History日誌

へっぽこ歴史好き男子が、日本史、世界史を中心にいろいろ語ります。コミュ障かつメンタル強くないので、お手柔らかにお願いいたします。一応歴史検定二級持ってます(日本史)

戦が終わり、平和な時代になったらなったらで色々問題が出てきます。まず、鎌倉幕府は御恩と奉公という間柄で、御家人たちに忠誠を誓わせる一方で、褒美として土地などを与えてきたのです。だから、御家人たちはどこかの国みたいにカルト的な忠誠を誓わせたわけじゃないのです。貰えるものがなければ、幕府に不満を持ってしまうのです。戦争があったときは、負けた方の領地を御家人にあげることができましたが、戦争がなければ土地も与えられず、御家人の不満も出てきます。「俺たちにタダ働きさせるんじゃねえ!鎌倉殿はひでえやつだ」って。与えるパイがなければ、それまでなんです。与えるパイが少なくなると、その今度は親戚同士で揉めるのですね。俺のだ、俺のだって。そうなると訴訟も多くなります。

与えるパイもそうですが、戦争があったときは、共通の敵がいたので、一致団結して戦うことができたのです。が、平時になると、共通の敵がいなくなります。すると起こりやすいのが内紛です。「Zガンダム」でも、ジオンという敵がいなくなり(残党がいるものの)、地球連邦軍がエゥーゴとティターンズという二つの軍閥に分かれ内戦を起こしてしまうのですね。

今「鎌倉殿の十三人」やってますが、頼朝というトップの元、北条以下、有力な御家人たちがひしめき合っているのです。仲良くやるのが1番なのですが、それぞれが幕府の実権を握ろうと虎視眈々としていて、最悪、御家人同士が相争うこともあるのです。そんなことにならないように頼朝は御家人同士のパワーバランスに気を遣っていたのです。

また、戦争がなくなれば、武士の存在価値が薄れていくのですね。幕府もいわゆる軍事政権。世界の歴史を振り返ってみても軍事政権で成功した例はあまりないのですね。平和になると軍人の政治から、官僚の政治に変わらなきゃいけない。統治システムが必要になります。その統治システムで1番いらないのが武力、もっと言えば暴力です。今まで戦しかやらなかった人たちに、いきなり刀を捨てろと言われても困ってしまうのです。武家でも北条義時のような人なら問題ないのですが、そんな人ばかりじゃない。結局、京都から公家や官僚を招いて、幕府の運営にあたらせると。公家はこうした官僚的な仕事が強いですからね。こうなると武士は肩身が狭くなります。

そんな最中、頼朝に次男、千幡が生まれます。のちの源実朝です。その乳母夫(後見人)に北条時政が選ばれました。これは千幡に北条家が後ろ盾になるということです。一方、頼朝の嫡男の頼家の乳母夫に比企能員ヒキヨシイエがいました。頼家の後ろ盾に比企家。頼朝の死後、跡目を巡って比企と北条が対立する危険性があります。それで頼朝は、比企の娘と北条義時を結婚させたのです。

これで、幕府も安泰と思って起きたのが、曽我騒動。頼朝はどう動くか。なんと、頼朝は事件の後、御家人たちの大粛清を行います。御家人や武士団たちの所領を没収したり、有力な御家人を無理やり出家させたり。さらに弟の源範頼もターゲットになったのです。罪状は、曽我兄弟の敵討ち事件直後、頼朝が死んだという知らせが鎌倉に伝わったのです。その時、範頼が北条政子に「私がいるから大丈夫」と語ったと。頼朝は死んでいないのに、範頼は死んだと勘違いしたのですね。範頼としては野心というより、鎌倉幕府を守らなきゃという使命感からきた行動だと思うんですよ。でも、頼朝はそうとらなかった。自分に対する裏切りとしか思わず、範頼を幽閉の上、暗殺。

甲斐源氏の御家人、安田義資も首を刎ねられます。理由は永福寺の供養の最中に女官に恋文を渡したからだとか。永福寺は、頼朝が奥州攻めで亡くなった武将たちの鎮魂のため建立した寺院であり、その供養の際の義資の態度が、安田一族の粛清の口実にされたと思われます。

