History日誌

へっぽこ歴史好き男子が、日本史、世界史を中心にいろいろ語ります。コミュ障かつメンタル強くないので、お手柔らかにお願いいたします。一応歴史検定二級持ってます(日本史)

春ですね。あれほど寒かった日々が嘘みたいに温かくなりましたね。まだ早朝と夜は肌寒いですが、御昼くらいだと、むしろ暑いくらい。そんなこんなで良い季節になりました。僕は昔は秋がすきだったけれど、最近は春がいいなあって。秋ってなんかさみしいイメージがあるから。春はいいですね。でも、春もよいことばかりではありません、卒業とか、会社では異動とか、人々の出会いと別れの季節でもあります。仲良くなれた友達ともお別れすることになり、そういう意味ではさみしい季節でもあります。

柏原芳恵さんの歌に「春なのに」って曲があります。名曲ですね。1983年の楽曲ですが、いまも色あせないくらい、メロディーもきれいだし、歌詞も切なくてよい。歌詞に「♪記念にくださいボタンをひとつ青い空に捨てます」とあります。そのボタンとは制服の第二ボタンのこと。もっと言えば男子学生の学ランの第二ボタンここと。かつては、女の子が、意中の男の子から第二ボタンをもらうのが卒業式でよくみられる光景でした。僕は中学のころ、制服がブレザーだったうえに、女の子とも全く縁がなかったのでw、第二ボタンをあげたこともなかったのですが。

さて、その第二ボタンの由来は意外に古く、戦時中にさかのぼるといいます。なんでも出征した夫の帰りを待つ若い妻に、夫の弟が同居しておりました。夫の弟はまだ学生でしたが、妻つまり義理のお姉さんに恋心を抱いていたといいます。しかし、義理のお姉さんを口説けば不倫になってしまう、だから弟は恋心を内に秘めたまま。真面目だったのですね。そんな弟にもi出征命令がでます。出征の朝、夫の弟は、義理のお姉さんに学生服の第二ボタンをわたし、「どうか自分だと思ってください」といって出征していくのです。第二ボタンは心臓に近いので、ハートと意味しており、また軍隊は規律が厳しいところですから、服装が乱れていたら、それこそ制裁をくらってしまう。ほかのボタンならだらしなくみえるけれど、第二ボタンなら取ったところで、服装はそんなに乱れない。そういう意味合いもあったのですね。

さらに戦後の1960年に「予科練物語 紺碧の空遠く」という映画が上映され、予科練生が特攻隊の出撃を目前に恋人に第二ボタンをわたすシーンが出てきます。この映画はヒットしましたし、そのシーンをみた人たちも、マネして大切な人に第二ボタンを渡す習慣がうまれたのですね。

※ アンケート
もしよろしければ、アンケートをお願いします。春の歌のアンケートです。

IMG_0548

(関東大震災のときに止まった時計)

IMG_0549

(関東大震災の火災で焼けてしまった、お菓子)

1 関東大震災100年、大震災でも焼け残った神田和泉町、佐久間町
 今年は関東大震災発生からちょうど100年を迎えます。1923年(大正12)9月1日に関東地方に大地震。おびただしい被害が出ました。関東地方ではだいたい100年おきに大きな地震がくるといわれています。もしかしたら、今年か来年あたり関東地方に大きな地震がくるのではないかって僕も大変心配しております。昨日もなんか地震があったみたいだし。昨日は東日本大震災(2011)のあった日、おとといは東京大空襲のあった日。ということで、今日は防災にまつわるお話をしようかと思っております。

関東大震災では東京のあちこちが火災にあい、多くに犠牲が出たのですが、神田区(今の千代田区)神田和泉町、佐久間町周辺の地域だけは、地元住民の必死の消火活動のかいあって被害がなかったのです。神田泉町、佐久間町は今のアキバこと秋葉原周辺で、秋葉原駅の東側にあたる区域で、三井記念病院が立っているあたりですね。


