History日誌

へっぽこ歴史好き男子が、日本史、世界史を中心にいろいろ語ります。コミュ障かつメンタル強くないので、お手柔らかにお願いいたします。一応歴史検定二級持ってます(日本史)

京都の宇治に橋姫伝説というのがあります。平安時代中期、大変仲が良い公家の夫婦がいました。そんな夫婦の間に亀裂が突然走ってしまいます。夫が浮気をしてしまうのです。怒った妻は夫をなじります。夫は言い逃ればかりで、結局、夫は蒸発してしまったのです。意を決した妻は貴船神社へと向かいます。ここには丑の時(午前2時)に参拝すると願いが叶うという言い伝えがあります。僕も以前に貴船神社にいったことがあるのですが、丑の時にお参りすればよかったなあw、僕がお参りをしたときは昼間でしたから。そんな話「ダークサイドミステリー」見るまで知らなかった。

そこで女がかけた願いとは、「恨みを晴らしたい、生きながら鬼にしてください」。怖いですね。普通、夫が浮気がバレた時点で奥さんは鬼になると思いますがw、わざわざ鬼になりたいと神様に願を書けるのだから本格的ですね。しかも、夫への恨みを晴らしたいと。女は神のお告げを聞き、まずは髪をツノの形に作り、そして21日間、宇治川に入り、水に浸かり続けたといいます。すごいですね。すると、女は願い通り鬼になったのです。その名を橋姫。

橋姫はすぐさま夫の元へ。夫の命を奪おうとしたら、突如現れた神々に邪魔されてしまいます。逃げ出した橋姫は、宇治川の流れに姿を消してしまうのですね。最後に残した言葉は、

「私を弔ってほしい」

男の身勝手な振る舞いに鬼になった橋姫の悲しい物語です。

また、元々丑の刻参りは願いを叶えるための純粋な行いでしたが、この橋姫以来、相手を呪うための儀式みたいになってしまったのですね。

*この記事は「ダークサイドミステリー」を参考にして書きました。

今日は大江山の酒呑童子について。有名な鬼ですよね。酒呑童子の物語を知らない人はいても、その名前を知っている人は多いはず。

時は平安時代、都で多数の行方不明事件が起こります。それで名高い陰陽師の安倍晴明が占ったところ、大江山に住む鬼の仕業だということがわかりました。その鬼の名前は酒呑童子。大江山は京都府の北西にあります。ここには鬼が古くから住んでいたという伝説があります。鬼退治の命を受けたのは武勇名高い源頼光。頼光は部下を率いて大江山に向かいました。

頼光一行が山を歩くと立派な宮殿を見つけました。その宮殿の中から身長3メートルもある大男が出てきたのです。大男と言いましても、「丸大ハンバーグ」のCMに出てくるおじさん(「大きくなれよ」のセリフで有名)、あw、若い人はわからないかw。「ジャックと豆の木」に出てくるようなおじさんではありません。見た目は子供のように見える大男です。

びっくりしたでしょうね。身長3メートルですからね。その大男は頼光一行をもてなし、酒宴を開いたと言います。そして、酒が入っていつの間にか仲良くなって、いろいろな話をしたのです。そして大男が身の上話をしたのです。

「自分は元々は比叡山に住んでいたが、最澄によって山を追い出されてしまった。仕方がないから、今は大江山に住んでいる」と。比叡山は延暦寺があるところですよね。要するに、大男は最澄や仏教勢力を快く思っていないのですね。

その大男の正体こそ酒呑童子に違いないと思った頼光たちは、鎧で身を構え、大男が寝るのを待っていたのです。そして大男の寝床に忍び込んだら、なんと身の丈15メートル、ツノが5本、目がいっぱいの、恐ろしい化け物、酒呑童子でした。そこへ頼光たちが斬りかかったのです。こうして酒呑童子を退治したのです。でも、冷静に考えるとひどい話ですよね。大男(酒呑童子)は源頼光を襲ったわけでもないし、都における行方不明事件の犯人だったという証拠もない。その根拠というのは、物的証拠ではなく、安倍晴明の占いの結果ですからね。むしろ、酒呑童子はお酒を勧めて源頼光をもてなしたのだから、結構いいやつじゃんって。