曽我事件を期に、鎌倉に不満を持つものや嫡男の頼家に歯向かいそうな御家人を粛清したのですね。そして、頼朝が最も気になったのが北条時政。北条時政は女房の政子の父であり、鎌倉幕府の功労者。粗末に扱うわけにはいきません。しかし、曽我兄弟の弟の五郎元服した時の烏帽子親だったのが時政だったのです。五郎に時政の一字を与えています。しかも敵討ちの際は時政は協力したという噂もあったほど。そんな時政に頼朝は不信感を抱いています。でも、結局頼朝は時政を粛清することなく、それ以降も重んじたのです。さらに遠江の領地も与え、時政は伊豆、相模、遠江の3カ国の守護になれたのです。時政はまだまだ幕府のために必要だと頼朝は判断したのでしょう。

*この記事は「英雄たちの選択」を参考にして書きました。




映画「羊たちの沈黙」は、猟奇的な殺人鬼が主人公のサスペンス映画でありながら、アカデミー作品賞を受賞した作品です。それくらい、この映画の完成度が高いのです。この映画の主人公にはモデルがいました。テッド・バンディ。三十人もの人を殺した殺人鬼。しかし、普段の彼は優しくて人望もあったと言います。バンディの生い立ちは残虐とは程遠いものでした。1946年生まれで4歳からワシントン州で育ちます。五人兄弟の長男で、家族の仲もよく、母親も愛情を注いできたのです。成績も優秀で、まさに自慢の息子だったのです。大学時代は将来は州知事と言われるほど。自殺救済電話相談所で働き、悩める人の命まで救ったのです。バンディは相談者に対して、親身になって耳を傾け、思いやりのある態度で接したといいます。そんないい人がなぜ三十人も人を殺したのでしょう???それでは彼の犯行を見て行きます。

1974年9月6日、サマミッシュ湖から離れたテイラーマウンテンで、多くの白骨遺体が見つかったのです。しかも8体。遺体を埋めずに野晒しにしていたのです。その遺体は全員八ヶ月前からシアトル周辺で行方不明になった女性であることが判明。それから1974年10月以降、ワシントン州から離れたユタ州で五人、コロラド州では四人が失踪、後日遺体で見つかるというケースが続出したのです。この連続殺人事件の犯人は組織的なものではないと警察は判断。おそらく犯人は恐ろしいシリアスキラーだと。

次々と犠牲者が増える中、ユタ州警察は一人の男を不審物所持の疑いで逮捕。その男こそテッド・バンディ。そのテッド・バンディが、もしかしたら連続殺人事件の犯人じゃないかと取り調べを行ったのです。するとテッド・バンディから押収した(バンディの)自家用車から、女性の髪の毛が見つかったのです。これはバンディが捕まる前に、バンディに拉致された女性の髪の毛でした。幸い、その女性はうまく逃げることができて、ことなきを得たのです。こうしてバンディは誘拐未遂で再逮捕。これまでの殺人事件当日の動きをクレジットカードの明細から追跡。すると殺人事件の犯行現場付近のガソリンスタンドで給油をしたいたことも判明。これで、バンディは連続殺人の容疑者となったのです。

バンディは裁判にかけられてしまい、有罪判決がくだり刑務所に入りますが、そんな状況でも冷静で理知的で時にユーモアを交える余裕を見せていたと言います。しかもバンディは模範囚として看守からも信頼されていたほど。そしてバンディはコロラドの刑務所から逃亡したのです。天井に30センチもの穴を開けて逃げたのです。バンディは捕まって刑務所にまた入ったものの、なんと再び脱獄。とうとうバンディは最重要指名手配犯になってしまいます。バンディの捜索にはFBIまで動いたと言います。恐ろしい殺人者が野に放たれたのだから、そりゃ怖いです。もしかしたら、自分の身近にバンディが現れるかもしれないって。

バンディが行方をくらましたまま、時は流れ1978年1月15日、フロリダ州にある大学の女子寮で、女子が襲われてしまうのです。それで四人の女性が被害に遭い、二人死亡、二人重傷。それから一ヶ月後、フロリダでバンディ再逮捕。この女子寮襲撃事件の犯人もバンディじゃないかって言われるようになります。バンディの裁判にはマスコミも集まりました。それを知ってかバンディはマスコミたちの前で「自分は無罪だ」と主張。裁判はアメリカ初の全米テレビ中継になったのです。ここでバンディは自分の弁護士を無能扱い。バンディの弁護士は死刑を回避するため司法取引で罪を認めるよう勧めたのですが、逆にバンディはその弁護士を批判。