和泉町、佐久間町住民の努力は、今後の大地震や災害に直面したときの教訓として生かせるかもしれません。

2 延焼を受けにくい環境だった
まず、地理的な面で神田泉町、佐久間町周辺は恵まれておりました。まず区域内には内務省衛生試験所や、三井慈善病院といった耐火構造の建物があったこと、和泉町や佐久間町の北側に郵便局などレンガ造りの建築物がいくつもあったようです。それらの建物は燃えてしまいましたが、防火壁の役割を果たし、和泉町や佐久間町を守ったのですね。南側に神田川と電車道があったのも幸いでした。川があれば火も移ってきませんし、電車道なら燃えるものもありません。西側には秋葉原貨物駅もあり、駅周辺に木造建築物がなかったことも幸いだったのです。

IMG_0578

(和泉町、佐久間町の地図。公益財団法人 東京都慰霊協会のパンフレットより)

また、火の手は四方から迫りましたが、それぞれ時間差があったため、火災に対応する方向をしぼることができたのです。一気に火の手があがれば、にげることができませんが、火の手に時間差があれば、消火活動をする余裕も生まれるし、逃げ道を確保することもできます。


IMG_0579


まず、↑の絵を参考にしながら、御説明をさせていただきます。まず9月1日の18時ごろ、神田泉町、佐久間町の南方( 砲ら火の手が迫ってきました。南側には電車道と神田川があったので、延焼がまぬがれたのと、それに加え、火の勢いも比較的よわかったことも幸いだったのです。

9月2日の0時の深夜。西側(◆砲ら火が迫ってきました。しかし、秋葉原貨物駅があり、その構内にあった豊富な水を利用することができたので、消火活動ができたのです。

9時2日の朝6時ごろに、今度は東側()から火の手があがってきましたが、三井慈善病院や衛生試験所などの耐火建築物が防火壁の役割を果たした上に、火災が和泉町、佐久間町周辺に接近した時点では風向きもかわって、東側の延焼は免れました。

9月2日の15時になって、今度は北側(ぁ砲ら火が接近しました。北側には郵便局とかレンガの建築物がいくつもありました。結局、郵便局などの建物は焼けてしまいましたが、燃え残った壁が防火壁としての効果を持っていたのです。

また、神田の和泉町1番地にはポンプを取り扱う帝国喞筒会社ていこくそくとうかいしゃがあり、3,4台の消防用のガソリンポンプが残っており、これを使って消火活動ができたのも、これまた幸いだったのです。ほかにも三井慈善病院にもガソリンポンプが配備されており、この消防用ガソリンポンプを使うこともできたのも、これまた幸いでした。東京は地震の影響で水道管が壊れ、消火活動がままならぬ状況でした。だから消火活動に水を使えない状況だったので、多くのところでは被害が大きかくなったのですが、神田和泉町や佐久間町はガソリンポンプがあったことが幸いだったのです。

3 消火活動を優先した人々
 9月1日の午後6時ごろには、神田和泉町、佐久間町に住んでいる、おじいちゃん、おばあちゃん、子供や女性の多くを上野方面に避難させたといいます。上野と言えば上野公園がありますね。上野公園はとても広くて避難場所としても最高です。上野公園には和泉町、佐久間町だけでなく、浅草や本所など周辺の人たちもたくさん避難したといいます。上野公園には50万人もの避難者がいて、難をのがれたといいます。

残った男たちは協力し合い、燃えやすい素材を用いている建物を火災が広がる前に壊したり、バケツリレーを行ったりしたといいます。また、神田和泉町、佐久間町が被災していないということで、この地域に避難した人たちもいたのです。こうした他所から来たひとも消火活動に参加したというから驚きです。他所から荷物を持って避難してきた人々には、まず飛び火の恐れがあるものを神田川に捨てさせたといいます。中にはタンスとか家財道具をもって逃げたひともいましたが、生き延びるためには、そうしたものも捨てるしかない。それから避難した人たちにも消火活動の協力を、佐久間町、和泉町の人たちは頼んだといいます。こうした住民たちの必死な努力も実って、神田和泉町や佐久間町は火災を免れたといいます。