酒呑童子の首を持ち帰り、一向は大江山から京に向かったのですが、首が急に重くなったので運ぶことができませんでした。それで、途中のところで首を埋めたのです。その首を埋めたところは首塚大明神となっております。そんな伝説があるのです。また、その首は宇治の平等院の宝蔵に収められているという伝承もあります。

それにしても、このような恐ろしい鬼が実在したのでしょうか?実は平安時代は天皇を中心とした国家体制が確立されておりました。一方で、天皇に反発する人たちや、歯向かう豪族も少なくなかったのです。そうした人たちの存在を朝廷は許さなかったのです。また、宗教界では天台宗が最も権力を持っておりました。朝廷の加護を受けていましたからね。皇室にも逆らい、天台宗に対しても従わない宗教的なバックボーンを持った人たちがいても不思議じゃありません。そういう人たちを酒呑童子と見立て、悪者にしたのでしょう。要するに邪魔者。排除すべきものたち。今まで住んでいたところを追われ、逃げたら、逃げたで反逆者として、また追われ、結局殺されてしまう。なんかひでえ話だね。朝廷の方がよっぽど鬼じゃねえかって思ってしまいます。

DSC_2065

(宇治の平等院)



*この記事は「ダークサイドミステリー」

「渡る世間は鬼はなし」って言葉があります。世の中には鬼のように無情な人ばかりでなく、親切で人情に厚い人もいるということのたとえです。実際は鬼の方が圧倒的に多くて、親切で情に厚い人を探すのは難しい気がするのですがw、それはともかく、「鬼」っていうと悪いイメージがあります。また、鬼というと、虎のパンツで筋骨隆々で、おっかない顔のイメージがあります。いかにも強そうな感じですね。「桃太郎」とか「一寸法師」とかの昔話でも、鬼はラスボスのイメージですね。仕事の鬼という言葉がありますが、これはすごい仕事ができる人のことを言いますね。また、最近の若者よく「鬼」という言葉を使い、「鬼リピ」(鬼のようにリピートする)とか、「鬼やば」(とてもヤバい)みたいに使います。ここでは鬼ってすごいってイメージですね。いづれにせよ鬼は強いというニュアンスから、このような言葉が生まれたのだと思います。

この「鬼」という文字も中国から伝わりました。鬼の原点も古代中国です。しかし、古代中国における鬼は我々が考える鬼とはちょっと違うのですね。中国語の「鬼」は本来は人が死んだ後になるものという意味で、日本語でいうと「幽霊」に近いニュアンスです。現代でも人がなくなると鬼籍って言いますよね。その鬼籍もここからきているのです。

中国語の「鬼」は特に女性の幽霊のイメージがあるようです。古代中国の家制度で、未婚の女性が亡くなるとお墓にちゃんと入れてもらえなかったのですね。つまり女は結婚してやっと一人前。SDGSとかLGBTの現代では考えられないような女性差別ですが、そのため未婚で亡くなった女性の霊はこの世に未練を残してしまうと。それで男を探しに生きている男の前に現れると考えられたのです。

それが鬼は日本に渡って、いつの間にか得体の知れないものってイメージになったのですね。鬼が初めて登場するのは『日本書紀』。飛鳥時代、朝鮮半島は高句麗、百済、新羅と別れておりましたが、日本は百済と友好国で、その百済を助けるべく日本も立ち上がったのです。時の天皇、斉明天皇自ら出陣し、京から九州に向かったのですが、しかし九州にあった朝倉宮で斉明天皇は突然病死。その時の『日本書紀』の記述。

「朝倉山の上に鬼ありて大笠を着て、喪のよそおいを臨み視る」

なんと、朝倉山の上に大きな鬼がいて、大きな笠を被っていて、鬼が天皇の葬儀を見ていたというのです。怖いですね。見ているだけで悪さをしたわけじゃないのですね。また『日本書紀」には「鬼神」と書いて「かみ」とまで読ませていたのですね。ここでは鬼は悪さをするというより、人智を超えたものというイメージですね。