なんとバンディは自ら弁護団に加わることを宣言。殺人事件の被告人でありながら弁護人も兼ねたのです。前代未聞の出来事です。この裁判は陪審員制。一般市民から選ばれた十二人の陪審員の評決で決着が決まるのです。とは言っても、これは多数決ではなく、一つの採決に十二人全員の評決が一致しなくてはならないのです。有罪判決を出すにしても、一人でも無罪を主張する人がいれば、判決が決まらないのです。逆に言えば陪審員が一人でもバンディの言い分に納得すれば有罪にならないのです。バンディは法廷でカメラに向けてピースしたり、傍聴席の女性に手を振ったり、笑顔を見せたり、残虐な殺人犯とは思えない振る舞い。テレビ記者との話も和やかな雰囲気。裁判では自らを弁護して、その巧みな弁舌で陪審員たちも心が動きます。そうやって陪審員をたぶらかそうとするが、結局検察側がさまざまな証拠を出してきて、バンディのトリックも見破られてしまうのです。結局、陪審員全員一致の有罪判決。それは1979年の出来事です。

それでもめげないバンディは上告を重ねること18回、死刑も10年延期したのです。しかし、こうしたバンディの態度は反感を買うだけでした。結局、死刑になったのは1989年1月24日。この時、バンディの死刑を喜んだ人たちは少なくありませんでした。そりゃ、全米を恐怖に陥れたのだから。

*この記事は「ダークサイド・ミステリー」を参考にして書きました。



まずは、一曲お聴きください。映画「追憶」(「The way We were」)のテーマ曲です。バーブラ・ストライサンドの歌です。名曲です。切ないメロディーラインだけれども、じわじわと心の琴線に触れます。映画バーブラ・ストライサンドが出演し、歌の主題歌も歌いました。

バーブラ・ストライサンドは女優ですが、歌手としての実力も折り紙付で、米国で最も成功した女性歌手として認識されました。彼女のアルバムのセールスはすごくて、1970年代当時彼女より多くのアルバムを売り上げていたのはエルヴィス・プレスリーとビートルズだけと言われるほど。 1982年に、音楽評論家のスティーヴン・ホールデンは彼女を「フランク・シナトラ以来最も影響力のある米国ポップ歌手」と評されました。


映画の内容は理想主義的な左翼思想に傾倒する頑固なケイティーと、政治的主義にとらわれない考えを持つ人気者のハベル。信条が正反対の2人は大学で出逢い、卒業後それぞれの道を進むというもの。バーブラ・ストライサンドはその左翼思想にハマったケイティーを演じました。彼女が演じたケイティーですが、口を開けば政治の話ばかり。言わんとする気持ちは理解できるが現実にこんな女性が自分の彼女だったら嫌だなって思いました。そんな彼女をバーブラ・ストライサンドは見事に演じてました。

映画のテーマはマッカーシズム。

マッカーシズムと米国共和党上院議員J=R=マッカーシーを中心に米国内で行われた反共運動。いわゆる赤狩りです。赤つまり共産主義者が弾圧されたのです。戦後のアメリカは共産主義を根絶やしにするために、共産主義者だけでなく、共産主義者だと疑われたものまでが職を失ったと言います。まさに二十世紀の魔女狩りと言われてる時代で、その魔の手はハリウッドにまで及びました。

赤狩りそのものは戦前からありましたが、ひどくなったのは戦後。かのウォルト・ディズニーも熱心に赤狩りをやっていたと言います。びっくりしますよね。ディズニーって夢いっぱいのイメージがあるのですが、保守的な政治思想の人だったんだなって。ロナルド・レーガンは俳優でありタレントでもありましたが、この赤狩りに熱心に協力し、政界とコネクションができて、やがて大統領にまで上り詰めたのです。ちなみに「バック・トゥー・ザ・フィーチャー」で1985年から1955年にタイムスリップした主人公のマーティーが、1955年のドクに「僕の時代の大統領はレーガンだ」と言ったら、ドクが怒って「あの三流俳優が!?」って信じないのですね。それが1955年当時のアメリカ人の感覚でしょうね。考えてみたら、今のウクライナの大統領だって元はコメディアンだったし、人間の運命ってわかりませんね。