※ この記事は『焼け残った神田和泉町・佐久間町の真実』(公益財団法人、東京都慰霊協会のだしたパンフレットを参考にして書きました)




「世界ふしぎ発見」が4月からリニューアルされるようですね。僕は中学のころから見ているのですが、いまも続いていることに驚きです。当初は司会の草野仁さんの安定感のある司会進行に、出演者の黒柳徹子さん、板東英二さんの夫婦漫才のようなやり取り、それから野々村真さんがおとぼけな回答で視聴者を笑わせるのがおなじみのパターンだったのですね。黒柳さんは世界中を飛び回っていて、かつ収録が始まる前に、その日のテーマや、その日に取り上げる国に関連する本をたくさんお読みになっているとか。だから、黒柳さん、トップ賞を取ることが多かったのでしょうね。

板東さんは、もともと頭の切れて教養のある方なのですが、それに加え御自身の経験に基づいた回答をされることが多く、わりと正解率は高かったような気がします。野々村さんは当初は、失礼ながらバカ回答が目立ったのですがw、ここ近年はまじめに答えられ、正解率も上がっておりトップ賞をとることもしばしば。やはり長年出演しているだけあってキャリアが違うなって。

あとミステリーハンターの竹内海南江さんも番組の初期から現在に至るまで、御出演されているのですね。ミステリーハンターはこれまでたくさんの方が担当されておりますが、竹内さんには今後もミステリーハンターを続けてほしいなって。


今年に入ってからクイズも、出演者それぞれで競うのではなく、出演者それぞれが話し合って答えを出す合議制になったので驚いていたのですが、リニューアルの布石だったのですね。ふしぎ発見といえば草野くん人形のボッシュートが有名ですが、あれがなくなってしまったのです。なぜ、個人戦から合議制になったのか不明です。


ただ、最近のふしぎ発見を見ていると、新ドラマの出演者とか、話題の俳優さんとかゲスト出演の方がトップ賞を取ることが目立つ。もしかしたら、この人はこういう回答をするとか台本があるのかもしれない。そういう忖度をやめましょうということで合議制になった可能性もありますね。

あと、ふしぎ発見が、合議制になったのは草野仁さんの勇退だとネットで流れておりましたが、草野さんが出なくなったら、それこそ、この番組を終わらせるべきだと思う。

ブログネタ
NHK大河ドラマ に参加中!
なんだか大河ドラマの「どうする家康」の評判が芳しくないみたいですね。嵐の松本潤さんが主演で前評判が高かっただけに。

僕もちらっと見たのですが、全体的に軽い感じだなって。大河が軽いノリだったのは前作の「鎌倉殿の13人」でも見られたのですが、それでも脚本が三谷幸喜さんだし、出演者の演技力がすごくて引き込まれました。大河ドラマは重厚な雰囲気があったのですが、近年の大河ドラマは若い人にも見てもらおうということで、そんなノリになっているのかもしれない。とういか最近のNHKの番組は大河に限らず、若向けになっているような気がする。悪く言えば若者に媚びているっていうか。

まず、僕が違和感を覚えたのが、最初のOP映像です。テーマ音楽とともに出演者やスタッフのエンドロールが出てくるのですが、そのエンドロールが縦書きではなく横書きなのですね。大河ドラマは伝統的に縦書きなのですが、これには僕も「え?」って思ったのですね。

次にナレーター。寺島しのぶさんをあてがうのは良いとして、その語り口に違和感を覚えました。もっと普通に話せばいいのにって。というか、NHKのスタッフはなぜ普通に話させないのか。かつて『太平記』のナレーターをされた山根基世さんのナレーターは良かったなあ。あの山根さんの落ち着いたナレーションがまたドラマの重厚さを引き立てていたっけ。