そして奈良時代になると『出雲国風土記』には鬼が人を襲うって記述があるのです。島根県の阿用というところがあるのですが、ここに一つ目の鬼が現れ人間を殺したというのです。その鬼が殺された人が亡くなる際に「あよ、あよ」って言ってなくなったとか。それから、この地は阿用の郷と呼ばれるになったのです。実は、この地はタタラ製鉄が盛んで、製鉄の作業中に、作業員が片目を潰してしまったと。それでタタラの民は目が一つだと。タタラの人というと「もののけ姫」を連想します。タタラの民は人を襲うどころか、真面目に生きてきたのに、朝廷から悪魔のように言われた、まあ言ってみれば差別ですね。

おそらく朝廷は鉄が欲しかったから、タタラの民を鬼と言って悪者扱いしたのでしょう。正義の朝廷からが悪い鬼(タタラの民)をやっつけて困っている村人を救うんだ、なんて感じでタタラの地を侵略したのですね。なんだか、どっちが鬼だかわかりませんがw、かつてのイラク戦争のようなことが起こっていたのですね。あの戦争もイラクのフセイン大統領を大量破壊兵器を隠し持つ悪い独裁者をやっつけろ見たいな感じでしたが、結局は石油の利権でしたから。

また、山賊だとか海賊だとか、そういうものたちのことを鬼と呼ぶようになったのですね。だんだん、鬼が野蛮で悪い奴ってイメージが出てきたのですね。

平安時代になると都に百鬼夜行が現れたそうです。百鬼夜行とは、訳もわからぬ化け物や妖怪たちがうじゃうじゃ練り歩くことです。その姿はなんとも恐ろしげです。その百鬼夜行が現れる日は毎月決まっていて1月と2月 は子(ね)の日、3月と4月は 午(うま)の日という具合に。百鬼夜行を見たものは死んでしまうという言い伝えもあり、そのため百鬼夜行に会うと大変だということで、その百鬼夜行が現れる日は貴族は外出を控えたと言います。百鬼夜行は一条大路と二条大路あたりに出没するのです。そこは天皇が住む大内裏の周辺。その正体は、貴族から見た身分が低い者たち。貴族にとっては、それは排除すべきもの、異物だという感覚だったのです。今でいえば負け組とか底辺の人たち。要するに貴族はそいういった人たちを妖怪とみなし見下していたのですね。

54BDC61A-FD68-491F-AE1D-0E2C9BB09ACE

(百鬼夜行の絵 Wikipediaより)

*この記事は「ダーク・サイドミステリー」を参考にして書きました。

10月23日。ソ連のフルシチョフが動きます。ソ連側のワルシャワ条約機構軍が、いつでもミサイル発射できるよう臨戦体制を敷いたのです。キュバーでもアメリカからの攻撃に備えるべく、ミサイルの配備が急ピッチで進みました。その頃、アメリカ本土はパニック状態でした。前日のケネディの中継を見た人々は買いだめに走り、どのスーパーも品切れが続出。震災やコロナの時もそうでしたが、人間パニックになると、同じような行動に走るのですね。この日の夜、ケネディは弟に今の心境を吐露します。

ケネディ「地獄みたいな状況だと思わないか?だが他に道はなかったのだ。フルシチョフがここまでやる以上、他に選択肢がなかった」と。ロバートはただ「そうですね」としか言えなかった。

10月24日、いよいよ海上封鎖が始まったのです。アメリカはミサイルを配備、いつでも戦争ができる状況にしたのです。

10月25日、ニューヨークの国連本部。アメリカの大使はソ連に揺さぶりをかけます。ズバリ「キューバに攻撃用の核ミサイルを配備しましたか」って。しかし、ソ連大使ははぐらかします。そこでアメリカ大使はキューバの航空写真をここで見せます。その写真には建設中のミサイル基地が映ってます。ソ連大使もタジタジ。国際社会もアメリカに味方します。

10月26日、この日の午後、ソビエト大使館からスカルという人物に電話が入ります。会ってほしいと。スカルはアメリカの記者で、フルシチョフとも面識があるのですね。それで、ソ連の大使館職員がスカルにこう言います。「キューバに侵攻しないことを約束するなら、ソ連はキューバからミサイルを撤去する意思がある」と。スカルは「私は一記者に過ぎないが、議論に値する提案」と答えたそうです。スカルの得た情報は、すぐケネディに伝えられました。実は、ケネディの元にもフルシチョフから書簡をもらっていたのです。その内容はスカルの話と同じでした。ケネディは確信した。和解できると。

