飛鳥時代の政治家、蘇我入鹿って悪者ってイメージがあります。それにしても、蘇我入鹿の名前おぼえずらいですね。子供のころ、僕は入鹿のことを、魚のイルカ🐬のことをイメージしながら名前を覚えた記憶があります。あと、入鹿をやっつけた中臣鎌足。かれのことは鎌足ではなくカタマリって覚えた記憶がありますw昔の人の名前は難しいですからね。

その蘇我入鹿がやっつけられた事件が 乙巳 いっしの変。これは中大兄皇子と中臣鎌足が、悪者の蘇我入鹿をやっつけて、その父親の蘇我蝦夷も自殺したという、有名なクーダターです。しかも、入鹿は時の天皇皇極天皇の前で無残に殺されてしまうのですね。

蘇我親子を倒したクーデターのことを「大化の改新」だと勘違いしがちですが違います。クーデターのことを乙巳の変と言い、大化の改新はそのクーデターの後の政治改革のことを言います。さて日本書紀によると蘇我入鹿が、聖徳太子の息子である山背大兄王を自害に追いこんだ悪者だと。そして入鹿は専横をおこなったと。それで正義の中大兄皇子と中臣鎌足がやっつけたことになっています。そうした日本書紀の書き方に近年疑問の声が上がっているのですね。むしろ、権力抗争に巻き込まれた気の毒な人ではないかって説もあるのです。

その「日本書紀」は681年に天武天皇が、藤原不比等ら六人の皇族と六人の役人、総勢十二人に国史編纂ヘンサンを命じたのですね。全30巻。神代の時代から持統天皇の時代まで描かれているのですね。「日本書紀」は我が国初の正史です。完成したのが720年。40年近くかかったのだから、いかに大きなプロジェクトだったかが伺えます。ただ、歴史というものは勝者の歴史。戦争や権力抗争やらで権力を握ったものにとって都合の良い歴史が書かれていることが多いのですね。「日本書紀」も例外ではありません。『日本書紀』の編纂を命じたのは天智天皇の弟。そして、編纂の中心人物は藤原不比等。藤原不比等は鎌足の息子、どうしても天智天皇や天武天皇、そして藤原家にとって都合の良いことしか書かれていないはず。



入鹿が山背大兄王を自害に追い込んだ理由は古人大兄皇子ふるひとのおおえのみこおを皇位につけたかったのですね。蘇我の血をひく古人大兄皇子が天皇になれば、蘇我家の権力がますます強くなる。古人大兄皇子は蘇我系の血を受けた舒明天皇の第一皇子で、もう少し早く生まれていたら、皇位に就いていてもおかしくない人物でした。ところが、蘇我入鹿が殺され頼みとする後ろ楯を失い、最後は出家、隠退したのですが、不幸にも古人大兄皇子は異母弟・中大兄皇子が差し向けた刺客に殺害されたのですね。

古人大兄皇子が天皇になるのを恐れたのが中大兄皇子でありますが、もっともそれを恐れたのが軽皇子カルノミコ。軽皇子は時の天皇の皇極天皇の弟で、中大兄皇子は軽皇子の甥です。皇極天皇の後継者は古人大兄皇子か中大兄皇子だといわれており、軽皇子は蚊帳の外だったのです。で、中大兄皇子は天皇に即位するには若すぎる。となると、軽皇子のライバルは古人大兄のみ。それで、軽皇子は中大兄皇子と結託し古人大兄皇子を排除する必要がある。古人大兄皇子のバックには蘇我家がついている。その蘇我家を滅ぼせば自分にも天皇の座が回ってくる。そんなことを軽皇子が考えたという説もあるのですね。

実際、 乙巳 いっしの変の後、皇極天皇の後継者は軽皇子になりました。そして軽皇子は孝徳天皇となったのです。あまりにもタイミングが良すぎるのですね。しかも、中大兄皇子とともにクーデターにかかわった藤原鎌足は、軽皇子の側近。もちろん、軽皇子が黒幕だと断定はできないのですが、少なくとも蘇我入鹿が『日本書紀』で言われるほどの悪人とはかんがえにくいのですね。

*この記事は『にっぽん!歴史鑑定』を参考にして書きました。