あとCG。予算の関係もあるし、現在では時代劇をつくるのが難しいからCGを使うのはやむを得ないとしても。そのCGがゲームっぽいんですよね。『信長の野望』を見ているみたい。CGは前作の『鎌倉殿』でも使われていたけれど、あまり違和感がなかった。今作の『どうする家康』は明らかにCGを使っているなって感じ。

ただ、『どうする家康』をみて、良かったなあって思ったのは、今川義元の描かれ方です。今川義元と言えば、織田信長のかませ犬みたいな描き方をされることが多かったのですが、わりと名将と描かれております。人質である家康を今川義元は我が子のように大切にしていることもよく描かれております。本来の今川義元は実力者で有能な武将なのですね。その今川を倒したからこそ信長の名声が上がったのでして。野村萬斎さんの演技もそうですが、「信長という男、戦を好み、悪しき覇道を進む者。戦乱の世を終わらせなくてはならぬ」というセリフは非常に良かったです。

アメリカの歴代大統領は「我々、国民」の「国民」は誰なのかを常に考えたといいます。よくも悪くも。本来、国民とはアメリカに住む人たち全員にあてはまるべきなのですが、残念ながら、そうとは言えない。時代背景や人々の偏見によって、その国民がだれに当てはまるか全く違っていたのです。国民の定義がその時代、時代によって違うのでマイノリティーの人たちは常に苦しんだのですね。黒人やインディアン、移民、女性が差別され、国民とみなされなかった時代もあったのですね。


チェスター・アラン・アーサー大統領の時に中国の移民問題が持ち上がったのです。アーサー大統領はパーティー好きで、ズボンも84本も持っていたほどのおしゃれな人。幅広い頬ひげと口ひげが彼のトレードマーク。そんなアーサー大統領が大統領だった1873年に大不況がおこります。これにアメリカ労働者は直撃。不況時の常として、人々は不満のはけ口を探したのです。

414px-Chester_Alan_Arthur

(アーサー大統領 ウィキペディアより)

西海岸の労働運動で白人と中国人が対立。中国人移民が問題になったのです。アメリカ人は仕事を中国人に奪われると危惧したのです。中国人移民たちは低賃金で危険な仕事を進んでやったから。アメリカ人の間で人種差別と外国人恐怖症が経済不安とともに広がり始まるのです。アメリカにおける「我々、国民」に中国人移民は外されていたのです。「中国人は出ていけ」という標語が平然と言われていたのです。そして中国人移民を制限しろという声に議会もうごいて中国人移民制限法の法案が圧倒的多数で上院を通過。その内容は中国人は20年、アメリカに渡航することを禁じるというもの。

442px-The_only_one_barred_out_cph.3b48680

(移民制限法によって困っている中国人の絵。ウィキペディアより)

アーサー大統領は悩みました。中国人移民の貢献で鉄道建設もできた。そういう彼らの功績も無視できないし、彼らを排除すれば東洋との交易もできなくなるから。アーサーは悩んだ末に、拒否権を行使。もちろん、東洋との交易というメリットだけでなく、アーサーの個人的信条にも反しました。できれば、そんな残酷なことはしたくない、差別は嫌だとアーサーはおもったのです。

しかし、良識や敬意は政治権力と両立しないことが多い。それで、禁止期間を20年ではなく10年に短縮するということでアーサー大統領は法案にサイン。それは1882年5月6月のことでした。それまで毎年、約4万人くらいの中国人移民がやってきたが、1885年には半減。次第に中国人だけでなく日本人を含むアジア人全てが対象になりました。はじめは10年という制限付きだったのが、、1902年には法が改正され、アメリカは永久に移民を認めないって話になりました。この法案が廃止されたのが1943年というから驚きです。この法案が廃止された現在でも移民問題はアメリカを直撃しております。トランプ元大統領がメキシコとアメリカの国境に壁を作ってメキシコからの移民を制限しようとし、またそれを支持したアメリカ国民も少なくなかったのも、その表れですね。

このページのトップヘ