10月27日、この日、ケネディにとって最悪の事態になります。のちに暗黒の土曜日と言われます。この日、フルシチョフから書簡が届いたのです。それはトルコに配備されているミサイル撤去の要求。これを飲むことはできません。さらに、Uー2偵察機がソ連軍に爆撃されたのです。だが、これはフルシチョフが命令したのではなく、現場のソ連兵が暴走したのです。これにはルメイも激怒。反撃をしろと言い出します。アメリカは大統領の指示があれば、いつでも戦争ができる臨戦体制に入りました。まさに核戦争の危機。それに国防長官のマクナマラに「待った!」をかけます。実は第二次世界大戦中、マクナマラはルメイの部下でした。日本の無差別攻撃をマクナマラは命令のもと、行いましたが、のちに悔やんだのです。「勝つためなら、一晩で10万の市民を、焼き殺していいのか。」と。あの悲劇を繰り返してはいけないと。ケネディも決断をためらいます。

同じ頃、ソ連も臨戦体制でした。封鎖線付近には潜水艦。しかも核魚雷を搭載。アメリカ戦闘機はその潜水艦を発見。事前の取り決め通り、浮上を求める合図として演習用の爆雷を投下、しかし、ソ連の潜水艦の艦長は、浮上を促す合図と受け止めず、アメリカ空軍の攻撃と見做し、反撃の準備をしました。しかし副官庁がなだめて、「これは浮上せよ」という合図だと言ったそうです。ギリギリのところで核魚雷の発射は回避されました。アメリカ統治下の沖縄にあるミサイル発射基地にも発射命令が下っていたのです。沖縄に核兵器があった!?今考えると恐ろしいですね。結局、その発射命令も誤報だったとわかり、ミサイル発射はなしになったのです。よかったですね。

その夜、ソ連から要求されたトルコのミサイル撤去要求をケネディは飲むとソ連側に報告。これはケネディの決断です。

そして10月28日。ソビエト政府はキューバでの武器を解体。そしてキューバ周辺に滞在するソ連軍に国に帰れと命じたのです。ケネディはホッとしたでしょう。教会に行き、神に感謝の意を捧げたのです。悪夢の13日間はこうして終わりました。アメリカも約束通り、トルコに配備されたミサイルを撤去。

「かつて世界大戦は、些細な出来事と誤った判断の積み重ねて加速し、世界に悲劇をもたらした。私たちは正しい情報と確固たる意志で行動しなければならないのだ」と、のちにケネディはキュバー危機の教訓を語っています。

しかし、ケネディ大統領は翌年の11月22日、テキサス州のダラスで暗殺されてしまいます。一方のフルシチョフも失脚、アメリカに譲歩しすぎたためだと言われております。前回の記事でも出てきた、アメリカのスパイ、オレグ・ベンコスキーは処刑されてしまいますが、アメリカは彼に「HERO」というコードネームをつけます。命懸けで情報を送り続け、核戦争の危機を救った人物だと称えたのです。

冷戦時代、世界が最も核戦争に近づいた時がありました。それはキューバ危機。1962年の出来事でした。アメリカはJFKことケネディ大統領、ソ連はフルシチョフ。二つの大国のせめぎ合いでした。一歩間違えれば、核戦争になり、世界は大変なことになっていました。今日は順を追ってお話しします。

1959年4月、アメリカにキューバの指導者カストロが訪れます。カストロは、キューバ革命を成功させ、アメリカが支援した政権を倒し、キューバを社会主義国家に変えたのです。そんなアメリカの敵とも言えるカストロですが、アメリカ国民のウケは悪くなかったのです。むしろ歓迎ムード。しかし、時の大統領アイゼンハワーはカストロとの会談を拒否。その後、カストロはソ連と急接近。