チャップリンは、共産主義者のレッテルを貼られてしまったのです。そんなチャップリンが作った映画が「殺人狂時代」という映画。金を目当てに殺人を繰り返す男の物語。この映画のクライマックスにこんなセリフが出てきます。

「一人を殺せば悪党だが、百万人を殺せば英雄。数が殺人を正当化するのだ」

このセリフはソ連を核兵器競争をしているアメリカを批判したもの。当然、アメリカの保守派は激怒。チャップリンを避難する声が上がるのです。自由の国アメリカと言われておりますが、全く逆のことをしている。アメリカに渡ったのに、いまだにイギリス国籍のままなのも攻撃材料になりました。

その時、チャップリンの言葉が、

「私は祖国を熱狂的に愛することができない。なぜなら、それはナチスのような国を作ることになるからだ。ナショナリズムの殉教者になるつもりはないし、大統領のため、首相のため、独裁者のため、死ぬつもりもない」


ところが赤狩りはエスカレート。チャップリン追放の声も上も上がりました。ある議員は「彼がハリウッドにいること自体、アメリカの体制には有害なのです」と。そして1952年9月、チャップリンはアメリカから追放されてしまいます。

「さまざまな政治力が支配する空気の中で反感を買い、残念ながらアメリカの大衆の愛を失ってしまったということになるだろう」とチャップリンと言い残し、寂しくアメリカを去っていったのです。

そして1972年、ロサンゼルスで行われた第44回アカデミー賞授賞式で、チャップリンは会場に呼ばれたのです。チャップリンの名誉が回復されたのです。しかし、セレモニーで多くを語ることはなかったのです。そしてチャップリンは1977年になくなります。

最後にチャップリンの言葉を引用します。


すべての映画はプロパガンダです。ボーイ・ミーツ・ガールの映画は愛のプロパガンダ。そして「独裁者」は民主主義のプロパガンダなのです。

※この記事は「映像の世紀」を参考にして書きました。

「ちょっと考えてみろ。彼は狂人で、私は喜劇役者だ。しかし一つ間違えれば、その反対になっていたかもしれない。私がこうしていられるのも、神様のおかげだ」

チャールズ・チャップリンの言葉です。彼とはアドルフ・ヒトラーのこと。実はチャップリンとヒトラーは生まれた年も同じで、誕生日が4日違いなのですね。驚きですね。平和を愛し、人々を楽しませてきたチャップリン、一方のヒトラーは独裁者として人々を恐怖のどん底に陥れた。まるで正反対のようですが、実は二人の共通点はあるのですね。両者とも、ちょび髭がトレードマークで、人々を熱狂させたという意味で。また、両者とも

また、ヒトラーはユダヤ人を弾圧したことで有名ですが、意外にもチャップリンもユダヤ人を弾圧こそしなかったものの、ユダヤ人に偏見を持っていたような描写の映画を撮ったことがあるのですね。最も、それは初期の頃の話です。「チャップリンの覚悟」(1916)という作品にユダヤ人らしき人間が登場し、その人物に(チャップリン演じる)主人公が金を巻き上げられる描写が描かれているのです。しかし、チャップリン自身は自分の心の奥に潜むユダヤ人への偏見と葛藤していたようです。「チャップリンの霊泉」という映画に、初めはユダヤ人を馬鹿にしたような描写のシーンもあったのですが、そのシーンをボツにしたとも。

トーキーが流行り出しても、チャップリンは無声映画にこだわり続けました。チャップリン曰く」トーキーは嫌いだ。人類最古の芸術であるパントマイムを滅ぼし、沈黙の美を破壊するからだ」と。逆にトーキーをうまく利用したのがヒトラー。ヒトラーは演説の際、トーキー映像を使い、多くの人々に訴えることができたのですね。ヒトラーは発声法のプロ(オペラ歌手)を雇って、力みのない発声法や呼吸法を学び、演劇で使われるジェスチャーなども学んだのです。こうしたテクニックは演説の時に役立ったと言います。ヒトラーが演説の時、大きな手振り身振りをしますが、あれもこうして学んだテクニックのうちなんですね。

チャップリンはドイツでも人気がありましたが、1935年1月にドイツで上映禁止通達書が出され、チャップリンの映画も上映禁止になります。理由は、チャップリンと風貌が似ているということで、ヒトラーも神経を尖らせていたのです。実際、ドイツは「永遠のユダヤ人」というプロパガンダ映画を作り、チャップリンを批判したのですね。

