、御年寄は老女と呼ばれ大奥で権力を握っておりました。特に御年寄の権力は絶大だったのですね。御目見は実家が公家か旗本だとなれたのですね。実家が公家だと上臈御年寄、小上臈年寄に御年寄から御広屋敷まではすべて実家が旗本です。御目見のおもな仕事は儀式や儀礼や役人などの対応、それから将軍や御台所の身の回りの世話がメインでした。次は御目見以下の役職について


  1. 御三おさんの間 
    新規採用の者が配属される。御年寄、中年寄、御客会釈たちの雑用係。


  2. 御中居おなかい
    御膳所つまり台所で料理をつくる役柄


  3. 火の番
    文字通り、昼夜とわず、女中たちの部屋をまわって火の元を警戒する。昔はガスや電気などあるはずがなく、照明はすべてろうそくなどに灯った火だった。


  4. 御茶の間
    御台所が飲む茶を調達


  5. 御使番おつかいばん
    御表使の下役。「下の御錠口」の開閉を管理し、御広敷役人の取次ぎをおこなう。


  6. 御末おすえ
    一番、下っ端。掃除、風呂、水くみ、選択、駕篭かつぎなどすべての雑用を行う。



御目見以下は下働き。特に御末は重労働で、水くみ、はては駕籠かごかつぎまでやりました。その中でも特に大変だったのが駕篭かつぎと水くみでした。駕篭かつぎは姫君とかが外出のときに駕篭をかつぐのですが、かつぐ女性たちは男性に負けないくらいの屈強なものが10人。前後5人づつでかついだのです。とくに前方でかつぐ5人は姫君に尻を見せてはならないので前側の5人は後ろ向きに担ぐ必要があったのです。水くみは井戸から桶で水を運ぶのですが、おけに入った水は重くて女性二人がかりでやっと持てるという状況でした。

これらの役職はインドのカースト制のように、ずっと固定されたわけじゃなく、基本的に才覚があったり、将軍に気に入れられると最初は下位の役職でもどんどん出世して、うまくいけば御年寄にまでなれたのですね。たとえば、11代将軍家斉の側室お美代の方は、御次からスタートして将軍の側室である御手つき御中臈になりました。ただし、出世できるといいましても生まれた家柄が低いと難しく、町人や農民の出だと昇進できず、町人や農民のむすめだとせいぜい御三の間まで。綱吉の母である桂昌院のように八百屋の娘から出世したものもいますが、それは例外中の例外。自分の娘を大奥に奉公させ出世させたければ旗本の養子にするしかないのですね。お美代の方は、日啓というお坊さんの娘でしたが、中野清武という旗本の養女になったことで出世の糸口をつかんだのです。一番下っ端の御末から御年寄になれた女中はまずいませんでした。

さらに、大奥には下がいて、以下御紹介します。


御犬子供おいぬこども
無給の女中。雑用をすべておこなった。部屋ごとに5、6人いて、年齢は16歳から23歳程度。名前の由来は、大奥の食事の残り物を食べていたからとも、物売りがやってくると犬のように集まったからとも。

部屋方へやがた
上級の女中たち個人的に雇った使用人。水くみや炊事も行ったり、米の換金や町にでては買い物をしたりしていた。




*1 徳川吉宗があらたに設けた三家。田安家、清水家、一橋家。この三家からも将軍を輩出することができる。
*2 定刻になると、内と外とから大きな錠をおろされ、これを「上の御錠口」といい、奥の玄関の「下の御錠口」とは区別された。 上の御錠口には鈴が掛けられており、「お鈴の口」ともいった。
*3 江戸城大奥の出入り口の一。奥女中の外出のときなどの通用口。夕方七つ時に閉鎖された