そして、1962年10月16日、この日ケネディは真っ青になったのです。理由はアメリカがキューバに飛ばした偵察機Uー2から送られてきた写真です。その写真にはなんと核ミサイルの発射台です。それがアメリカに程近いキューバに設置されているのです。これはソ連が密かに建設を進めたものです。基地はまだ完成していないが、これが完成すれば一大事です。ケネディはすぐさま幹部会議を開いたと言います。閣僚たちが口々に言ったのが、基地が完成する前に空爆しようって。先制攻撃論です。この時ある閣僚が「真珠湾奇襲を決断した時の東條英機首相の気持ちがやっとわかった」っていうほど。政府は、この危機を国民に知らせまいと、何事もなかったかのように淡々と政務をこなしたと言います。この日はリビアのハサン皇太子を昼食会に招いたと言います。

10月17日ケネディは、フロリダの基地の軍部を増強し、先制攻撃の準備をしました。

10月18日、この日にも会議が行われ、キューバを先制攻撃すると、ソ連は西ドイツやイギリスなどのNATO諸国に報復するだろうと、ヨーロッパ(NATO加盟国)各地にミサイルを配備することを決定。下手すりゃ全面戦争になります。ケネディは先制攻撃をためらいます。

10月19日、この日に行われた会議でカーティス・ルメイが即時攻撃を主張。彼は最も強硬派でした。彼は第二次世界大戦でも功績をあげた人物。ケネディ相手にも威圧的な態度を取ります。ケネディは悩みます。ルメイはケネディに言います。「ミュンヘンの失敗の二の舞を演じようというのでしょうか?」。ミュンヘンの失敗とは1938年に行われたミュンヘン会議で、ドイツの領土拡大を認めたものです。ヒトラーに譲歩して、その野望を抑えようとしたが、かえってナチスドイツは暴走してしまったのです。その時駐英アメリカ大使を務めていたのが、ジョセフ・F・ケネディ。ケネディ大統領の父親です。ヒトラーへの譲歩を主張した人物の一人。まさにケネディ家の汚点。痛いところを突かれたケネディ大統領は、寂しくその場を去ったと言います。

10月20日。ケネディは遊説のため、シカゴを訪れましたが、しかしすぐ風邪をひいたと言って、すぐホワイトハウスに戻ったのです。もちろん、仮病です。キューバの新たな情報が入ったのです。マスコミは不審がり、ホワイトハウスに集まりました。もちろん、政府の高官たちは、大統領が風邪をひいたのは本当だよって主張。ソ連に対してどうするか。国防長官のロバート・マクナマラが海上封鎖を主張したのです。キューバ周辺の海に封鎖ラインをひき、ソ連の貨物船に検査を行うというもの。そして圧力をかけ、ミサイル台を撤去させると。海上封鎖は宣戦布告と捉えかねないが、それでも戦争を避け、毅然とした態度を取るにはこれしかないと。

10月21日、ケネディは妻のジャクリーンと共に教会のミサに参加。この日、ケネディはジャクリーンに、最悪の事態を鑑み、自分を置いて逃げるように勧めますが、ジャクリーンはそれを拒否。ジャクリーンは「死ぬ時もあなたと一緒」。ケネディのことを本当に愛していたのですね。

10月22日。この日、ケネディがテレビの生中継でキューバの危機を伝えます。そして海上封鎖もするとも発表。それは全米に放送されました。これまで隠してきた情報をアメリカ国民に伝えたのです。そのケネディの言葉に、人々は呆然。戦争が現実的な話になったのです。この日、ケネディにとって最悪な話が舞い込みます。オレグ・ベンコスキーというアメリカのスパイが、ソ連のKGBに逮捕された知らせ。彼を使ってソ連の情報を探らせ、ソ連の動向やミサイルなどの情報を密かにアメリカに送っていたのです。オレグ・ベンコスキーはロシア人なのに、なぜアメリカに協力したのでしょう?それは祖国に対する失望からでした。共産党一党独裁のもと恐怖で人々を苦しめていたのです。ベンコスキーの父親もソ連の共産党に殺されたのです。ベンコスキーが逮捕されることで、ソ連の情報がこれ以上入らなくなります。のちにベンコスキーは処刑されてしまいます。

このページのトップヘ