そしてチャップリンは自分と容貌が似たヒトラーを笑い物にしようと「独裁者」という映画をつくり、ファシズムを批判するのです。この「独裁者」は大ヒットしました。この映画でチャップリンは一人二役で、独裁者とユダヤ人の理髪師を演じたのです。僕も前に見たことがあるけれど、面白かったですよ。ヒトラーを笑い物にするべく、嫌っていたトーキーを取り入れたのですね。ヒトラーの演説のパロディをするために。一方のヒトラーも黙っていません。ナチスはこの映画を「チャップリン特有のグロテスクで下劣な作風」と批判。それにしてもヒトラーは、この映画を実際に見たのでしょうか?チャップリンは「ヒトラー本人の感想を聞きたいね」と述べていましたが。


チャップリンとヒトラーは日本とも繋がりがありました。チャップリンは親日家であり、生涯において四度も訪れています。和食を食べたり、歌舞伎や相撲を倒しんだそうです。そんなチャップリンは日本でも大人気。チャップリンの真似をする人もいたほど。チャップリンはちょと前なら、マイケル・ジャクソン。今ならジャスティン・ビーバーのような存在でしょうか。しかし、チャップリンが来日したタイミングが悪く、一度目は5・15事件、二度目は2・26事件の時だったのですね。なお、先に挙げた「独裁者」は日本では上映されませんでした。「独裁者」が日本で初めて上映されるのは、なんと1960年。

日独伊三国同盟を結んだ後だったので、ヒトラー批判の映画は上映しづらかったのでしょうね。一方、ヒトラーは日本と同盟を組みましたが、「我が闘争」では日本人を馬鹿にしたような描写があるし、日本がシンガポールを陥落させたという知らせを受けた時は、喜ぶどころか、逆に援軍をおくってイギリスを助けたい部下に言い出す始末。口では親日だと言っていたが、本心は侮日だったのですね、ヒトラーは。

新潟県に北陸新幹線が走っていて、「燕三条」という駅名があります。一方、北陸高速道が通っていますが、そこのインターチェンジに「三条燕IC」とあります。面白いですね。駅名もしくはICの名前が微妙に違います。また新潟を代表するご当地グルメに燕三条ラーメンがあります。そんなこともあって新潟県外の人は、「燕三条市」もしくは「三条燕市」という市があるのだなって思いがちです。が、そんな市はございません。三条市と燕市という二つの市から駅名もしくはICの名前を取ったのです。なぜ、ICと駅名の名前が違うのかはオトナの事情があるのですね。

実は両市の市町村合併の話もあったのですね。市の名前も二つの市の名前を使わず「県央市」と名づける案まで出たのですが、結局合併の話もたち消えとなりました。ちなみに東京にも田無市と保谷市という市があって両市は合併したのですが、市の名前は西東京市となりました。

燕市と三条市はお隣同士で、仲が悪いとネタにされることもあるそうですがw、この両市は金属産業が盛んで、世界的にも類を見ないほどの高い技術を持っているのですね。江戸時代に信濃川が氾濫する旅に、田んぼが流され、農民たちの生活も苦しくなったのです。そこで代官が和クギをつくらせ、収入源にしたのがその始まりだそうです。明治時代になり、洋クギが普及し、和クギの需要が減少しました。それで、今度は燕がキセル、矢立、銅器を手がけるようになったのです。大正時代になると、ヨーロッパで第一次世界大戦になって、洋食器の需要が高まり、洋食器も造るようになったのです。さらにハウスウェア、自動車に使うステンレス製のミラー、国産ロケット用の部品、さらにはApple社の薄型パソコンやiPadに使われているチタン板の加工なども行われております。

一方の三条は江戸時代から続く、鍬や鎌などの農具、カンナなどの大工用具など主に金物作りが主流になったのです。さらに三条市は1950年代から工業デザイナーと共にオリジナル製品を作り、フォックスの愛称で親しまれた「スナップリングプライヤー」などが誕生。

三条や燕で作られた製品は独創的で優れたデザインの商品に贈られる「グッドデザイン賞」を何度か受賞しているとのこと。また、両市が共同でプロジェクトを行っていると言います。すごいですね。






このページのトップヘ